梁瀬 寛

やなせ ひろし
梁瀬 寛

肩書き
㈱GOBOU 代表取締役
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

デイサービスを経営する傍ら、「大人のための体操のお兄さん」として全国の高齢者施設で体操を教えている、ごぼう先生こと、梁瀬寛さん。ごぼう先生が教える「ごぼう体操」は、 頑張らなくても 椅子に座ったままでもOK! 誰でもできる大人の健康体操で、楽しく・簡単に、健康な心と体が手に入る体操です。介護いらずの健康な身体になりたい人、親の介護に悩んでいる人にオススメしたい講演です。

プロフィール

日本福祉大学卒業。大手鍼灸接骨院の勤務を経て、2014年に“高齢者の笑顔をつくる会社”株式会社GOBOUを創業。喫茶店のようなデイサービス「リハビリカフェ倶楽部」を岡崎市に開設。その一方で、全国各地の介護施設を中心に“大人のための体操のお兄さん”ごぼう先生として健康体操の普及に努める。これまで全国300ヶ所以上、1万人以上と一緒に健康体操を行う。2018年元旦、abemaTVにて、「亀田大毅選手に買ったらお年玉1000万円」に出場。

 主なメディア出演 
NHK「ハートネットTV」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」、TBS「ニュースキャスター」、フジテレビ「めざましテレビ」、時代劇専門チャンネル「健康体操 朝だよ!ごぼう先生」 他多数

主な講演のテーマ

<地域の高齢者・婦人会・敬老会向け>
1. ごぼう先生の健康体操
2. ごぼう先生の介護予防講座
3. 笑顔で楽しむイス体操

<社会福祉協議会・介護職員向け>
1. 体操レクレーションを学ぼう
2. 高齢者の笑顔のつくり方
3. 地域で実践、ごぼう先生のイス体操

イスに座った状態で、楽しむことをゴールに体を動かします。
介護予防の5つのキーワード、
・テクテク (運動)
・モグモグ (食事)
・ワクワク (趣味)
・コツコツ (コミュニティ)
・ドキドキ (期待)
で、日常生活を振り返りながら健康意識を高めて行きます。

カテゴリー

福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル

聴講者の声

  • 楽しい一時をありがとうございました。座ったまま体操はとても楽しく小さい子から誰でも楽しくできると思うと、ワクワク、ドキドキしました。「できない方がよい」と先生が言われたので、やる気が出ました。
  • すごく良かったです。花マルでした。心と体が緩んでにっこりできるお話でした。頭を使わず惰性で過ごす日々を大いに反省。一日を大切にとは思う。新しい朝の始まりですが、大切にしているつもりで一日が過ぎ、その連続です。後期高齢者に差し掛かり、よい勉強になりました。自分らしく生きていきたいです。
  • とても楽しく貴重な時間を過ごさせて頂きました。脳が活性化したような気がします。家でもテレビを見ながら、今日のお話を思い出して、テクテク・モグモグ・ワクワク・コツコツ・ドキドキ・・・声を出し、指を動かして楽しみたいと思います。今日はありがとうございました。
  • 「できない方がいいんです。」なんという優しい言葉でしょう。年を重ね、今までできていたことができなくなっていく情けなさを常日頃感じているだけに、ごぼう先生が「できなくていいんです。できない方がいいんです。」の掛け声が心に響きました。ありがとう。さすが、シニアのアイドルですね。ごぼう先生の本の帯にも「できなくていい!楽しむことが一番大事!」と書かれていました。この言葉を魔法の言葉にして、笑顔の可愛いおばあちゃんになることを決めました。
  • 楽しく日々の生活に必要なことを教えて頂きました。忘れないように生活の一部として長く続けていくことができたらなあと思います。
  • 簗瀬先生、楽しい講座をありがとうございました。手足を動かし、頭を働かせ、声を出すことは心がすっきりしますね。介護の現場で楽しい雰囲気でお仕事をされている姿が目に浮かび、頼もしく、心強いヒントをいろいろ頂きました。
  • 無理なく生活の中に取り入れられる体操、脳トレ、参考になりました。音楽が入ったら音楽療法になりますね。
  • 障害者施設で働いています。表情の大切さも改めて感じました。笑顔で一人一人に接していきたいと思いました。
  • とても楽しく良かったです。デイサービスへボランテイアで訪問に行っています。早速今日のことを取り入れてやってみようと思います。成功するかな?

あなたにオススメの講師

Page Top