大棟 耕介

おおむね こうすけ
大棟 耕介

肩書き
有限会社 プレジャー企画 代表取締役
NPO法人 日本ホスピタル/クラウン協会理事長
愛知教育大学 非常勤講師
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

「笑い」のチカラを企業、病院、学校教育において活かす講演を全国でされているホスピタル・クラウンの大棟耕介さん。
病院に笑いを届け、企業では本音を言い合える環境作りのための「笑い」の効果を説き、学校では「今を大切に」「夢への挑戦」についてお話しします。

プロフィール

1988年 中京大学附属中京高等学校卒業。
1992年 筑波大学体育専門学群卒業。名古屋鉄道株式会社入社。
1994年 クラウン養成講座受講。クラウンを始める。
1995年 クラウンファミリー『プレジャーB』を結成。
1998年 名古屋鉄道株式会社退社。有限会社プレジャー企画設立。代表取締役就任。
2003年 WCA/ワールド・クラウン・アソシエーション(フロリダ開催)、コンペにてシングル部門第2位。
2004年 入院中の子ども達を訪問する「ホスピタル・クラウン」の活動を開始。
2005年 「愛・地球博」のメインパレードを企画、制作。他にもスタッフ教育、海外パフォーマー招聘、自身もレギュラー出演。
パッチ・アダムス氏とともにロシアの病院慰問ツアーを、以降毎年行う。
2006年 NPO法人として「日本ホスピタル・クラウン協会」が認定される。
2008年 WCA/ワールド・クラウン・アソシーション(フロリダ開催)、コンペにてグループ部門第1位。
2011年 WCA/ワールド・クラウン・アソシエーション(ニューヨーク開催)、コンペに講師、ゲストとして参加。

<専門分野>
クラウン・パフォーマンス、クラウン養成講座、ホスピタル・クラウン、ショーの構成、
制作スタッフ教育、コミュニケーション、世界のサーカス、アーティスト事情

<講演実績>
【パフォーマンス】
プレジャーB主催クラウン養成講座主任講師、市民大道芸講座、
劇団ひまわり特別講師、栄中日文化センター、熱田の森文化センター、
2005年愛知万博パレード出演等教育系幼稚園教諭の集い、企業接客講座、
ロータリークラブ、ライオンズクラブ、老人クラブ、小学校、中学校、高校、PTA

【スタッフ教育】
大手アミューズメント会社スタッフ教育、ホテル・百貨店スタッフ研修、
2005年愛知万博パフォーマンスサーキットクルー教育

<主な著書>
『ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師』
『道化師流サービスの力 空気を読み・笑顔をつくる おもてなしテクニック』
『道化師が動いた!テントサーカスのはじまり、はじまり。』 他多数

主な講演のテーマ

<企業向け>
1.
『笑い』が組織・社内環境を変える
本音を言い合い、活気溢れる社内環境を作るためには「笑い」が効果的です。
自分が相手を笑わせることも必要ですが、「笑ってもいいんだ」という雰囲気作りが大切です。
社員の笑顔が自然に出て、本音を言い合える環境作りを、ユーモアたっぷりにお話します。

2.現役クラウン(道化師)から学ぶ感動サービス(CS)
「空気を読む、作る」「お客様の下に入り込む」「引きのサービス」など、15年間のクラウンパフォーマンスで培われた、生きたおもてなし。 現役道化師の目線から見たサービスマインドとテクニックをお話します。今なお現場に出続ける現役だからこそ伝えられるノウハウは、すべてのサービス業に応用できます。

3.道化師流コミュニケーションと笑いの伝播
道化師(クラウン)の技術は、ジャグリングなどの目に見えるパフォーマンス技術だけではありません。道化師(クラウン)として相手と一緒にパフォーマンスを楽しむ為には、相手の気持ちを汲んだり、空気を合わせるなど、目に見えない多くの感性と視点が欠かせません。相手と接する為の道化師流コミュニケーション手法は仕事でも家庭でも有効に使えます。

4.クラウンが語る、笑いのチカラ、サービスのチカラ
相手に楽しんでもらい、リラックスしてもらうためのおもてなしの場をつくるには、場の雰囲気を和やかにすることは欠かせない要素です。笑いが起こると場の空気が和みます。そして、相手に警戒心や拒否心を抱かせないようにするために役立つのも「笑い」です。「笑い」はおもてなしと切っても切り離せない大切なポイントです。「いいサービス」と「笑い」はいつもセットなのです。 脇役としてサービス業の方々と接した経験から、道化師から見たサービスについてお話します

5.笑いの力~ホスピタルクラウンの現場から~
笑いには人を癒す力があります。
笑いが起こると場の空気はとても和やかになり、コミュニケーションが活性化されます。病院でも、クラウンが行くことによって空気は見事なまでに変わります。 子ども達の口数が増え、声が大きくなり、子ども達からクラウンに近付き、げらげら笑いながら話をするようになります。そういう状況を場の空気を読みながら作っていくことがクラウンの仕事なのです。

6.ホスピタルクラウンの活動を通して

<医療団体向け>
「世界の病院を訪ねて(ホスピタル・クラウンの活動から)」映画「パッチ・アダムス」で世界的に有名になった「ホスピタル・クラウン」の日本での実際の活動をお話します。ホスピタル・クラウンの活動がなぜ必要とされているのか、クラウンが病院を訪問することにより、患者やその周りにどんな変化が起きるのか。活動の重要性と、それにおける難しさもあわせてお話します。

<教育機関>
◇生徒向け
1.
夢の実現に向けて
中学・高校・大学と棒高跳び一筋だった講師は「オリンピック出場」を目指し、世界を夢見ていました。その後、大手鉄道会社に就職し、今ではクラウンとして世界に飛び出し、アメリカ大会で1位を受賞するまでに。法人12年目の会社は今、注目される企業になりました。起業にいたるストーリーと、夢の実現へどのようにチャレンジしていくか。自身の体験を基にお話します。若い世代へ向け、挑戦への意欲を喚起する講演です。

2.今を大切に
ホスピタル・クラウンの活動を通して病院を訪問するなかで得た、多くの出会い。ベッドで背中を向けていた子どもが笑っていたずらをするようになる。 失語症だった子どもが「ありがとう」と言う。表情のなかった子どもが笑顔を見せる。「またね」と言った言葉が最後のお別れになってしまった子ども。そしてその、母親。すべての子どもたちが持っている可能性。それは希望に満ち、たくさんの選択肢があります。周りの大人たちが、それを見落としたりしていないでしょうか。「今」を大切に生きる。未来を作るのも「今」。その大切さを気付かせてくれる講演です

◇PTA・教職員向け
「大人が笑えば子どもは笑う ~子どもは空気を敏感に感じている~」

病院を訪問すると、お母さんがよく「自分の子がこんなに笑うってこと、忘れていた」と言う。病院にいるお母さんたちは、疲れている。子どもに対する罪悪感や不安で心は沈む。閉鎖された病院という場所、看病で体も休まることがない。子どもは、そんなお母さんの気持ちを敏感に感じ取ってしまう。お母さんが笑えば、子どもも安心して笑える環境になる。クラウンの活動から体験し、感じ得た「大人が変われば子どもも変わる」という話を通して、気付きと勇気を与えられる講演です。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師 』

    出版社: サンクチュアリ出版
  • 『道化師流サービスの力』

    出版社: こう書房
  • 『道化師が動いた!』

    出版社: 生産性出版

あなたにオススメの講師

Page Top