にしゃんた

にしゃんた
にしゃんた

肩書き
羽衣国際大学 教授
タレント
出身・ゆかりの地
海外

この講師のここがおすすめ

羽衣国際大学教授にしゃんたさんは、スリランカ出身、日本で結婚、一男一女の父です。メディア出演、執筆活動と並行して講演も活発に行われています。文化や人権、価値観やコミュニケーションなど様々なテーマに対して、「違い」と「共生」をキーワードに、ご自身の体験談とユーモアを交えたお話しが好評です!

”ブログ”「違いを楽しみ、力にかえる」にしゃんたさん講演レポートはこちら

プロフィール

親日国スリランカ、世界遺産キャンディー市生まれ。高校生の時に父が家を担保にして拵えてくれた7万円と片道切符を手に留学のために来日、第二の人生がスタート。
来日1年で、日本語能力試験1級試験に合格し、日本で留学生として第1号となる新聞奨学生をしながら文武両道の大学生生活を送る。在学中は全国空手道連盟公認4段と公認指導員資格を取得。また多数の弁論大会で優勝し“スピコン荒らし”とあだ名がつく。800名を超える同期生の中から学部総代で卒業。経済学博士号を取得。
タレント活動としては、映画『地球のヘソ』で主演、ワッハ上方で高座デビューし「初代社会人落語日本一決定戦」準優勝で異色の落語家として注目され、フジテレビ「ペケポン」などで人気となる。
現在は、大学で教鞭をとる傍ら、テレビ・ラジオなどで活躍。情報・報道番組のコメンテーターからバラエティ番組まで幅広く、鋭い視点で提言を行うwebニュースの書き手でもある。また献血大使としてボランティア活動に積極的である。日本国籍取得。二児の父。

<主なメディア出演>
TOKYO MX「モーニングCROSS」、フジテレビ「バイキング」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、
ニッポン放送「垣花正のあなたとハッピー」、テレビ静岡「テレビ寺子屋」 他 多数

<主な著書>
『日本で知った「幸せ」の値段』、『留学生が愛した国・日本』、
『ブッダと歩く神秘の国スリランカ』、『日本的経営は海を越えられたか!?

主な講演のテーマ

1.違いを楽しみ、力にかえる
(
ダイバーシティ時代を生きる力/国際化時代を生きる力/生きる力を育む)
私たちは、周りの「違い」と「変化」しかない世の中で生き、生かされていて、そこから逃れることはできません。多様性と環境の変化を受け入れることが人間としての豊かさを育みます。多文化共生は、「する・しない」「したい・したくない」という選択ではなく、「どのように共生し、どのような社会を目指すのか」という事柄として捉え、「違い」と正しく関わり、「違い」を受け入れて、「違い」を力に変える。価値観の多様性が、新たな豊かさや活力を生み出します。具体例と共にお話致します。
キーワード:「人権」「自治体」「学校」「生涯学習」「教育・子育て」「コミュニケーション」「生涯学習」

2.地域活性化にダイバーシティ(多様性の)視点を
違いの有効利用こそが今の日本の最大の課題です。同級生、地域住民、仕事仲間に外国人やLGBTなどがいることが当たり前の時代。「違い」がある者同士が、違いについて語り合い、刺激し合い、学び合い、持続可能で、笑顔が溢れる職場や社会にする、会社と個人の成長のための「違い」との正しい付き合い方とは何か。観光事業、地域振興の視点も含め、外国人、LGBT等など含め自分たちとは違う仲間を迎えることに迷っている地域社会、企業、団体にもヒントとなるような提言を致します。
キーワード:「企業」「労働組合」「商工会議所」「自治体」「国際化」「インバウンド」「国際化」

3.共に笑う ~ダイバーシティ(多様性の)時代の生き方~
なぜコミュニケーションが必要なのか。それは私たちの周りには同じというものがなく、違いしかないからなのです。新時代のコミュニケーションとは何か、何に気をつけるべきなのか。普段生活している家庭や職場、地域社会のなかで、共に生き、共に笑える人生を送るために、「違い」と「変化」と正しく向き合いましょう。「違い」についてよく学び、育ち、活かし、成長につながっていくことで、それぞれの「発展」、「平和」、「持続可能性」や「笑顔」が待つ、〝新″時代を作っていきましょう。
キーワード:「コミュニケーション」「自治体」「生涯学習」「学校」「子育て」「自治体」「企業」「商工会議所」「労働組合」「安全大会」

4.日本で知った幸せの値段 ~幸せになる方程式~
「日本で知った幸せの値段」(講談社)の著者です。スリランカに生まれ、幸せを求めて30年前に7万円と片道切符で来日。新聞奨学生などアルバイトしながら大学通い、経済学博士・大学教授になる。少数言語者への情報発信や地域活性化のための旅館業など社会的企経営を立ち上げる。空手の指導員資格をもつ一方で出家を目指し修行している。おそらく誰よりも幸せなりたいと執着した者が語る、日本の幸せとは何かについて、誰でも参考に出来る幸せになるための方程式とはないかついて語ります。
キーワード:「企業」「自治体」「商工会議所」「コミュニケーション」「経済」「子育て」「学校」

■安全大会
1.グローバル時代の企業安全
2.ヒヤリハットをセレンディピティ(幸運)に変える
3.安全は異文化理解力で決まる!
4.共に笑える職場づくるための他文化理解のすすめ

仕事上の人間関係トラブルやヒューマンエラーによる事故をなくすのに最も必要なのは実は異文化力を鍛えることです。私たちの周りは違いと変化しかなく、それらと正しく関わる日頃の心がけ、習慣や生き方が出来るか否かがで、企業安全はもちろん、組織、家庭や個人の成長、発展や幸せが決まります。ヒヤリアットを、私たちに強く、やさしく、しなやかに、美しく、豊かにもちろん、安全・安心をもとらしてくれるセレンディピティ(幸運)する方法を伝授いたします。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『ブッダと歩く神秘の国 スリランカ』

    出版社: キノブックス
  • 『日本で知った「幸せ」の値段 無一文の留学生が、大学准教授になるまで』

    出版社: 講談社
  • 『日本的経営は海を越えられたか!?―スリランカ日系企業を歩いて、見て、聞いてきました』

    出版社: ふくろう出版

聴講者の声

  • 考えさせられる事がたくさんあった。
  • わかりやすい話でよかった。的を得た話で感動した。多様性、多文化について改めて重要性を認識した。
  • すごく楽しくてわかりやすかった。
  • 話がわかりやすく面白かった。
  • ご自分の経験を通しての話が沢山あり、大変説得力がある内容でした。テーマが良かったし、講師がすばらしい。
  • ためになるしおもしろかった。
  • とても解り易く、話しの構成が聞き易かったです。時間が短く感じられた。内容が深く、聞き易かったからだと感じました。
  • 分かり易く心にすっと届く言葉で語ってくれたので、持ち帰って広げていきたいと思いました。
  • “多様性”がよく分かった。
  • よい話が多くあった。
  • 日本人以外の苦労等ためになった。
  • “アーュ・ポーワン”
  • 外国人から見たいろんな話しや考えを聞く事ができて良かった。

あなたにオススメの講師

Page Top