山脇 由貴子

やまわき ゆきこ
山脇 由貴子

肩書き
女性の生き方アドバイザー
家族問題カウンセラー
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

19年間児童相談所で務め子どもの問題を扱う中で見えてきたのは家族全体の問題、ひいては多くの女性の問題でした。女性が幸せになることこそが、子どもの幸せにもつながると感じた山脇由貴子さんは児童相談所を退職し、心のエステの為のサロンを開設。
2006年には、現代のいじめ問題の核心をついた『教室の悪魔』が15万部のベストセラーとなり、教師・保護者・教育委員会などから相談、講演依頼が後を絶たない。

プロフィール

東京都出身。横浜市立大学心理学専攻卒。
東京都に心理職として入都。都内児童相談所に心理の専門家として19年間勤務。2006年現代のいじめ問題の核心をついた『教室の悪魔』(ポプラ社)がベストセラーとなり、以後全国的に講演活動を行う。ベトナム政府からの依頼でベトナムにて講演。

受賞歴

DVD『いじめは見えない!!』(日本経済出版社)監修。日本視聴覚協会 優秀賞受賞

主なメディア出演

NHK「ニュース深読み」「クローズアップ現代」「朝イチ」、NHK Eテレ「となりの子育て」
フジテレビ「スマップスマップ特別編~みんなナマカだ!~」(香取慎吾、草薙剛と共演)
「みんなのニュース」、TBS「ビビッと」他多数

主な著書

告発 児童相談所が子供を殺す(文春新書)
震える学校 不信地獄「いじめ社会」を打ち破るために(ポプラ社)
職場であなたを困らせる病的人格者たち(講談社)
友だち不信社会「となりのウワサ」が怖い(PHP研究所)
大人はウザい!(筑摩書房)
教室の悪魔 ―見えない「いじめ」を解決するために(ポプラ社) 他多数

主な講演のテーマ

1. 男と女の心理学
2. 児童虐待の実態とその対応について
3. 不幸な結婚、辛い子育てをしない為に

なんとなく、消えない「不安」や「迷い」。その原因は、あなたの心の中に、必ずあります。
…頑張りすぎていませんか?
…怒りたい時、泣きたい時に我慢はしていませんか?
…友だち付き合い、無理してませんか?

多くの女性に幸せになってもらいたい―
あなたにとっての本当の幸せを、心理の力で見つけます。
※事例を交えて、夫婦関係の在り方についてもお話しています。

◆講演コンセプト

カテゴリー

ジェンダー・多様性・平等
ビジネス
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために』

    ポプラ社
  • 『震える学校』

    ポプラ社
  • 『告発 児童相談所が子供を殺す』

    文藝春秋

聴講者の声

  • 元気をもらい、そして愛の大切さをあらためて認識しました。
  • 闇を感じざるをえないお話が多く心が苦しくなったが、確かにそうだろうなと感じる現実であった。しかし、最後には愛情のお話をいただき、自身がこれまで大切に励みにしていたことに対して背中を押していただき、これからの学校生活や家庭生活に活力をえることができた。分かりやすく興味深いお話をありがとうございました。
  • 「見えない」いじめにどう対応していくのか、具体的な事例をあげて説明してくださり、複雑化し対応に苦慮する問題にもイメージをもつことができました。「被害者以外は全員加害者」「非行の95%は愛情の器の問題」など短く強い言葉が印象に残りました。
  • いろいろな体験に基づいたお話は、自分の学校の子どもたちを思い浮かべながら聴くことができ、あらためて子どもたちに対する愛情を大切に、教育活動を進めていきたいと強く思いました。ありがとうございました。
  • 1時間半あっという間でした。全て論理立てて説明していただき、大変分かりやすかったです。全てのクレームはコミュニケーション不足から生ずる通過点の人でも愛情を与えることに意味があるということころが特に印象に残りました。本日は本当にありがとうございました。

あなたにオススメの講師

Page Top