島田 妙子

しまだ たえこ
島田 妙子

肩書き
一般財団法人児童虐待防止機構 理事長
株式会社イージェット 代表取締役CEO
兵庫県児童虐待等対応専門アドバイザー
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定
アンガ-マネジメントファシリテーター

出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

児童虐待防止機構理事長の島田妙子さんは、7歳の時、継母と実父による壮絶な虐待が始まり、何度も命を落としかける。講演では「虐待防止に向けて私たちに出来ること~子どもだけでなく親も助ける手助けを~」と親も子も救おうと活動。メディアでも紹介されています。

プロフィール

1972年 神戸市北区生まれ。
4歳の頃、両親の離婚で兄2人と児童養護施設に入所。
7歳の時、父の再婚で家庭に復帰したが継母と実父による壮絶な虐待が始まり何度も命を落としかけた。
現在は関西約130園の学校・幼稚園・保育園の『想い出のアルバム』DVD 制作会社を経営。
一方、アスペルガー症候群の長男を含む3人の子を育てている。
2010年末、心の支えであった次兄が白血病で他界した。
これを転機に兄の思いを引き継ぎ、本当の意味での「児童虐待の予防」にむけての自叙伝を執筆するとともに、「大人の心を助ける」講演活動を積極的に行っている。「虐待」だけでなく「命」「愛」「子育て」「障がい」「介護」等、幅広い内容により中学生から大学生、保護者、行政職員、教員を対象に講演活動中。またその活動は新聞やメディアに多数取り上げられ、実体験を基にした話には体験したからこそ伝えることが出来るとの定評を得ている。

<メディア掲載情報>
msn 産経ニュース『虐待超えて タエコの40 年』6 回連載
MBS 毎日放送 ドキュメンタリー『映像’ 12』(2012年4月22日 OA)
MBS 毎日放送 報道番組『VOICE』(2012年5月25日 OA)、
NHK 大阪放送『かんさい熱視線』(2012年11月2日 OA)
京都新聞福祉コラム、女性自身「シリーズ人間」(2014年5月6日号)
産経NET『虐待を超えて タエコ訴える』、産経新聞 連載1話~30話、
PHP ヒューマン・ドキュメント(2015年1月号)、読売新聞 全国版『顔』

<CD>
ミニアルバム『 ありがとう 』(全3曲)プロデュースアルバム
CDアルバム 『 Beat of Life ~命の鼓動~ 』(全8曲)全詞作詞、プロデュース作品

>>新聞記事1「虐待する大人 助けたい」
>>新聞記事2「親が助かれば 子も助かる」
>>新聞記事3「虐待体験 赤裸々に」
>>新聞記事4「手遅れになる前に相談を」

主な講演のテーマ

1. 幸せって何だっけ?~被虐待の淵を生き抜いて~
2. ガラスの心~虐待防止に向けて今私たちに出来ること~
3. 虐待防止に向けて私たちに出来ること~子どもだけでなく親も助ける手助けを~
4. くるくるミラクル 幸せくるくる~大人が元気で子どもも元気~
5. お父さん、お母さん、自分を大好きになりましょう
6. 障害児理解教育

