立花 龍司

たちばな りゅうじ
立花 龍司

肩書き
コンディショニングコーチ
元NYメッツ/千葉ロッテ/近鉄コーチ
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

日本のプロ野球のみならず、日本人初のメジャーリーグのコーチとして活躍されてきた立花龍司さん。
コーチングの最新の知見を踏まえ、やる気を高めて潜在力を最大限に引き出すメソッドやボディメイキング法をお伝えします!スポーツで、仕事で、家庭で役立つ内容が満載の講演です!

プロフィール

1964年、大阪府出身。
浪商、大商大で野球部の投手を務める。その後天理大学体育学部でスポーツ医学を専攻。高校時代に肩を壊し、大学三年でプレイ続行を断念する。しかし、「日本の野球界を変えるために指導者になりたい!」という思いのもと、まだコンディショニングコーチという言葉さえ存在しなかった時代にその道をひた走ることになる。1989年コンディショニングコーチとして近鉄に入団後、故障者が激減するという実績を積むごとに多くの選手から信頼を集めてきた。1994~1996年はロッテ、1997年1月にメジャーリーグのNYメッツコーチ契約(日本人初のメジャーリーグコーチ)。同年オフに帰国、ロッテと再契約。2000年10月末ロッテ退団、2001年4月より大阪府堺市・阪堺病院SCAでの活動を中心に、講演・各メディア出演により野球を中心とした幅広い層へコンディショニングの重要性について普及活動を始める。また、筑波大学大学院にてスポーツ医学の研究にも携わり、日々、研究を続けている。2006年度より、東北楽天ゴールデンイーグルスコンディショニングディレクターに就任。同年オフ退団。2007年~2009年、千葉ロッテマリーンズヘッドコンディショニングディレクターに就任。2011年11月より、千葉県習志野市に治療院併設型の「タチリュウコンディショニングジム」を主宰。
※コンディショニングディレクター = チームの体力的要素に関する統括部門の管理職。

<主な講演実績>
株式会社だいしん総合研究所/全国野球振興会/パナソニック㈱/全国共済農業組合連合会/アフラックアソシエイツ会/日本政策金融公庫/大阪トヨペット労働組合/日本経営協会/大阪府軟式野球連盟/ユーザック株式会社/興国高校硬式野球部研修会/大阪ガス/他多数

<主なメディア出演>
NHK「サタデースポーツ」「おしゃれ工房」「生活ほっと10時台」、ANB「Get Sports」
日本TV「スポーツうるぐす」、フジTV「すぽると!」「スーパーニュース」
TBS「ニュース23」「スパスパ人間学!」他多数

<主な著書>
『一流の指導力』(SBクリエイティブ )
『What is Coaching?―今、コーチに求められるもの』(日刊スポーツ出版社)
『個性を引き出すスポーツトレーニング』(岩波書店) 他多数

主な講演のテーマ

<管理職向け>
1. 組織を強くするリーダー論 ~日米の一流指導者からみるリーダー像~
会社や社内の部署など、強いチームづくりには、リーダーシップとコーチングが必要不可欠です。
部下のやる気”や“主体性”を引き出し、個の成長を支援。さらに、チームとして同じ目的を持ち、個人間の関係性を育成する。スポーツ界において、コーチングのプロフェッショナルとして長く活躍してきた立花が、リーダーとして必要な能力を高める方法をお伝えいたします。また、NYメッツコーチとしてアメリカで指導にあたった経験から、日米「指導者に求められる行動とは…」 「指導者に求められる言動とは…」 「成功する指導者とは…」日米プロスポーツの現場、指導者(リーダー)の資質を検証します。

<従業員向け>
2. 一流アスリートから学ぶポジティブシンキング ~一流たちの共通点~
自分は出来ないと決め付けてはいませんか?
コンディショニングコーチとして携わった、日本人メジャーリーガー達、そして各分野で一流といわれている人達の共通点…。それは、「ポジティブシンキング」でした。しかし、「ポジティブシンキング」は一流の人の専売特許ではありません。積極的な考え方が、体に力を与え、気力みなぎる人生になるのです。

3. プロ野球・メジャーリーグで学んだ、日米の文化の違いからの学び
プロ野球選手としてのキャリアがまったくない24歳の「若造」が、プロのコーチとして、この世界に飛び込んだ。近鉄バファローズ、千葉ロッテマリーンズ、そしてメジャーリーグのNYメッツと、その間に出会った指導者、選手は数知れません。ただ、プロ野球という厳しい世界での素晴らしい出会いが「自分を成長させてくれた」と確信しています。真剣に野球に取り組み、より上を目指す人のために、故障を未然に防ぐコンディショニング論や、アメリカのメジャーリーグと日本のプロ野球の違い、文化・習慣の違いなどについて、日本人初のメジャーリーグコーチという立場からお話します。
また、一般の人向けには、肩こり・腰痛などを予防する体操やコンディショニングを、身体を使い分かりやすくお話しすることも可能です。

4. 永く“活きる“ための健康の大原則 ~アンチエイジング最前線~
加齢は、誰しもが逆らえない人間の定めです。しかし、その人の生活習慣や気づきで緩やかに出来るもの。「人間の体は、使わなければ機能が低下し、使い過ぎれば、機能障害をおこす、しかし適度に体を使えば、機能が発達する。」という原則に中高年は加齢老化が加わります。つまり、何もしなければ、更に機能が低下し、生活レベルの範囲は狭くなる… 寝たきりや介護の必要な生活で終わらせないために、健康の三原則(運動・休養・栄養)から見た、アンチエイジトレーニングを紹介します。

カテゴリー

企業向け
健康・食育・美容・メンタル
スポーツ

著作紹介

  • 『一流の指導力 日米プロ野球で実践した「潜在力」の引き出し方』

    出版社: SBクリエイティブ
  • 『What is Coaching?―今、コーチに求められるもの』

    出版社: 日刊スポーツ出版社
  • 『個性を引き出すスポーツトレーニング』

    出版社: 岩波書店

あなたにオススメの講師

Page Top