親野 智可等

おやの ちから
親野 智可等

肩書き
教育評論家
出身・ゆかりの地
静岡県

この講師のここがおすすめ

マンガ『ドラゴン桜』の龍山高校「親力」特別委員会特命部長に任命された教育評論家の親野智可等さんは、教師としての経験と知識を少しでも子育てに役立ててもらいたいという思いからメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行されました。講演では「叱らないしつけ」と「らくらく勉強法」など子育て中の方が聞いておきたい話が満載です!

>親野智可等さん講演レポートはこちら

プロフィール

1958年、静岡生まれ。
公立小学校で23年間教師を務めた。教師としての経験と知識を少しでも子育てに役立ててもらいたいと、メールマガジン「親力(おやりょく)で決まる子供の将来」を発行。具体的ですぐできるアイデアが多いとたちまち評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアが絶賛。子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。読者数も45千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。また、ブログ「親力講座」も毎日更新中。
『「親力」で決まる!』(宝島社)、『「自分でグングン伸びる子」が育つ親の習慣』(PHP文庫)などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても著名。現在、全国各地の小・中、高校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会で大人気となっている。

 講演実績 
◆親野智可等氏 講演実績

 主なメディア出演 
NHK「となりの子育て」「ETV特集」「おはよう日本」「エデュカチオ」
フジテレビ「テレビ寺子屋」「こたえてちょーだい!」「報道2001
BS-TBS「ホンネDEジャパン!」、テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」 他多数

 主な著書 
親力で決まる!(宝島社)
わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力(講談社)
自分でグングン伸びる子が育つ親の習慣(PHP文庫) 他多数

 主な連載 
ベネッセ教育情報サイト『教えて!親野先生』
スタディサプリ『今週のひとこと』(リクルート)
ママノート『子どもを伸ばす親の習慣』(学研)
学研kids net for Parents『子どもが伸びる親力』(学研)
学研教室指導者向け冊子『スマイル』
TOMASスカラ『お母さんの参考書』
ポピー エフ『親野智可等先生の子どもを伸ばす家庭力』(新学社)
サインズ『子どもを伸ばす親の力』(福音社)

主な講演のテーマ

<教職員・PTA>
1. 叱らなくても子どもは伸びる 〜目から鱗の子育てと家庭教育〜
2. 親力で決まる子どもの将来 〜親の言葉が変われば子どもも変わる〜
3. ちょっとした発想転換で子どもはぐんぐん伸びる
4. 「叱らないしつけ」と「らくらく勉強法」
5. 子どもの人間力と学力が上がるとっておきの方法とは?
6. 「子どもを伸ばしたい!」そのとき教師にできること
7. 教師の言葉が変われば子どもも変わる
8. 教師生活を楽しみながら子どもを伸ばすには?
9. 子どもの人間力と学力が上がるとっておきの方法とは?
10. 今一番必要な教師力とは?
11. 家庭・学校・地域で子どもを伸ばすには?
12. ちょっとした発想転換で子どもはぐんぐん伸びる

<幼稚園・保育園>
13. 幼稚園・保育園のとき何が本当に大切なのか?
14. 親の言葉が変われば子どもも変わる
15. いま本当に大切な入学準備とは?

<一般>
16. 子どもの人権を守るために、大人にできること

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること』

    出版社: 宝島社
  • 『もう叱らなくていい! 1回で子どもが変わる魔法の言葉』

    出版社: 青春出版社
  • 『「自分でグングン伸びる子」が育つ親の習慣 』

    出版社: PHP研究所

聴講者の声

  • 本日は講演会ありがとうございました。『「親の願い」と言えば聞こえはいいですが、実はすべて親の欲』の言葉にはっとしました。基本的に私は、沢山子どもを褒めていますが、その分沢山叱ってしまう部分もあります。「子どもの為」と自分を正当化していただけなのだと思います。今後叱ってしまいそうな時は、一度落ち着いて子どもの顔を見つめ笑顔で話ができたらと思います。
  • 今まで色々な講演会に参加させていただいていますが、今回の講師の方はとても面白く説得力もあり話が上手で引き込まれました。納得できることが多くて本当に良かったです。親としてどうあるべきか、何ができるのか、すごく勉強になったし、悩んでいたことが少し軽くなった気がしました。
  • 耳が痛いお話もたくさんありましたがとても参考になりました。やってあげることで、自立しないなんてことはないという言葉にはっとしました。子どもにまず、共感するということ。子どもが小さい頃はやれていた事がいまはすっかり忘れています。これからは気をつけて行きたいと思います。
  • 自分の指導、学級経営委もとても思い当たるふしがあり、反省八割。やっぱりそうだったのか納得というところでした。いろいろな価値観の家庭が増え、保護者とのかかわり方に悩むことも多いですが、いろいろとヒントをいただきました。ありがとうございました。
  • 親子関係だけでなく、学級・学校経営に役立つ内容で、本当に有意義な内容でした。根拠と実践に裏付けられた内容でわかりやすかったです。
  • ユーモラスに親子のやりとりをお話しされる先生のエピソードに「覚えがある」とわが身に重ねてしまいました。今となっては、ずいぶんとなつかしく思われます。進行形で子育てをされている方には心強いエールとなったと思います。自尊感情の低い(成功体験の低い)人格の形成をしてしまったかも・・・と子どもの性格を思い返してみると思い当たる節がります。子どもの心の力は親の肯定により決まるようですね。
  • すべての言葉が私の心に響くものでした。今まさに子どもへのかかわりに悩んでいる最中だったのですが、思い直しても結局繰り返してしまっていたので、どうしたらよいか具体的な事が聞けて、また私でもすぐにできそうな事でしたので、心が軽くなりました。子どもの心も軽くなってくれるかと思いました。講演会に参加で本当に良かったです。ありがとうございました。

あなたにオススメの講師

Page Top