湯浅 正太

ゆあさ しょうた
湯浅 正太

肩書き
一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)代表理事
作家/小児科医
出身・ゆかりの地
高知県

プロフィール

1981年生まれ
2007年 3月 高知大学医学部 卒業
2007年 4月 自治医科大学附属病院 初期研修
2009年 4月 亀田総合病院小児科 後期研修
2012年 4月 国立精神・神経医療研究センター病院小児神経科
2015年 4月 亀田総合病院小児科医師として着任
2018年 4月 亀田総合病院小児科 医長
2018年 9月 亀田総合病院小児科 部長代理
2020年 4月 亀田総合病院小児科 部長
2021年 6月 一般社団法人Yukuri-te(ゆくりて)代表理事

小児科医。専門分野は、発達障がい/知的障がいなどの障がい児医療やてんかんを含む小児神経分野。子どもの心のケアもおこなっている。

主な講演のテーマ

1. 障がいあるいは病気をもつ子どもの兄弟姉妹の心を育てよう!
障がいあるいは病気をもつ子どもの兄弟姉妹(以下、きょうだい児)の心の育て方を伝えたい。きょうだい児は大人へと成長すると、家庭と社会で大きな役割を果たします。そんなきょうだい児は、同胞の障がいを通してさまざまな悩みを抱えながら生活するうちに、心が不安定になりうまく生活できなくなることがあるのです。きょうだい児として育ち、小児科医・作家として子どもの心を理解する湯浅だからこそ伝えられるものがあります。

2. 子どもの心を育てよう!
子どもの心の育て方を伝えたい。学校で生きる勇気がもてない子ども。気持ちをコントロールすることが苦手な子ども。どんな子どもたちも、これからの時代を生き抜かなければなりません。それには、お互いの個性/違いを認め合い、共に支え合う、豊かな心が必要です。だからこそ、子どもたちへのどのような関わりが、子どもたちの心をどのように変えるのか。その知識を届けたい。小児科医・作家だからこそ伝えられるものがあります。

3. 学校の生活に関わる子どもの病気を学ぼう!
学校の生活に関わる子どもの病気。それには、起立性調節障害、過敏性腸症候群、チックなどがあります。病気のために学校でうまく生活できなかったり、学校でのストレスを抱えるために症状が悪化することがあります。子ども自身も、どうして自分がうまく生活できないのか理解できない場合がほとんどです。そこには、病気を理解した子どもへの適切な関わりが必要です。小児科医・作家として子どもの心を理解するからこそ伝えられる。

カテゴリー

人権啓発
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療

著作紹介

  • 『みんなとおなじくできないよ』

    出版社 ‏ : ‎ 日本図書センター

あなたにオススメの講師

Page Top