清原 隆宣

きよはら りゅうせん
清原 隆宣

肩書き
西光寺住職
出身・ゆかりの地
奈良県

この講師のここがおすすめ

「人の世に熱あれ、人間に光あれ」西光寺住職の清原隆宣氏の祖父の兄こそが、水平社宣言を起草した西光万吉氏。差別は間違った世間のものさしによって作られる。「人間を尊敬する」というものさしを広めることで人を人として大事にしようという世の中になると説く。

                        

プロフィール

1952年  奈良県御所市柏原に生まれる
1975年  大阪府富田林市立第一中学校に勤務
1978年  奈良県御所市立大正中学校に勤務
1984年  御所市同和教育研究会 事務局長(専従)に就任
1987年  御所市同和教育推進協議会 事務局長(専従)に就任
2002年  奈良県御所市立大正中学校に復帰
2006年  公立学校教員を引退
現在      西光寺(水平社運動発祥地)住職
            公益財団法人 奈良人権文化財団 評議員

全国各地で講演活動も活発に行う。

主な講演のテーマ

『人の世に熱と光を!』

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

あなたにオススメの講師

Page Top