岡本 工介

おかもと こうすけ
岡本 工介

肩書き
社会福祉士
関西大学人権問題研究室委嘱研究員
薫英学園大阪人間科学大学社会福祉学科 非常勤講師
平安女学院大学 キャンパス・ソーシャルワーカー
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

岡本工介さんは、様々な個性や「違い」をもつ人たちが互いの“物語”を大切にできる場や様々な個性をもつ人たちが集まり接しつながれる場(コミュニティや場)をふるさとである高槻やそれを必要とする場や人に届けることができればという願いを持って活動しています。

プロフィール

大阪府高槻市に生まれる。
2002年以来、毎年渡米し、およそ20年にわたってネイティブ・アメリカン居留区でラコタ族の人々と出会い、ともに生活する中で彼らの伝統的儀式や生き方、自然観に深くふれる。また、放浪の旅の中、様々な国立公園やアメリカ南部を旅し、黒人公民権運動の指導者であるキング牧師のルーツを訪れる。
旅の中で“ルーツを大切に生きる生き方”と“Community Of Trees”(様々な木々が育つ森を地域に創る)というヴィジョン(夢)をもちかえる。
現在は、高槻市富田地域に基盤をおき、社会的包摂のまちづくりに携わる一方で、大学の非常勤講師等も務める。また、環境教育事務所Community Of Treesも主宰している。

<略歴>
龍谷大学卒業後、環境教育プランナーとして、公立の小学校・中学校・高等学校、行政機関、企業、環境教育施設などで子どもから大人までを対象に人間関係トレーニング、ワークショップ、教職員研修、企業研修、講演、キャンプなどの企画・運営に携わる。
2008年より一般社団法人高槻市人権まちづくり協会の職員(事務局次長)として高槻市及び高槻市教育委員会からの受託業務として同市の人権啓発業務(講座、研修会等)の企画運営や総合相談業務、法人運営、施設管理業務に携わる。
2016年4月に独立、現在に至る。

<講師からのメッセージ>
次の20年を見据えて、事業がその時々の政治状況にふりまされることなく、小さいながらもマイノリティが自らの足で立ち(法人として)、組織のかじ取り(経営)をしていくこと。その中で子どもから高齢者のセーフティネットを生み出す社会的企業を創ることが私にとってのチャレンジです。

<主な連載・著書など>
著書
「サウスダコタの風1」「サウスダコタの風2」「サウスダコタの風3」「サウスダコタの風4」

映像資料DVD
「ぶらく新世代 グローカルに生きるVOL1 風の人になりたい」

取材
大阪日日新聞「米国一万キロの旅を映画に~自らの存在証明に迫る新世代の感性」
シティ・ライフ2008年12月号 北摂EAST版(旬の人)

連載
高槻市立青少年交流センターの情報誌「ぽこあぽこ」に「サウスダコタの風」
現在、高槻市立富田ふれあい文化センターの情報誌「桟」に「虹をカタチに」と「風に育まれた物語」

主な講演のテーマ

1. 虹をカタチに ~“ルーツ”をツールにして生きる~
僕が伝えたいことは、ルーツ(被差別部落出身)を大切に生きるという生き方。
そして、ルーツは人とつながっていく大切なツールであるということ。
部落問題というと、どうしても「押し付けられる」や「考えさせられる」というイメージがあるということを耳にします。僕は、自分自身の歩んできた道「自分物語」を心を込めて丁寧にお伝えすることで、参加される人に何かを感じて頂ければと願っています。誰もが人生の中で悲しみや痛みなど様々なことを体験しています。僕は自分自身の物語「生き方」をお伝えすることで、部落問題だけに限らず様々な人の物語と響きあえると思っています。そして、響き合うことで互いにわかりあえると信じています。

2. 新たな人権・部落問題学習のカタチ ~「自己肯定感」を高めることから~
◆被差別部落というルーツ
被差別部落というルーツに生まれ育ち、部落解放運動を進める両親のもと地域の中で地域の人たちに育てられ、支えられながら育つ。

◆21歳の旅立ち
21歳からの10年間にわたるアメリカの旅の中で共に生活してきたアメリカ・インディアンであるラコタ族との出会いや黒人公民権運動のルーツへの旅。

◆マイノリティの人たちとの出会い
地域から外の世界に出たからこそ見えた地域の良さや課題。
彼らマイノリティと呼ばれる人たちとの出会い。
被差別部落、インディアンの人たち、黒人の人たちなど、マイノリティと言われる人たちが置かれている共通の課題を観てくる中で感じたこと。

◆自己肯定感
・これからの人権教育に必要な視点である「自己肯定感」を高める。
・「ロールモデル」との出会い。
自分自身の旅や様々なマイノリティの人たちとの出会いの経験談を踏まえながらお伝えさせていただきます。

3. 「差別をなくす」から「手をつなぐ」へ
被差別部落というルーツに生まれ育ち、部落解放運動を進める両親のもと地域の中で地域の人たちに育てられ、支えられながら育ち、そして、21歳からの10年間にわたるアメリカの旅の中で共に生活してきたアメリカ・インディアンであるラコタ族との出会いや黒人公民権運動のルーツへの旅。

地域から外の世界に出たからこそ見えた地域の良さや課題。そして、彼らマイノリティと呼ばれる人たちとの出会い、生活の中で自分自身のルーツの根を伸ばしてきた経験や、その放浪の旅の中から持ち帰ったキーワードである「虹」の夢。それは、これまでの先人の人たちの努力によってつくられてきた運動の成果を踏まえて、あらたにジャンプする先にある新たな運動の方向性。それが「差別をなくす」から「手をつなぐ」こと。そんな夢のために従来のカタチにとらわれることなく世界とつながりながらも地域にこだわって生きるというグローカルな生き方やその活動のお話をお伝えできればと思っています。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活

あなたにオススメの講師

Page Top