渡辺 哲雄

わたなべ てつお
渡辺 哲雄

肩書き
作家
出身・ゆかりの地
岐阜県

この講師のここがおすすめ

高齢社会の諸問題をやさしい視点でリアルに綴った「老いの風景」の作者・渡辺哲雄さん。講演では、介護する側、される側のの心理や老いへの心構え、成年後見制度などをストーリー仕立てで分かりやすく解説いただけます。「成年後見制度って何?」「どういう時に利用できるの?」「手続きはどうやる?」「後見人の仕事とは?」「後見人のできないことは?」「後見人には誰がなる?」「後見人の報酬は?」などの数々の疑問もすっきり解決します!

プロフィール

1950年 岐阜県郡上八幡で出生
1973年 関西大学社会学部卒業後福祉関係の仕事に従事
1990年 岐阜県ソーシャルワーカー協会会長(〜2002年)
1993年 スウェーデンの福祉を視察
2001年 日本福祉大学中央福祉専門学校専任教員
2003年 ドミニカ共和国ソーシャルワークセミナー講師
2003年~2018年 NPO東濃成年後見センター理事長
2008年~2013年 NHK文化センター岐阜教室講師

主な講演のテーマ

<福祉>
1. 認知症になった波平さん~契約社会と成年後見制度~
―あの波平さんが認知症に!?―
日本で一番有名な家族と言えば「サザエさん一家」。父である波平さんが認知症になってしまったら、どんなことになっているでしょう?
おなじみの「サザエさん」一家を題材にして、成年後見制度とはどんな制度なのか。判断能力を失った波平さんを成年後見制度でどのようにどう支援するのか。認知症の程度に応じてやさしく解説します。

2. 高齢者のエンドオブライフを考える~在宅で最期を迎えるための課題~
3. ストーリー・ケアの勧め~初期認知症高齢者から自発性を引き出すケア方法~
4. 老いの風景
5. 地域で老いるために ~地域から智域へ~
6. 渡辺哲雄の特派員報告
老いの風景の作者が、外国人の目で日本人の暮らしや習慣を眺め直すと、そこには不合理な民族の体質が見えて来ます…。

<人権>
1. 人権と差別~それって差別?区別?
つきつめるとわからなくなる差別と区別について,人権とは何かというところまでさかのぼって考えてみませんか?

2. 男と女・区別と差別
本当の男女共同参画社会とはトイレの表示を改めることだろうか・・・。 人々の心に巣食うジェンダーの起源と不合理に迫る胸のすく本音トーク!

<学校向け>
1. 自立前夜~人生の先輩として思春期の君たちへ伝えたいこと~
2. 体験グループワーク~君は集団の中でこそ変化する~
3. いじめに負けない?中学生向け生き方講演会?

<虐待>
1. 児童虐待はなぜ起きる ~早期発見と予防~

<企業>
1. 職場を支えるコミュニケーション~あなたは組織の神経細胞~
2. 魅力的なスピーチ術~渡辺哲雄の場合~
3. 面接の意義~アセスメントを超えて聞くことの意味~
4. 演習  ~苦情、クレーム対応技術~
5. 守秘義務とネットワーク ~個人情報の有効な活用のために~
6.もう一つのリスクマネジメント・組織が腐る時  ~自己保身の構造~
7. 渡辺哲雄の組織論 ~健全な組織運営のために

<生き方>
1. 落語的人間関係の魅力 ~風通しのよい暮らしについて考える~
2. 忙中漢話
3. 感情はエネルギー ~肯定的に生きるために~

<闘病体験>
1. 明るい癌告知

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『老いの風景』

    出版社: 中日新聞社
  • 『ものがたりでわかる成年後見制度』

    出版社: 中日新聞社
  • 『認知症ストーリー・ケア』

    出版社: 中日新聞社

聴講者の声

  • 楽しい時をすごさせていただきありがとうございました。これから実母の介護と自分の老いの風景、じっくり考えていきたいと思います。死を迎えるまで笑いが絶えない日々をすごそうと思いました。
  • 心が耕されて、いろいろなプラスのパワーをいっぱい頂きました。両親、家族、周囲にいる人に感謝。「生活は楽しく」をモットーにします!
  • 自分の人生をふり返りながら、味わい深く講演をお聞きしました。宝物として生きていきます。
  • 今日は本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。こんなに笑ったのは久しぶりかもしれません。渡辺様のユーモアあふれるトークは、老いを意識し、不安を感じ始めた私をすっかり忘れさせてくれました。こんなにも大きな声で笑える場所があること、そして笑える今があることの幸せを、今日身に沁みました。
  • 人生の中でやってくる横糸(試練)のお話し、大変参考になりました。考えてみれば、今までの人生の中でもたくさんの横糸がやって来てその都度試されてきました。そして、その積み重ねが人生を構築していると思えば、大変なことがたくさんあっても苦しいことがたくさんあっても、悲しいことがたくさんあっても、それだけ試されて、その都度深みのある、味わいのある人生を創ってきたと改めて自覚できました。「人生無駄なことは、何もない」ありがとうございました。

あなたにオススメの講師

Page Top