坂田 かおり

さかた かおり
坂田 かおり

肩書き
部落解放同盟鳥取県連合会女性部副部長
出身・ゆかりの地
鳥取県

この講師のここがおすすめ

被差別部落に生まれ、小・中学生時代の学習会の中で育てられ部落差別を無くしたいと真に思い行動してきた坂田かおりさん。不登校や差別に悩む子供たちや保護者からの相談を受けたり、講演活動を通して、「いのち輝いて生きる」ことの大切さを伝えている。

プロフィール

鳥取県西伯郡大山町の被差別部落に生まれる。小・中学生時代は学習会に学ぶ。
高校では「高校生友の会」のリーダーとして活動。結婚後、地区外にて生活を始める。
2001年…A社職員より差別発言を受ける。
2002年…「黙っていても差別はなくならない」と思い、自らが啓発することにより差別をなくしたいと米子市人権政策課・同和地区生活相談員として、市内同和地区住民の生活相談に従事する。
生活相談に従事する中で、結婚して同和地区に住むフィリピン出身の女性から、「子どもが持ち帰る手紙を読めるようになりたい」という思いを聞き、これがきっかけとなって2003年から地区の隣保館で「識字・日本語教室」を始める。
フィリピン出身の女性の日本語を勉強したいという思いから始まったこの取り組みは、タイ、中国、韓国の方々へと繋がり、運転免許取得や介護ヘルパー資格の取得へと個々の目標にあわせた学習へと広がっている。
また、高校生と共に活動をしたり、不登校や差別で悩む子どもたちやその保護者からの相談を受けたり、講演活動を通して、「いのち輝いて生きる」ことの大切さを伝えている。
2012年…退職
現在、 部落解放同盟鳥取県連合会女性部副部長
    部落解放同盟鳥取県連合会米子市協議会女性部部長

主な講演のテーマ

1.いのち輝いて生きる
2.母娘で問うた部落差別
3.いのち・語り・つながる同和教育・人権教育
4.小さな手のひらに(就学前保護者向け)
5.母から娘へ 娘から子へ 今、伝えたいこと ~部落差別から人権を考える~

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

あなたにオススメの講師

Page Top