小崎 恭弘

こざき やすひろ
小崎 恭弘

肩書き
大阪教育大学教育学部 准教授
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

著書「男の子の本当に響く叱り方・ほめ方」が、子育て関係本としては8.9万部の大ヒットさせた大阪教育大学教育学部准教授の小崎恭弘氏。「パパの子育て家族の子育て」「育児休暇を取った男性のある物語」等をテーマにした講演のほか専門職研修も行う。

プロフィール

1968年 兵庫県生まれ。
1997年 武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科終了。
2009年 関西学院大学大学院人間福祉研究科後期博士課程満期退学。
1991年 西宮市市役所初の男性保母として採用・市役所退職後、神戸常盤大学を経て、現職に至る。保育士、幼稚園教諭、小学校教員、家庭科教員の養成に携わる。
兵庫県西宮市初の男性保育士として施設・保育所に12年勤務。三人の男の子それぞれに育児休暇を取得。それらの体験を持ちに「父親の育児支援」研究を始める。男性の育児の視点より、ワークライフバランス、パートナーシップ、イクメン等について、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等にて積極的に発信を行う。専門は、保育学、児童福祉学、子育て支援など。

<主な役職>
NPOファザーリングジャパン顧問/NPOファザーリング・ジャパン関西理事・顧問/兵庫県子ども子育て会議委員/兵庫県男女共同参画委員/尼崎市コミュニティーワーカースーパーバイザー等

<主な社会活動>
兵庫県社会福祉士会会員 / 兵庫県生涯教育学習センター講師 / 兵庫県青少年本部セミナー講師 / 兵庫県企業セミナー講師 / 宝塚市立高司児童館運営委員会 / 兵庫県子ども未来プラン推進委員 / NPO法人ファザーリング・ジャパン理事 / 共育ステーション「つくるところ」保育アドバイザー / NPO法人関西子ども文化協会理事 / 兵庫県ビジョン委員会 / 尼崎市コミュニティーワーカーアドバイザー / 各種女性センター登録講師 / 各行政機関登録講師

<主な講演実績>
全国民生委員大会 / 全国母子衛生協会 / 宮城県労働部 / 石川県小松市 / 鳥取県子どもの国 / 島根県松江市 / 北海道名寄療育センター / 福島県労働部 / 高知県須崎市 / 徳島県保健部 / 鳥取県21世紀職業財団 / 京都府女性センター / 大阪市 / 兵庫県女性センター / 兵庫県生涯学習センター / 三重県人権教育 / 全国メンズフェスティバルワークショップ / 甲南女子大学 / 阪神県民局 / 西宮市 / 宝塚市 / 芦屋市 / 研修会 / 公民館 / 男女共同参画センター / 女性センター / 高等学校 / 中学校 / 小学校 / 男女共生教育PTA / 保育所保護者会 / 大阪ガス / 富士通流通 / 連合兵庫 / 国税局 / 朝日新聞 / NTT労組 / 大阪市市役所 / ダイハツ / 花王 / ソフトバンク / 東京都ワークライフバランスフォーラム等において、講演、パネラー、ワークショップなどで積極的に発言を行う。

<主な著書>
『男の子の本当に響く叱り方・ほめ方」』(すばる舎)
子育て関係本として8.9万部の大ヒット。Amazonランキングで一時2位になる。

『育児父さんの成長日誌』『男性保育士物語』『家族支援論』『ワークライフバランス入門』
『パパぢから検定』『パパルール』『わが家の子育てパパしだい』『思春期男子の育て方』
『男の子にちゃんと伝わる しつけ&言葉かけ』『うちの息子ってヘンですか?』
『図解 ウチの男子とパパの「??」がスッキリする本 』『男の子の育てかた』
『子どもの力を伸ばす!! じょうずな叱り方・ほめ方』『きょうだいの育て方』
『お母さんのためのくじけない男の子の育て方』 他多数

主な講演のテーマ

1.パパの子育て家族の子育て~みんなで子育てを考えましょう~
2.二人で子育て パートナーと一緒に
3.お父さんの子育て奮闘記
4.ワークライフバランス これからの時代の男性の生き方
5.男性保育士物語 女性の中で生きる男性
6.育児休暇を取った男性のある物語

<専門職研修>
1.保護者の声を聞くために
2.子どもの好きな人・場所 豊かな環境を作る
3.子どもとのかかわりの在り方
4.一時保育と子どもとのかかわり

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方 』

    出版社: すばる舎
  • 『お母さんのための「くじけない」男の子の育て方』

    出版社: 集英社
  • 『うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本 』

    出版社: SBクリエイティブ

あなたにオススメの講師

Page Top