落合 恵子

おちあい けいこ
落合 恵子

肩書き
作家
東京家政大学特任教授
出身・ゆかりの地
栃木県

この講師のここがおすすめ

連続講座「原発とエネルギーを学ぶ朝の教室」を落合恵子主宰クレヨンハウスではじめられ、原発問題についての勉強に取り組む一方、親の介護の経験談「母に歌う子守唄…わたしの介護日誌」や「心豊かに自分を生きる」等講演活動も活発にされています。

>落合恵子さん講演レポートはこちら

プロフィール

執筆と並行して、東京青山、大阪江坂に子どもの本の専門店クレヨンハウス、女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウス、オーガニックレストランなどを主宰。月刊「クーヨン」発行人。
社会構造的に「声の小さい側」の「声」をテーマに書き、語り、行動をしている。

 主な受賞歴 
1976年 日本文藝大賞女流文学賞
1987年 日本ジャーナリスト協会奨励賞
1987年   ギャラクシー奨励賞
1988年 日本婦人放送者懇談会賞
1994年 絵本「そらをとんだたまごやき」第41回産経児童出版文化賞
1998年  翻訳「子どもたちの戦争」第45回産経児童出版文化大賞
1998年 エイボン女性年度賞功績賞受賞

 主なメディア出演 
NHK福祉チャンネル「ニッポン リハビリ応援団」司会進行
NHKラジオ日曜朝「落合恵子の絵本の時間」構成と語り
朝日新聞社土曜日朝「積極的その日暮らし」など 新聞雑誌の連載多数。

 主な著書 
質問 老いることはいやですか?(朝日新聞出版)
おとなの始末(集英社新書)
てんつく怒髪(岩波書店)積極的その日暮らし(朝日新聞社出版部)
自分を抱きしめてあげたい日に(集英社新書)
『わたし」は『わたし』になっていく(東京新聞出版部) 他多数

主な講演のテーマ

1. 今人権から~ひとりひとりが「主役」の社会へ
2. いのちの感受性
3. 私が子ども教育に関心がある理由(わけ)
4. いま女たちは、そして男は…男女共同参画社会に向けて
5. 心豊かに自分を生きる
6. こころの居場所
7. 平和だからこそ守られる地域の絆
8. 母に歌う子守唄…わたしの介護日誌~介護するひと、されるひと、医療かかわるひとへ~(7年の介護経験から)

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『絵本処方箋』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『おとなの始末』

    出版社: 集英社
  • 『積極的その日暮らし』

    出版社: 朝日新聞出版

あなたにオススメの講師

Page Top