堀田 力

ほった つとむ
堀田 力

肩書き
弁護士/さわやか福祉財団会長
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

東京地検特捜部ではロッキード事件捜査を担当した弁護士・堀田力氏。現在は、さわやか福祉財団会長として「福祉・医療・介護・地域のネットワーク、教育問題、ワークライフバランスなど現代社会の問題を扱い、コメンテーターとしてメディアや講演で活躍されている。

プロフィール

1934年生まれ、京都府出身。
1961年      検事任官(札幌・旭川・大津各地検に順次勤務)
1965年      大阪地検検事
1966年      大阪地検特捜部検事(大阪タクシー汚職事件摘発)
1968年      法務省刑事局付検事(財政経済事件・公害事件担当)
1972年      在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官(ウォーターゲート事件フォロー)
1976年      東京地検特捜部検事(ロッキード事件担当)
1984年      法務大臣官房人事課長(司法改革に着手)
1988年      甲府地検検事正
1990年      法務大臣官房長
1991年      退職、弁護士登録
                さわやか法律事務所及びさわやか福祉推進センター開設、同センター所長
1995年      財団法人さわやか福祉財団理事長
2010年      公益財団法人さわやか福祉財団理事長
2014年      公益財団法人さわやか福祉財団会長

 

<主な役職>
高齢社会NGO連携協議会(高連協)代表、民間法制・税制調査会座長、
認知症になっても安心して暮らせる町づくり100人会議議長、
日本プロサッカーリーグ裁定委員会委員長ほか。
その他、東京の地域ケアを推進する会議委員長、社会保障改革に関する集中検討会議委員、
社会保障審議会委員、教育課程審議会委員、医道審議会委員、中央社会福祉審議会委員、
国民生活審議会委員、年齢にかかわりなく働ける社会に関する有識者会議委員、
神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会会長、高齢者介護研究会座長、政府税制調査会委員、
東京都社会福祉協議会会長、日本ファンドレイジング協会代表理事ほかを歴任。

主な著書>
「共助」のちから(実務教育出版)
初めて部下を持つあなたへ(こう書房)
こけるな日本(ベスト新書)
第二の人生、勝負の時である。(海竜社)
挑戦!(東京新聞出版)      他多数

主な講演のテーマ

【福祉・医療・介護・地域のネットワーク】

  • 検察から福祉へ
  • 「尊厳」を持って生きるとは
  • 新しいふれあい社会づくり
  • 活力ある長寿社会
  • 定年後の生きがい(最後まで自分を生かす人生)
  • 支えあう豊かな地域をめざして
  • 高齢者をささえるネットワーク
  • 地域包括ケアの町づくり(現状と将来像)
  • 行政とNPO、ボランティア
  • 助け合いの遺伝子を起こす
  • 認知症と人権
  • 認知症になっても自分らしく暮らせる町をつくる
  • 成年後見制度のこれからを考える
  • 市民後見人のすすめ
  • つながりと居場所から見えてくるもの
  • 市民活動の要としてのふれあいの居場所~その必要性と役割
  • 市民一人一人の寄付がNPOを支える
  • 寄付文化が育む、絆のある地域社会
  • 多様な主体が協働する社会「新しい公共」を目指して
  • 家庭の施設化、施設の家庭化

【教育】

  • 心の教育
  • 子どもに明るい未来を拓くために
  • 学力と生きる力と総合的学習
  • 共助の心を育てる
  • 「人間力」の育て方

【組織・人事・ワークライフバランス・コンプライアンス】

  • 人事と組織の管理学(『おごるな上司!』)
  • 高齢社会における企業のあり方
  • ムチの管理とアメの管理
  • 企業の活性化と組織管理
  • ゆとりと生きがい、ゆとりと仕事
  • 仕事と生活の調和のとれた働き方
  • 職場の人間関係
  • 職場のパワーハラスメント防止のための提言

【その他】

  • 消費者問題、消費生活について

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『私たちが描く新地域支援事業の姿: 地域で助け合いを広める鍵と方策』

    出版社: 中央法規出版
  • 『「共助」のちから』

    出版社: 実務教育出版
  • 『初めて部下を持つあなたへ ― 上司になってよかったと思える42のアドバイス』

    出版社: こう書房

あなたにオススメの講師

Page Top