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療

著作紹介

  • 『虐待の淵を生き抜いて』

    出版社: 毎日新聞出版
  • 『e love smile ~いい愛の笑顔を~ memory.1 』

    出版社: パレード
  • 『e love smile 〜いい愛の笑顔を〜 memory.2』

    出版社: パレード

聴講者の声

  • 虐待にまだ直面したことはないが、早めに発見し、手遅れにならないように取り組んでいきたい。
  • 今まで聞いたことがない貴重な話が聞けました。自分にできるかわからないけれど、地域の力になれればと思いました。また自分自身、子供との関係を見直すきっかけになりました。
  • 虐待する大人を救う、加害者も被害者も傷つくのが虐待ですと改めて考えさせられました。
  • 市在住の企業団体、個人を含め広く知ってもらうために取り組み内容を一般テレビ等にてニュースの中でも良いから流すべきではないか。
  • 虐待の本当の実態を聞きました。ほめて育てることの良さも知りました。
  • 出会いは大切だと思います。そこにこれからの人生が良いか悪いかが決まってくると感じた。
  • 感動しました。私もすこしでも行動にうつして行きたいと思います。
  • 彼女の波乱万丈な生涯に頭が下がります。私も民生委員として老人のために少しでも力になれればと思いました。
  • 虐待の問題、今は難しいことですが少しでも回りに気をつけていきたいと思います。
  • 辛い経験のお話、大変ありがとうございました。深い気持ちが伝わってきました。主任児童委員として又、違った視線で見守っていくことができそうです。
  • とっても参考になりました。ありがとうございました。又、機会がありましたら講演していただきたいと思います。とても素晴らしい島田妙子様でした。
  • 本心からの体験はとても心うたれました。近隣の力が大切と深く感じ入りました。人のために生きたいです。
  • 私のまわりでは虐待事がないので、わからないことばかり。対応もわからない。でも少しでもまわりを見ていこう、かかわっていこう少しずつと思いました。ありがとうございました。
  • 若いのに、たくさんの体験を乗り越えてこられたこと。自分だったらと重ねさせていただいて、聞かせていただきました。先のわからない時代に生きる私たち、面倒をかけないような生き方をしていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 虐待という言葉をとても明るくお話いただけました。あそこまで言えるようになるには、様々なことがあったと思いますが、心にとめていきたいと思います。
  • 虐待は大人の問題である。大人となっている者の行為は自分で直せない。親・子に共に傷を残すの言葉が印象に残った。なかなか通告できないが、やはり勇気をもって通告すべきであると思った。今後このような事象にあったら通告することにする。
  • 相談相手がいることは大切だと思いました。被害者のことだけでなく、加害者にも目を向けて考えていこうと思いました。
  • 初めて虐待を受けた人の話を聞いたので、すごく衝撃を受けました。改めて世話焼きおばさんになろうと思いました。とっても良かったです。
  • 虐待は予防という事について改めて納得しました。(一人ひとりの認めあいの大切さ)親の変化のつらさ→人生への希望のなさ等とんでもないことが起きるきっかけに、あやまる勇気、前向きの人生の大切さ
  • 涙が出ました。お話感動しました。良い講演会でした。虐待はなくさなければいけない。虐待する人も助けなければいけない→どうすれば良いか考えさせられました。
  • 体験談を話してくれて非常によくわかった。親の扱い、子供の扱いがよくわかった。
  • 心に残った言葉。自分の大切な人生、人を傷つけない、昨日までのことはどうでもいい、スイッチの入れ替え、ごめんを言える人、大人でもほめる。
  • 悲惨な体験なのに、サラッと上手にお話してくださって、より深く感銘しました。素晴らしいご活躍を今後ともがんばってくださいませ。
  • まず虐待している親を助ける手立てを考えることが大切と痛切に思いました。
  • 虐待について自分の子供時代には考えもつかない言葉でした。今になって難しい経験しないですんでよかったと感じました。
  • 経験からの話、とても実感しました。ありがとうね。私は少し境遇は違いますが、小さいころ養護施設にいましたが、幸いにも養子に行った先はよくしてくれ感謝しています。しかし小学校のころ、いじめによく合いました。親の姓名が受けられず、1つの家に苗字が2つということです。でも、今は民生委員としてやっています。ひねくれずにきてよかったですよ。(痛い気持ちがわかります)
  • 感動できる素晴らしい講演で心打たれました。ありがとうございました。加害者を作らないことが少しでもできるように何ができるか考えていきます。
  • やはり体験から出てる話ですので、真に迫ってました。(学者が机上で実しやかに話すのとはちがう)新聞等で講師のことは知っていましたが、とても実力のある方ですね。
  • 虐待防止の話はよく聞くが、実体験はやはり説得力があるなと思いました。
  • 虐待防止と虐待対処の違いについて考える貴重な機会となりました。虐待する大人を救うことの大切さを一番感じました。
  • 知らない世界きかせてもらえ良かった。子供だけでなく老人にたいしてもかんがえさせてもらいました。
  • 自らの体験談からのお話たいへん深く心に伝わりました。ありがとうございました。
  • 体験談ばかりで理解しやすかった。子供の心の苦しさがよくわかる。親がもう少し理解しあえれば、解決するが暴力できかせる等、お話よくわかった。
  • 親子であってもしてはいけないことがある。ほめてもらうとうれしい。ガラスの心をハンマーでなぐったら壊れる。地域で見守ること。
  • 体験者の生々しいお話を聞かせていただき、改めて虐待について被害者加害者がなくなることができたらと思いました。そんな経験をしながら、りっぱに子育てされ、起業されている島田さんの強さ、兄弟のきずながあったからかと感じました。また、介護の経験等とても身近な話題が聞けてよかったです。人との出会いが人生を変えていくことをつくづく感じました。>>PTA研修大会 アンケート

あなたにオススメの講師

Page Top