小山 久子

こやま ひさこ
小山 久子

肩書き
介護アドバイザー/セミナー講師
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

介護アドバイザー小山久子さんは、介護家族(認知症の母の13年の介護+末期がんの父の在宅介護)としての多くの苦悩と失敗から見つけたアイデアと介護の在り方をお伝えします。介護を特別なことではなく「介護することもされることも人生の1ステージ」と考え「くよくよ介護」を「にこにこ快互」にかえる方法を伝えるセミナーは、涙あり歌あり笑いあり、参加者の共感を得ています!

プロフィール

<メッセージ>
「やりたくない」「されたくない」とまるで「厄介者」のように考えられている「介護」。
しかし、人はみんな生まれて死んでいきます。
その人生の中で必ず、「介護される」側に立つ時間、「介護する」側に立つ時間がやってきます。
その時に互いにその残された時間を心地よく楽しく過ごし最期には
「ありがとうね」 「いえいえどういたしまして。お互い様ですよ」
と言葉を交わせるような、そんな介護をするための心の持ち方と方法をお伝えします。

1978年、兵庫県出身。
神戸女子学院大学 英文学科卒業。日本福祉大学 医療福祉マネージメント学科卒業。
介護する人もされる人も笑顔に、と音楽健康法に基づく介護現場でのレクリエーションの普及をめざすセミナー講師。現場経験も豊富で、歌と演奏、会話、回想を有機的に盛り込むプログラムを1年間に約450回を15年間実施してきた。
2016年よりユーキャンレクリエーション介護士講座の開発に携わった事を機に後進の指導 現場職員への指導に力を入れている。たんに歌を歌うだけでなく、各人の人生に寄り添い、些細なヒントから心を動かす音楽を掘り起すことで、介護される人本来の人格を再発見し、自尊心と敬意の回復につなげている。認知症になった実母を13年間介護した経験を基に介護家族としての目線と現場職員としての目線双方から提案する「くよくよ介護」を「にこにこ快互」にかえる方法を伝えるセミナーは、涙あり歌あり笑いあり、参加者の共感を得ている。また最近は自身が「介護と仕事」をそして「介護と仕事と子育て」を両立させてきたことから「介護が始まる前に準備する事」や「仕事・介護・子育て をうまく乗り切る方法」「女性の輝きはセカンドステージから」 などのセミナーも増えている。

2016.3.5 Almawa 見方百景記事

<実績>
■参加型レクリエーションとして
介護現場では60分1単位のレクリエーションを450回x15年間
行政・地域敬老会・敬老の日集会などでも開催
■講演
岡山県 津山市社会福祉協議会/岐阜県 瑞穂市社会福祉協議会/和歌山県 有田川町教育委員会
兵庫県 稲美町社会福祉協議会/西宮市 社会福祉協議会 津門コミュニティ
日本赤十字社/宇治商工会議所/姫路別所校区/人権擁護大会/JA名古屋女性部総会/滋賀県 老人組合総会/コニカミノルタ/労働組合/JA名古屋ふれあい会/JA福島/介護ケース発表会/尾道市健康講座 他多数

<主な掲載・寄稿>
認知症専門誌 Almama に掲載
読売テレビ ニュース ten 特集「介護現場が変わる」の取材を受け放送される
東洋経済新報社 ウェブサイト ダブルケア について に掲載
女性起業家支援グループ会報誌に「介護が始まる前に考える事」を寄稿
「高齢者とのコミュニケーション」について に寄稿

主な講演のテーマ

  1. 「くよくよ介護」を「にこにこ快互」に変える方法
  2. 介護はあなたの老いのリハーサル
  3. 介護は人生の宝探し
  4. 歌って 笑って ハッピーライフ
  5. 脳トレ 筋トレ 歌っトレ
  6. 人生で大切なことはすべて高齢者から学んだ
  7. 明日から困らない介護レクリエーション
  8. 介護はある日突然やってくる ~介護家族 ABC
  9. 介護で仕事をやめないで ~介護 仕事 子育て すべてが 私です~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top