小島 慶子

こじま けいこ
小島 慶子

肩書き
タレント/エッセイスト
東京大学大学院情報学環客員研究員
出身・ゆかりの地
海外

この講師のここがおすすめ

各種メディア出演や、エッセイ・小説等の執筆、講演活動を行う小島慶子さんは、華やかなアナウンサーの仕事をしながら「女子らしく」というジェンダーバイアスに悩み、「女性も男性も働きやすい職場環境づくり」に取り組み、今は日本で働きながら、オーストラリアで家族と過ごす二拠点生活を送っています。
講演では、自身の現在に至るまでの経験を振り返りながら、多様な生き方、働き方の大切さについてお話しいただきます。
仕事と育児の両立に悩む女性、男性にも新鮮なヒントをお届けします。

プロフィール

1972年オーストラリア生まれ。
幼少期は日本のほか、シンガポールや香港で育つ。学習院大学法学部政治学科卒業後、1995年にTBSに入社。アナウンサーとしてテレビ、ラジオに出演する。99年、第36回ギャラクシーDJパーソナリティー賞を受賞。ワークライフバランスに関する社内の制度づくりにも長く携わる。2010年に退社後は各種メディア出演のほか、執筆・講演活動を精力的に行っている。『AERA』『VERY』『日経DUAL』など連載多数。現在は東京大学大学院情報学環客員研究員としてメディアやジャーナリズムにかんするシンポジウムの開催なども行っている。

10代~20代で摂食障害、30代で不安障害を経験し、40歳を過ぎてから発達障害の一つである軽度のADHDと診断されたことを公表。自身の経験を通じて、病気や障害についても積極的に発信している。2014年より、オーストラリア・パースに教育移住。夫と二人の息子はオーストラリアで生活し、自身は日本に仕事のベースを置いて、日豪を行き来している。
2015年3月 朝日新聞社パブリックエディター 就任

 主なメディア出演 
「ザ・インタビュー」(BS朝日)、「アジアンタイムズ」(BSジャパン)、
「あさイチ」(NHK)、「ハートネットTV」(NHKEテレ)、
「写ねーる」(NHKBSプレミアム)、「ザ・世界仰天ニュース」(NTV)、
「大人気店でドッキリ!ありえない商品売れる!?売れない!?」(NTV)、
「ナカイの窓」(NTV)、「メレンゲの気持ち」(NTV)、「おしゃれイズム」(NTV)、
「Qさま!!」(EX)、「ストライクTV」(EX)、「中居正広のミになる図書館」(EX)、
「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」(EX)、「お願いランキング」(EX)、
「オールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送) その他多数
読売新聞「My Answer」

 主な著書 
解縛(げばく)しんどい親から自由になる(新潮社)
失敗礼賛 不安と生きるコミュニケーション術(KKベストセラーズ)
女たちの武装解除(光文社)
気の持ちようの幸福論(集英社新書)

絵になる子育てなんかない(幻冬舎)
カメラマンたちが見た小島慶子(集英社) 他多数

主な講演のテーマ

1. これからの男女の働き方、生き方
今や共働きが当たり前の時代です。結婚や出産のタイミング、育児と仕事の両立など、女性の悩みは尽きません。また男性も、仕事だけでなく家事や育児もするのが当たり前になりました。親世代のやり方が通用しなくなった今、男女が互いに理解し合いながら、仕事と家庭を両立させるにはどうすればいいのでしょうか。自らも共働きから大黒柱へと変化を経験し、働きながら家族と幸せに生きることを真剣に考えてきた経験から、わかりやすく前向きな提言をします。

2. ハラスメントのない社会にするために
職場でのいじめや性的な嫌がらせなどが、最近ではハラスメントとして「あってはならないこと」だと認識されるようになりました。では、そもそもハラスメントとは何なのでしょうか。どんな種類があり、どうしたら防げるのでしょうか。誰しも無意識のうちに、ハラスメントをしたり、傍観してしまうことがあるかもしれません。被害者を守るだけでなく、自分の中にもあるハラスメントの芽に自覚的になって「もうやめよう」と言うことが大切です。テレビ局に勤めていた頃の自らの経験談を交えて、ポジティブに「ハラスメントのない社会にしよう」というメッセージを伝えます。

3. 発達障害ってなんだろう
40歳を過ぎてから軽度のADHDだと診断された自身の経験談をもとに、発達障害に対する偏見をなくし、違いを尊ぶ世の中にしようと提言します。発達障害とは何かを知ること、そして障害のある人もいろいろであることを知ることが大切です。「普通」ってなんだろう?と考えると、「人それぞれに特徴がある、困っている人には助けが必要だ」というとてもシンプルな答えに行き着きます

