本岡 類

もとおか るい
本岡 類

肩書き
作家
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

作家・本岡類氏は、母親が脳出血で要介護を受けたことを機に、ヘルパー2級取得。翌年に特別養護老人ホームで非常勤介護職員として勤務。共同通信からの12回連載配信で「介護は突然やってくる」を全国の地方紙に掲載。講演テーマは「高齢者施設の現実的な選び方」等。

プロフィール

1951年生れ。
早稲田大学政治経済学部卒業。
1974年より1983年まで、講談社にて雑誌編集者。
1981年「オール讀物推理小説新人賞」受賞。
1983年に講談社退社。以後、ミステリーを中心とした小説を執筆。
母親が脳出血で要介護を受けたこともあり、2007年ヘルパー2級取得。翌2008年に特別養護老人ホームで非常勤介護職員として勤務する。
2013年、共同通信からの12回連載配信で「介護は突然やってくる」を全国の地方紙に掲載。2013年4月から翌年3月まで週刊誌「サンデー毎日」(毎日新聞社)にて、高齢社会をレポートする連載企画「人生は65歳以上が面白い」のメイン執筆者を務めた。

<主な著書>
(小説)「真冬の誘拐者」「夏の魔法」「愛の挨拶」(いずれも新潮社刊)など多数
(介護関係)「介護現場は、なぜ辛いのか」(新潮文庫)、「大往生したいなら老人ホーム選びは他人にまかせるな」(光文社新書)

主な講演のテーマ

1. 高齢者施設の現実的な選び方
2. 介護職場に決定的に欠けているもの
3. 逝き方上手におくり方の極意
4. 在宅介護のポイントと、その限界
5. シニアライフの充実は友人選びで決まる

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『65歳で人生を変える バラ色に生き抜くための計画』

    出版社: 毎日新聞出版
  • 『介護現場は、なぜ辛いのか: 特養老人ホームの終わらない日常』

    出版社: 新潮社
  • 『大往生したいなら老人ホーム選びは他人にまかせるな!』

    出版社: 光文社

あなたにオススメの講師

Page Top