村崎 太郎

むらさき たろう
村崎 太郎

肩書き
猿まわし師
出身・ゆかりの地
山口県

この講師のここがおすすめ

次郎の“反省”ポーズで全国的な人気者になった猿回し氏の村崎太郎氏。2015年「日光猿軍団」の再建を果たし、「サルザイル」や「大喜利」等集団芸で会場を沸かせた。講演テーマは、被差別部落出身の経験を元にした『橋はかかる~差別のない世の中を目指して~』。

プロフィール

1961年、山口県光市生まれ。
17歳で初代次郎とコンビを結成し、日本に途絶えた猿まわしを復活。次郎の“反省”ポーズで全国的な人気者になる。
1991年、「文化庁芸術祭賞」を受賞。
1992年にはアメリカ連邦会議から「日本伝統芸」の称号が授与された。
2009年に、自らが被差別部落民の経験を執筆した「ボロを着た王子様」を出版。ここ数年は次郎と共に、日本各地の限界集落、ハンセン病療養所、原爆被爆者の皆さんなどを訪ねる出逢いの旅を続けている。
2010年6月に「橋はかかる」を出版し、部落問題に関して新しい視点で言及し、話題を呼んでいる。同著は、全国学校図書館協議会の選定図書に認定されている。

<主な受賞>
1991年 芸術祭賞 演芸部門

主な講演のテーマ

『橋はかかる ~差別のない世の中を目指して~』
<講演の構成>
講演(70分)&本人のギター伴奏による歌(20分)

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『橋はかかる』

    出版社: ポプラ社
  • 『ボロを着た王子様』

    出版社: ポプラ社

あなたにオススメの講師

Page Top