4. 絶体絶命は打ち出の小槌~ピンチこそ私のチャンス(自己啓発)(人生のターニングポイント)
憧れの仕事についたら向いてないことがわかってしまった・・・テレビの仕事がしたいと思っていたら、ラジオの仕事をやりなさいと言われてしまった・・・出産後に不安障害になってしまった・・・夫が無職になってしまった・・・20代から40代まで、次々と「こんなはずではなかった」という出来事が起きたのですが、今思えばどれも大きなチャンスでもありました。思いがけない変化は誰でも不安なもの。そんな時に発想を切り替えて、ピンチをチャンスにしてきた経験をお話しします。

5. 未来の自分は、恩知らず(女性の生き方)
女性の生き方が多様化して、仕事も結婚も育児も完璧にしなくてはと思ってしまったり、いろいろな選択と決断を迫られる中で、ついた人と比べてしまったり。女らしさや母親らしさなど、女性に対する「らしさ」の押し付けからなかなか自由になれない・・・。将来のことを心配するあまり、失敗を恐れて次の一歩をどう踏み出したらいいのかわからなくなることも。そんな悩める女性たちに、自身の経験を交えて「未来の自分は、過去に悩んだことなんかけろっと忘れて“思い通りにはならなかったけど、結局これでよかった”なんて言うもの。今の自分を幸せにするために全力を尽くそう!」とエールを送ります。

6. そうかこれって病気だったんだ!~摂食障害と15年~(健康・病気・メンタル)
親の過干渉などに悩み、15歳から拒食気味になり、18歳で過食に、20歳からは過食嘔吐が始まりました。アナウンサーとして働きながら、30歳で出産するまでは続いた過食嘔吐との闘いは決して簡単なものではありませんでした。「恥ずかしい癖」だと思って誰にも言えずにいた過食嘔吐が病気であると知って、自分は一人ではないのだと思えました。勇気を出してメディアで経験を話すと、同じような辛さを経験している人がたくさん声を寄せてくれました。自らの回復までの道のりを語るとともに、摂食障害についての理解を深め、偏見をなくすよう呼びかけます。

7. 人生はああもこうも生きられる
10代から20代は摂食障害、30代は不安障害に悩んだ自身の体験を踏まえ、親子関係に悩んだ日々や、仕事に馴染めなくて苦しかった日々、子育てが不安で苦しかった日々などを振り返ります。40代になってから、夫が仕事を辞めるという予想外の出来事が起きました。その変化を前向きに捉えて一家でオーストラリアに移住することを決意。人生は思い通りにならないけれど、一歩踏み出せばこそは奈落の底ではなく、案外地続きなのです。

8. 多様性って何?グローバルって何?
最近よく聞く「多様性」という言葉。それって、外国の人が増えること?とつい考えてしまいますが、半径2メートルの見慣れた景色の中にも、実は多様性はたくさんあります。違うことは豊だけど、わかりあえないことが増える。そんな時代に何を大事にして生きていけばいいのか、自身のオーストラリア移住体験をもとに「受け入れること・受け入れられること」について語ります。

9. 育ては自分と世界を結び直す学びの場所
アナウンサーとして働きながら30歳と33歳で出産、仕事との両立に悩み、第二子出産後には不安障害も発症。仕事が減って電話取りをする毎日の中で、それまでは見えていなかった多くの大切な発見をしました。そして子供は思い通りにならない小さな「他者」。言葉もままならない彼らと向き合い、育てるうちに、自分の思い込みや驕りが消え、世の中の対する素敵な眼差しを学ぶことが出来ました。また、職場では出会わないようなたくさんの育児仲間と繋がりができ、自分の世間知らずを思い知りました。子供はいつも、親を新しい場所に連れて行ってくれます。同時に、人間とはなんであるか、私たちがどうやって世界を理解するのかを目の前で見せてくれる先生でもあります。今はオーストラリアで子育てをしていますが、これも私の世界を大きく変える経験でした。自分一人ではとてもこのような気づきは得られませんでした。悩み多き育児ですが、そうやって自分が変わり、世界との関係が変わるのは豊かなことでもあると思います。そんな経験談をしながら、みなさんと子育ての悩みと喜びを分かち合えればと思います。

※オンライン講演会も対応可能です。

カテゴリー

人権・SDGs
ビジネス
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『これからの家族の話をしよう わたしの場合』

    出版社: 海竜社
  • 『解縛: 母の苦しみ、女の痛み』

    出版社: 新潮社
  • 『女たちの和平交渉』

    出版社: 光文社

講師紹介動画

あなたにオススメの講師

Page Top