渡辺 千賀子

わたなべ ちかこ
渡辺 千賀子

肩書き
ソプラノ歌手
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

ソプラノ歌手・渡部千賀子さんは、子どもたちにもわかりやすい言葉で人間の平等を訴え、人権の大切さを伝えるフォークソング中心の“小さな手のひらコンサート~差別のない社会を作るため~”を全国各地で展開。全国でのコンサートもすでに1000回を超える。

プロフィール

ベル・カント ソプラノ(オペラ)歌手として、国内外で活躍中。
イタリア公演で高い評価を得た「天性のベル・カント=美しい歌声」を駆使したアリアは聴く人の心に癒しと勇気を与える。
2007年12月10日「国連世界人権デー」のその日、日本人では初めて、ニューヨーク国連内ハマーショルドホールでのコンサートに招請され反響を呼んだ。
「フィガロの結婚」「あまんじゃくとうりこひめ」など数多いオペラや、韓国・晋州音楽祭、イタリアでのリサイタル、大阪フィルハーモニー交響楽団との共演等、数多いコンサート、リサイタルをこなす。イタリア・ニューヨーク・韓国でのコンサート・リサイタルでは高い評価を得、現地のマスコミに取り上げられ反響を呼ぶ。「歌」の持つ魅力を十分に引き出す、高い歌唱力が多くのファンを生み出している。
イタリアにてAccademia W.A.Mozart/Corso di perfezio namento canto Lirico (コルソ・ディ・ペルフェツィオ・ナメント・カント・リリコ)を修得。
村尾護郎、碓井士郎、波多野均、Vincenzo Bello(ビンチェンツォ ベッロ)の各氏に師事。
一方、子どもたちにもわかりやすい言葉で人間の平等を訴え、人権の大切さを伝えるフォークソング中心の“小さな手のひらコンサート”を全国各地で展開。全国でのコンサートもすでに1000回を超える。

>>新聞記事

<主な曲目>
♪竹田の子守唄     ♪権利
♪夏の風        ♪手紙
♪耳をすまして     ♪上を向いて歩こう

<主なメディア出演>
NHK、毎日放送、読売新聞インターネット放送、ラジオNIKKEI
読売新聞、朝日新聞、中日新聞、日日新聞等、各紙。
大阪府人権教育読本 にんげん 中学生版 “ひと きぼう”(小さな手のひらにー私からできることをー)、雑誌部落解放・水平線(歌をとおして伝えたいこと)、東京都人権啓発センター発行「TOKYO人権」、京都市人権文化推課発行「あい・ゆー・京都」、「女の新聞」、「JCLU」自由人権協会 各誌

<CD・アルバム>
ファーストアルバム「耳をすまして」(竹田の子守唄・イムジン河・手紙 他)
セカンドアルバム「恋文」(宵待草・初恋・城ケ島の雨・さくら貝の唄 他)
サードアルバム「愛しい人へ」(清らかな女神・愛しい私のお父さん 他)をリリース。

主な講演のテーマ

『小さな手のひらコンサート』
〜自分のできることから、身近なことから~
〜差別のない社会を作るため~

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top