谷ノ上 朋美

たにのうえ ともみ
谷ノ上 朋美

肩書き
舞台女優
看護師
不妊カウンセラー
米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

「登場人物はすべて私の一部分です」そう語る谷ノ上朋美さんのひとり芝居は、不妊やLGBTなど様々なマイノリティの苦悩を鮮やかに描き、「自分らしく生きる喜び」を伝えます。
人権とは?多様性とは?是非、この演劇を通じて体感して下さい。
※上演時間は約90分ですが、60分程度のお芝居にすることも可能です。会場も、ホール、視聴覚室、体育館など様々な場所で対応可能です。ご予算によって台本の設定・演出を調整致しますのでまずはご相談下さい。

プロフィール

短大卒業後、女優の新屋英子氏と劇作家の鶉野昭彦氏が主催する「劇団野火の会」に入団。新屋氏の付き人として一人芝居の手伝いをしながら、自らも役者として活動する。第1回ヒューマニティー大阪市長賞「もしもあの電話がなかったら」で主演。その後も、数々のヒューマニティー大阪市長賞作品に出演。二人芝居「紅い鳥ひとり」を代表作として、様々な人権問題をテーマとした舞台で約200公演を全国巡業する。
その後、もっと身近な人の役に立ちたいという思いから看護学校に社会人入学し看護師免許を取得。筋ジストロフィー、ALSなどの難病や肺癌の看護に従事する。看護師をする中で、ひとりひとりの心に寄り添うカウンセリングの仕事をしたいと2009年からは、島根県の有限会社堀江薬局で漢方不妊カウンセラーとして約1万件の婦人科相談を担当。漢方中医学、NLP心理学、心理療法、量子力学などを学び「西洋医学、東洋医学、心理学」の3つの側面からアプローチする婦人科相談のプロフェッショナルとして漢方相談やセミナーで活躍中。
不妊カウンセラーとして勤務する傍ら、2017年に一時活動を休止していた劇団野火の会より依頼をうけ劇団復活公演の主演で約20年ぶりに舞台復帰を果たす。それを機に、芝居や講演会、セミナーなどで「自分らしく生きる喜び」を伝えていくことを目標にして演劇活動を再開。「ひとり芝居」を制作し大阪市協賛で男女参画事業コラボセミナーとして、2018年にひとり芝居「旅立ちの詩~彼女たちの羅針盤~」の初公演を行う。

主な講演のテーマ

ひとり芝居 『旅立ちの詩~彼女たちの羅針盤~』

 あらすじ 
同窓会で久しぶりに再会した4人の女性。乗り越えてきた人生の波の底に様々なマイノリティの苦悩
が浮き彫りになる・・・。
容姿コンプレックス、虐待、不妊、LGBT、などの悩みを抱え、人と比べてしまうという狭い穴から脱出
したときに初めて気づく朝の光の優しさを、笑いと涙で紡ぎだす渾身の舞台!

 メッセージ 
この作品は、人権をテーマにしたお芝居で全国巡業した経験や、LGBT当事者として不妊カウンセラーとして、自分自身の様々な経験を元に「ありのままの自分を受け入れられない」「人と比べて苦しくなってしまう」そんな生きづらさを抱えた人に、舞台を通じて「自分らしく生きる喜び」を伝えたいと思い創りました。
不妊やLGBTなどの様々なマイノリティの苦悩を真正面からとらえ、観る人に現代的なテーマを訴え、深い共感を促すことができる作品です。
あえて一つのテーマに絞らずに様々な悩みを描くことで、今まで接することがなかった色々な悩みについても考える機会になるのではないかと思っています。五感で訴えることができる舞台演劇を通じて、すべての人が多様性を認め「自分らしく生きる」きっかけになることを切に願っております。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
イベント・音楽・芸能

ギャラリー

聴講者の声

  • 登場人物44様の心の傷が痛い程伝わって来て、始まりから最後まで涙が止まりませんでした。心が洗われたような気分です。私は自分に子供が出来ないことで常に人より劣っていると自分を卑下してきましたが、今、今日からありのままの自分を受け入れ楽しい人生を送っていこうと思います。
  • とりあげるテーマが、個々それぞれにとってむつかしく答えが見出せないことも多い。人権や差別、病気などの無理解をのりこえる自分になる見ごたえのある舞台でした。少数派が生きやすい世の中になればいいと思う。
  • 想像を絶するお芝居でめちゃくちゃ感動しました。離婚や不妊治療をしたのでよけいに泣いてしまいました。ステキなお芝居をありがとうございました。
  • LGBT、不妊、両方の当事者なので、なかなか2つがとりあげられることがめずらしいので、公演内容を知ってすぐに申し込みました。悩む事も多いですが、周りに感謝しつつ、たのしく日々をすごしていこうとポジティブな気持ちになりました。ありがとうございました。
  • いろんな問題を、とても感動的に豊かに表現されよかったです。問題をかかえている女性の気持ちがとても伝わってきました。この芝居はもっともっとみなさんにみてもらいたいです。LGBTとかほんとよかったです。
  • 人権について、人の個性について、すごく考えさせられるお芝居でした。そして何より感動しました。お芝居で人に何かを伝えるというのはすごく大変なことだろうけど、このお芝居を全国の悩んでいる人に伝えてほしい。悩んでいる人を救って欲しい。今日は救われました。
  • 1人芝居はじめてだったので、どんなかなと思ってました。とても見やすく楽しかったです。11人の主人公の心のさけびが、とても染みてきました。多くの人に観ていただきたいと思います。皆が抱える心の問題がかるくなるといいですね。生のピアノ演奏とてもよかったです!!
  • 一人芝居の力量を充分に感じられた。押しつけがましくないメッセージ性が多く込められていて、色々と考えさせられる事が沢山あった。フツウ(普通)とは何か、多数なのか少数なのか、少数が多数になったら、少数もフツーになるのか、47都道府県制覇がんばって下さい。
  • ひとり芝居をこなされたエネルギーに圧倒されました。体中の細胞が入れ変わったような演じ分け、素晴らしかったです。脚本も深みある内容で、色々と考えさせられました。マイノリティーの人に焦点をあてた作品で、今日の公演で削られた部分も入れたロングバージョンも観てみたいです。もっと大きなホールでの公演でも良かったと思います。こういったイベントをこれからも期待してます。
  • とても感動しました。ありのままでも良い、今の自分を好きになることからはじめようというメッセージがとても心に響きました。毎朝産まれかわれる。また明日から頑張ろうと思います。ありがとうございました。
  • 自分の周りにはいてないと思っていました。ひょっとすると言えないだけで自分の周りにもいるかもしれないなと思いました。多様な考え、想いを持っている人がいることを気付ける、学べるきっかけにすごく良いお芝居だと思いました。勉強させてもらいました。

あなたにオススメの講師

Page Top