小泉 武夫

こいずみ たけお
小泉 武夫

肩書き
東京農業大学名誉教授
発酵学者
文筆家
出身・ゆかりの地
福島県

この講師のここがおすすめ

発酵学・食文化研究の第一人者の小泉武夫氏。日本経済新聞の連載「食あれば楽あり」では、食にまつわる楽しい話からちょっと恐い話まで様々書かれている。和食の底力、発酵食品の神秘、食の堕落と日本人など講演でも小泉氏のお話は大変興味深いものばかりです。

プロフィール

1943年福島県の酒造家に生まれる。発酵学・食文化研究の第一人者。
東京大学名誉教授をはじめ、多くの大学の客員教授を務める。また現在、日本経済新聞夕刊に「食あれば楽あり」を連載中。著書も数多く、取材や講演活動で全国を飛び回っている。

<主な受賞>
福島県知事賞(県外在住功労者賞)、 2011年度水産ジャーナリストの会年度賞、日本醸造協会伊藤保平賞、読売新聞オピニオン賞、日本発明協会白井賞 他多数

<主な役職>
東京農業大学名誉教授/鹿児島大学客員教授/琉球大学客員教授/広島大学客員教授/特定非営利活動法人/発酵文化推進機構理事長/全国地産地消推進協議会会長(農水省) 他多数

<主な著書>
『酒の話』『発酵』『灰の文化誌』『日本の味と世界の味』『匂いの中の日本文化』『奇食珍食』『麹カビと麹の話』『知恵の食事学』『食通耳より話』『粋な日本酒』『銘酒誕生―白酒と焼酎』『酒肴奇譚』『人はこうして美味の食を手に入れた』『食に知恵あり』『つい披露したくなる酒と肴の話』など多数

 

主な講演のテーマ

1. 和食の底力
2. 長寿のための食生活
3. 発酵食品の神秘
4. 発酵で健康
5. 発酵食品の魔法の力
6. 真の食育とは何か
7. 食と日本人の知恵
8. 食と農から地域の活性化を考える
9. 21世紀はアグリビジネスの時代
10. 世界の奇食・珍食・奇酒・珍酒
11. 食の堕落と日本人
12. 食あれば楽あり
13. 食の冒険家が語る旅への誘い

カテゴリー

教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『幻の料亭・日本橋「百川」: 黒船を饗した江戸料理』

    出版社: 新潮社
  • 『江戸の健康食: 日本人の知恵と工夫を再発見』

    出版社: 河出書房新社
  • 『信州の発酵食』

    出版社: しなのき書房

あなたにオススメの講師

Page Top