介護・認知症

カテゴリー説明

超高齢社会を迎えた今、「介護」「認知症」といったことばも他人事ではなくなってきています。
生涯介護と無縁で過ごしていけるかどうか、誰がいつどうなるかは誰にもわかりません。誰もが当事者になる可能性があります。認知症や高齢になった家族の介護のために離職、離職による生活困窮、睡眠時間もまともに取れないなど、介護疲れが原因で、死を選択するといった事件が全国で起きています。
イメージばかりの先行ではなく、体験者たちの経験から学ぶべきこと、固定概念を変えること、介護をサポートする仕組みを知ることが、「もしもの時」の準備になるのではないでしょうか。
「もしもの時」の備えの一つとして、近年では「成年後見制度」が注目されています。認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力の不十分な方々が、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。
病気や事故による障がい、認知症など将来起こる可能性のあるリスクを恐れて悲観するのではなく、よりよく生きぬくためにシミュレーションが大切だと考えられます。
「介護・認知症」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

  • 坂本 政

    坂本 政

    さかもと まさし

    特定非営利活動法人 きずな 理事長

  • 佐藤 久男

    佐藤 久男

    さとう ひさお

    NPO法人蜘蛛の糸理事長

  • 里見 英子

    里見 英子

    さとみ えいこ

    医師

  • 佐山 和弘

    佐山 和弘

    さやま かずひろ

    相続遺言専門行政書士

  • 笑福亭 学光

    笑福亭 学光

    しょうふくてい がっこ

    落語家

  • 笑福亭 松枝

    笑福亭 松枝

    しょうふくてい しょうし

    落語家

  • 鈴木 中人

    鈴木 中人

    すずき なかと

    いのちをバトンタッチする会代表

  • 瀬川 文子

    瀬川 文子

    せがわ ふみこ

    コミュニケーションインストラクター

  • 惣万 佳代子

    惣万 佳代子

    そうまん かよこ

    特定非営利活動法人デイサービス「このゆびとーまれ」 理事長

た行

な行

は行

ま行

や行

Page Top