昇 幹夫

のぼり みきお
昇 幹夫

肩書き
「元気で長生き研究所」所長
「日本笑い学会」副会長
産婦人科医
出身・ゆかりの地
鹿児島県

この講師のここがおすすめ

産婦人科診療もしながら、「日本笑い学会」副会長として笑いの医学的効用を研究されている昇幹夫さん。前向きな楽しい極楽トンボの生き方が、高齢社会をダイヤモンドエイジにする秘訣と説き、「元気で長生き研究所」所長として全国で講演活動中の自称『健康法師』。

プロフィール

1947年鹿児島生まれ。
九州大学医学部卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として1982年より大阪在住。
高校卒業30周年同期会で200人のうち8人の死(4人は医師)という事実にショックを受け、平成11年に 年間1000名の出産を取り扱う病院を退職。 生誕半世紀を振り返り 50代は過労死寸前の働き方をあらためることにした。大阪市で産婦人科診療もしながら、「日本笑い学会」副会長(「笑いと健康」の部門を担当)として笑いの医学的効用を研究。前向きな楽しい極楽トンボの生き方が、高齢社会をダイヤモンドエイジにする長生きの秘訣と説く。
現在は、「元気で長生き研究所」所長として全国を講演活動中の自称『健康法師』。
1997年夏、ガン患者15名とともにモンブラン登山、、2000年8月がん克服日米合同富士登山に参加。2003年4月「第一回千百人集会」(末期ガンから生還した百人が千人の闘病者にその体験を語る集会)にも参加し、ガンはその原因を改めると平和共存することを確信。また日本人本来の食のありかたについて医学的見地からも講演し、欧米人と日本人の遺伝子の違いから食教育を説く。
NHKラジオ深夜便に「笑いは心の絆」と題して出演。1998年10月には、「おもいっきりテレビ」にも出演。笑うことは健康にいいことを実験で証明した。
自らアコーディオンを演奏しCD「日本の心」と童謡「12kagetsu]を販売。

<主な著書>
『笑って長生き 笑いと長寿の健康科学』、『笑いと食と健康と』、
『泣いて生まれて笑って死のう(CD付)』『笑いと健康』、『うつを改善する食事力』、
『笑いは心と脳の処方箋』、『笑いは百薬に勝る』、CD『健康は笑いから』、
『大笑い健康プログラムDVD(三巻セット)』、『人生を変える笑いの力(上)(下)』

主な講演のテーマ

1. 笑いは心の絆 ~高齢者の住みよい環境づくりとは~
2. 笑いと健康
3. “笑いのパワー”を仕事に生かす
4. 笑いは百薬に勝る
5. あなたの笑顔、なによりクスリ
6. 食と健康、食と命(心)、食と家族のコミュニケーション
7. 『命』の大切さ
8. “笑いのパワー”を仕事に生かす

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『最新版 笑いは心と脳の処方せん』

    出版社: 二見書房
  • 『泣いて生まれて笑って死のう』

    出版社: 春陽堂書店
  • 『笑いと食と健康と』

    出版社: 芽ばえ社

あなたにオススメの講師

Page Top