大沼 えり子

おおぬま えりこ
大沼 えり子

肩書き
作家/保護司
シンガーソングライター/DJ.
認定特定非営利活動法人ロージーベル理事長
出身・ゆかりの地
宮崎県

この講師のここがおすすめ

講師大沼えり子さんは、保護司として少年院退院者を支援するだけでなく、ロージーという名で少年院放送のラジオDJをする。行き場を失った少年たちを受け入れる寮「ロージーハウス」を造り、助けを求める子どもたちがいる限り見捨てないと2001年から尽力し続ける。

”ブログ”『兵庫県内にて、講師 大沼えり子さんが「いのちの大切さ」について講演会を開催!』講演レポートはこちら

プロフィール

1957年 宮城県生まれ。宮城学院大学卒。
大学在学中から東京、仙台を中心に司会やシンガーソングライター&D.J.として活躍。
結婚後、嫁ぎ先の割烹の若女将の仕事をこなしつつ、2001年保護司の委嘱を受ける。
少年たちの更生に尽力する傍らD.J.Rosyとして北海道・東北地方にある3つの少年院に向けて院内放送「カントリーボーイ」を制作し、同録を贈り続け、かたわら帰る家のない少年たちの自立を支援する認定NPO法人「Rosy Bell」を設立、代表を務める。また、保護司や法人活動をきっかけに24時間対応の電話相談を行い、数多くの相談者や親子と向きあい、問題解決に向け奔走している。そして、自らの経験を素に熱い想いを講演や著書でも伝えている。
著書では、「この想いを伝えて・・・」を2007年に出版。この作品を原案とした中部日本放送CBCスペシャルドラマ『ガラスの牙』が2007年日本民間放送連盟テレビドラマ部門優秀賞を受賞した。続けて、2008年「君の笑顔に会いたくて」を出版。この2作品を原作とし、2010年3月TBS月曜ゴールデンにて2時間ドラマ「ガラスの牙」が放映され話題を呼んでいる。
2011年3月の東日本大震災では、宮城県名取市で震災を体験し、被災者であり、復興活動支援にも取り組んでいる。
アーティストとしてRosy&Rosyfamilyのライブでは、様々な愛を曲に綴り、オリジナリティー溢れるRosy worldのステージを展開、会場いっぱいの楽しさと感動を共有している。

<主な出版・著作物>
2014年1月「じんけん丹波(NO.9)」
2013年1月(株)熊平製作所『抜筆のつづり・その七十二』
2012年1月 致知・随想『幸せの鐘ならそうよ』
2010年3月 朝日新聞いいひと選考委員会「いいひと賞」
講談社『少年院で流す音楽リクエスト番組のDJ』文・千葉卓郎
2010年3月 学研パブリッシング『子育てよかった物語』
2010年3月 TBS系月曜ゴールデンJNN50周年記念
「ガラスの牙 熱血DJ保護司・権藤明子~涙の少年少女観察日記~」原作
2009年10月『世界の児童と母性』VOL67【特集 少年法改正と子どもの未来】
2008年7月 KKロングセラーズ『君の笑顔に会いたくて』保護司ロージーが走る!
中部日本放送CBCスペシャルドラマ「ガラスの牙」原作※2007年日本民間放送連盟テレビドラマ部門
最優秀賞受賞。
2007年9月 KKロングセラーズ『この想いを伝えて・・・』~人間って本当は優しいんだよ~

主な講演のテーマ

1. 「いのちをつなぐ言葉の力」~東日本大震災を乗り越えて~
2. 「いじめの存在」~いじめを乗り越える為に~
3. 君の笑顔に会いたくて~DJ保護司から見た若者たちの姿~
4. 「今、親として」~子供達にとっての家庭~
5. 「言葉の魔法」~命を持つ言葉~
6. 「何でも大作戦」~子供たちとのコミニュケーションの為に~
7. 「差し延べる手」~就労と優しさ~
8. 「この想いを伝えて・・・」~保護司の視点から~
9. 「本当は人間って優しいんだよ」~心の中に住んでいる優しさに気づいて~
10. 「自分の為に、人のために」~今、貴方が出来る事~
11. 「まず!自分を好きになる」~誰かを好きになる為に~
12. 「想像力と言う力」~過去と今、そして未来の自分の為に~
13. 「命」~生きるということ、生きているということ~
14. 「責任の行方」~責任の持つ意味~
15. 「レッツ!ビギン」~怖がらずにまずはチャレンジ~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『この想いを伝えて… 』

    出版社: ロングセラーズ
  • 『子育てよかった物語』

    出版社: 学研パブリッシング
  • 『君の笑顔に会いたくて』

    出版社: ロングセラーズ

聴講者の声

  • 報道でしか伝わらない震災の現地の本当の状況を改めて知ることができた
  • たいへん勇気のもらえるお話だった
  • 災害に対する対策の重要度を改めて感じた
  • 被災地の生々しい話しが聞けて良かった
  • 大沼さんの記念講演が大変良かった
  • 子ども達の純粋な感情を壊しているのは私たち大人なんだと改めて理解した
  • 大沼さんが言われたあいさつ等の声掛けを大事にしていきたい
  • このような講演会に最後まで参加している人は人権も差別も理解できていると思う
  • 少年院の話は、現実にあるのは分かるがいまひとつどうすればいいのかわからない
  • 大沼さんの子ども達を想う心が伝わり、また全身で接するその姿に学ぶことが多々あった
  • 「ありがとう」の言える人間が一人でも多くなるような世の中であってほしいと思った
  • 私にできること、「ありがとう」など声かけをしていきたい
  • 今後大沼さんには頑張ってほしいし、自分たちにも出来ることは積極的に取り組んでいきたい
  • 素晴らしい使命感と熱意に影響を受けました
  • 私の知らないことが多々あり、勉強になった
  • 心ある言葉が人を動かすことを実感した
  • 子どもを犠牲者にしないために、親や大人の行動がとても大切だと思った
  • 優しい言葉の飛び交う、明るい地域づくりをしていきたい
  • 今回のような講演会に参加して自分を見つめ直すことが人権意識の向上につながると思うので、今後も参加していきたい
  • 子どもの人権問題の中に、少年院から帰る家がない子ども達の問題もあることに気付かされた

あなたにオススメの講師

Page Top