木村 政雄

きむら まさお
木村 政雄

肩書き
フリープロデューサー
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

吉本の東京進出の基礎を築き、MANZAIブームを仕掛けた現在フリープロデューサーの木村政雄さんは、その経験から「吉本流牧場型マネジメントのすすめ」から「50歳からの自分興し~不安をワクワクに変える知恵~」をテーマに講演活動も活発に行なわれる。

プロフィール

1946年 京都府京都市生まれ。
1969年 同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業、吉本興業株式会社入社。
             横山やすし・西川きよしのマネ‐ジャ‐を8年半務
1980年 東京事務所開設のため東京に赴任し、部下一人、電話一台からのスタート。
             今日の吉本の東京進出の基礎を築き、MANZAIブームを仕掛けた。
1989年 本社制作部長に就任。
1992年 取締役に就任。以降、名古屋、福岡、札幌、岡山、東京に事務所を開き、全国展開を推進。
2002年 常務取締役大阪本社代表を最後に退職。【木村政雄の事務所】を設立。
             人材養成塾「有名塾」を開講。
2005年 50歳からの人生を応援する月刊フリーマガジン『5L』を創刊し、編集長を務める。
「5L(ファイブエル)」とは、人生10リットルだとすれば50歳はまだ半分、という意味と、 5つの“L(エル)”、「笑って(LAUGH)恋して(LOVE)寛大な気持ちで(LIBERAL)人とつながって(LINK)イ キイキ生きよう(LIVE)」という意味を持つ。
法政大学客員教授、厚生労働省直轄事業「メンタルヘルスポータルサイト委員会」委員や文科省直轄事業での講師、鳥取市レピュテーション(評判)マネージャー、NPO法人まち・すまいづくりの顧問など、行政機関、教育機関、地域活性に携わる職も歴任している。

<主な著書>
『自分をリセットしたいときに読む本』『客観力~自分の才能をマネジメントする方法~』
『こうすれば伸ばせる!人間の賞味期限』『プロに訊け!明日が見えた瞬間』
『50歳力~不安をワクワクに変える知恵』『35歳革命』『やすし・きよしと過ごした日々』
『「人をつくる」という仕事』 テリー伊藤氏・共著『こうすれば伸ばせる!人間の賞味期限』
『五十代からは、捨てて勝つ 自分株式会社をつくろう』『吉本興業から学んだ「人間判断力」』
『笑いの経済学~吉本興業 感動産業への道~』

主な講演のテーマ

1.「50歳からの自分興し~不安をワクワクに変える知恵~」
2.「50歳力 ―50代からの人生の過ごし方―」
3.「30代、40代で絶対すべきこと~おっさんになるな、大人になれ!~」
4.「こうすれば伸ばせる!人間の賞味期限」
5.「不透明な時代をぶち破る、木村流オンリーワンのすすめ」
6.「人をつくるという仕事」
7.「吉本”全国化”戦略に学ぶ企業経営のあり方」
8.「吉本流牧場型マネジメントのすすめ」

カテゴリー

企業向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『自分をリセットしたい時に読む本―もっと前向きに、楽観的になる秘訣』

    出版社: 三笠書房
  • 『客観力-自分の才能をマネジメントする方法 』

    出版社: 祥伝社
  • 『50歳力』

    出版社: 大和書房

あなたにオススメの講師

Page Top