清原 伸彦

きよはら のぶひこ
清原 伸彦

肩書き
「集団行動」監督
日本体育大学 名誉教授
出身・ゆかりの地
大分県

この講師のここがおすすめ

「トリハダまる秘映像100科辞典」4週に渡り放映、視聴者に感動を与えたドキュメンタリー番組「集団行動」の監督・清原伸彦氏。YouTubeでは国内だけで370万件を超えるアクセスがあり話題となる。講演「なぜ、今集団行動なのか~真心とは~」に注目!

プロフィール

1941年 大分県生まれ、日本体育大学卒業。
1970年 日本体育大学体育学部講師、水球部監督に就任。学生寮 寮監を22年間務め、学生と寝食を共にし、集団生活の基本として「集団行動」を研究・指導し、大学の三大行事の一つである「実演会」において毎回演技発表を行い、高い評価を得た。
1974年から21年間無敗、公式戦376連勝という前人未到の記録を樹立。日本学生選手権31回、日本選手権32回の優勝、国際大会、ロスアンゼルスオリンピック水球監督など数多く世界の場で活躍。
NHKスポーツ教室を1990年まで、テレビで水球競技の指導を行い国内の強化・ 普及に力を入れる。
1988年 日本体育大学体育教授に就任。その後、学生部長・教学局長として学内でも大いに活躍。学会論文においては、水泳・水球関係は勿論、スポーツ健康科学等46本に及ぶ論文を発表する。
2005年 遊泳用プール水のデータに基づき、細菌叢の研究、学位論文(東邦大医学部)取得・医学博士取得。
2009年 集団生活の基本として、「集団行動」の魅力や必要性を日本各地で発表し、ビデオディスクにまとめ全国の中・高等学校へ教材として提供する。
2010年 日本体育大学名誉教授に就任、 学校法人武相学園理事・学監として活躍。
2014年のソチパラリンピックでは、開会式における「集団行動」を指導。

主な講演のテーマ

1. なぜ、今集団行動なのか ~真心とは~
2. リーダーの考え方
3. 青少年とスポーツ
4. 集団と私
5. 指導者はどうあるべきか
6. 人をつくる ~誰でもやればできる!~

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『臨海学校の企画と運営』

    出版社: 遊戯社
  • 『アスレチックトレーニングの実際―医・科学知識に基づく実践的テキスト』

    出版社: 南江堂
  • 『水球マニュアル―基礎から実戦まで』

    出版社: ベースボールマガジン社

あなたにオススメの講師

Page Top