乙武 洋匡

おとたけ ひろただ
乙武 洋匡

肩書き
作家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

大学在学中に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーになった乙武洋匡さん。小学校教諭を退職後は、初の小説『だいじょうぶ3組』が映画化され、自身も出演するなど小説家としても活躍されています。家庭での子どもや妻とのほのぼのエピソードは心が温まります。

プロフィール

1976年、東京都生まれ。
大学在学中に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーに。
卒業後はスポーツライターとして活躍。
その後、東京都新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を歴任、教育への造詣を深める。
教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』が映画化され、自身も出演(2013年3月、東宝系で公開)。
続編小説『ありがとう3組』も刊行された。
また、ツイッターを通じて発信するメッセージが注目を集めている。
都内で、地域との結びつきを重視する「まちの保育園」の運営に携わるほか、2013年2月には東京都教育委員に就任。

<主な著書>
『五体不満足』『だから、僕は学校へ行く!』『オトことば。』
『オトタケ先生の3つの授業』『だからこそできること』(武田双雲氏との共著) など多数

<主なメディア出演>
NHK Eテレ「バリバラ」
フジテレビ「ワイドナショー」

主な講演のテーマ

1. 子どもたちのためにできること
2. みんなちがって、みんないい

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『五体不満足 完全版』

    出版社: 講談社
  • 『ありがとう3組』

    出版社: 講談社
  • 『だから、僕は学校へ行く! 』

    出版社: 講談社

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top