【講演レポート】兵庫県内にて、講師 大沼えり子さんが「いのちの大切さ」について講演会を開催!


「本当は人間って優しいんだよ
~東日本大震災を乗り越えて~」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大沼えり子さんは、宮城県名取市で東日本大震災の被災者であり、その時の心境や状況を分かりやすく話され、いのちの大切さ、そして「生きていると言う事は、何か役割があるんだよ」と心に響くメッセージを語られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、2001年より保護司として活動され、帰る家のない少年たちの自立を支援する、認定NPO法人「Rosy Bell」を設立したきっかけや3つの少年院に向けて院内放送「カントリーボーイ」を制作し、同録を贈り続けられているお話もして頂き、子どもたちへの関わり方について考えるきっかけになる講演会となりました。

人権、青少年健全育成、子育て講演会に是非おすすめの講師です。一度プロフィールをご覧ください。

講師 大沼 えり子さんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。
ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 森本啓仁