中澤 まゆみ

なかざわ まゆみ
中澤 まゆみ

肩書き
ノンフィクション・ライター
出身・ゆかりの地
長野県

この講師のここがおすすめ

ノンフィクションライター中澤まゆみさんは、徹底的な現場の取材と情報収集をもとに、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」をモットーに、講演では「老後の不安を安心に変える知恵と工夫」や終の住みか等について伝えます。

“ブログ”『中澤まゆみさん×村山澄江さん「おひとりさまの認知症と成年後見制度」開催』講演レポートはこちら
“ブログ”「終活を考える ~講師ノン・フィクションライター 中澤まゆみさん~」講演レポートはこちら

プロフィール

1949年長野県生まれ。
雑誌編集者を経てフリーランスに。女性・移民・マイノリティをテーマにルポルタージュなどを書くかたわら、アジア、アフリカ、アメリカに取材。介護をきっかけに、医療と介護、福祉分野への関心を深めた。著書に『ユリ―日系二世ハーレムに生きる』(文芸春秋)、『おひとりさまの「法律」』、『男おひとりさま術』(いずれも法研)、『おひとりさまの終活』(三省堂)、『おひとりさまでも最期まで在宅』(築地書館)など多数。最新刊は『おひとりさまの終の住みか』(築地書館)。取材執筆のかたわら全国で講演活動を続け、在住の世田谷区では住民目線でシンポジウムや講座を開催。住民を含めた多職種連携のコミュニティカフェも主宰する。
東京新聞でコラム「介護、転ばぬ先に」を連載中。
最近では司法書士の村山澄江さんと、介護、福祉、認知症、成年後見人をテーマとしたシンポジウムなどの出演でも好評を得ている。

<講演実績>
埼玉県三郷市/関東シニアライフ協会・シンポジウム(東京)/埼玉県三郷市/クラブツーリズム文化祭(新宿) クラブツーリズム/奈良神戸市福祉大学/ハスカップ市民講座(飯田橋)/山形県天童市/福祉マンションを考える会(飯田橋) 藤沢市湘南台公民館/山形県天童市/岐阜県瑞浪市/葬祭業組合シンポジウム(港区)/福祉マンションを考える会・市民講座(飯田橋) 川崎市社会福祉協議会/東京都立川市/長野県栄村/藤沢市遠藤公民館/クラブツーリズム/大田区山王町内会/長野県長和町 朝日新聞厚生文化事業団(大阪)/北区王子/栃木県前橋市/岡山県総社市/埼玉県三郷市/神奈川県小田原市/石川県七尾市/東近江市医師会/朝日新聞厚生文化事業団(東京)/長野県医師会/京都/東村山/前橋市社会福祉協議会/山梨県富士市保健所/大津市保健所 長野県栄村役場/大田区医師会/新潟市医師会/上智大学/山形県天童市/名古屋市日本看護協会/川崎市社会福祉協議会 ほか多数

<主なメディア出演>
NHKラジオ「ラジオ深夜便」ゲスト出演、NHKテレビ「生活ほっとモーニング」ゲスト出演
NHK・Eテレ「ハートネットTV」ゲスト出演、NHKテレビ「おはよう日本」ゲスト出演

<主な著書>
『ユリ―日系二世NYハーレムに生きる』
『おひとりさまの「法律」』『男おひとりさま術』
『おひとりさまの終活―自分らしい老後と最期の準備』
『おひとりさまの「法律」と「お金」』
『おひとりさまでも最期まで在宅』 『おひとりさまの終の住みか』 ほか多数
東京新聞コラム「介護、転ばぬ先に」を連載

主な講演のテーマ

1. ひとり一人の老後と最期の準備
2. おひとりさまの老後の備えとは
3. いつか来る! おひとりさまに備える知恵と工夫
4. 人生100年時代のセーフティネットづくり
5. おひとりさまの時代をどう生きる?
6. 自分らしい終末期を生きる
7. 怖がらないで、認知症(認知症の人を8年間介護している体験をもとに、わかりやすくお話します。)
8. おひとりさまでも最期まで在宅(在宅医療と医療・介護連携について)
9. おひとりさまの終の住みか(自宅・高齢者住宅・施設など高齢期の住まい方について)
10. 認知症と成年後見制度(司法書士の村山澄江さんとのコンビで、認知症と成年後見について)
11. 高齢社会の未来は「住民力」で(最後まで安心して暮らすための地域のちからのつけ方、
助け合いのあり方について、地域包括ケアの説明とともに)

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『おひとりさまでも最期まで在宅』

    出版社: 築地書館
  • 『おひとりさまの終の住みか』

    出版社: 築地書館
  • 『おひとりさまの介護はじめ55話 (親と自分の在宅ケア・終活10か条)』

    出版社: 築地書館

聴講者の声

【中澤まゆみx村山澄江x社会福祉士 講演と鼎談】

  • 資料が簡潔にまとめてあり分りやすかった。鼎談では出された質問に具体的に答えていただき、とても良い企画だと思いました。
  • 聞きやすく、又、わかりやすい講演でした。やはり体験からくる事例は心を打ちました。もっと沢山の方に聞いてほしかった。
  • 任意後見人にこれからなってほしいと言われました。どうして良いのかわからなかったので、今日の講演会はとてもわかりやすく、ありがたく思いました。
  • 休憩時間を活用した〝質問用紙”の回収を実施したことがよかったです!
  • とても分かりやすい説明と、質問に答えてくれて理解しやすかったです。
  • 最後の鼎談は、具体的でとても勉強になりました。
  • 成年後見制度の流れが理解できた。
  • 鼎談で質問に答えて下さったのが、わかりやすくてよかった。
  • 非常に重要な問題であり、有意義な講演会であった。
  • 大変勉強になりました。後見人制度を考えている家族に助言が少し出来るようになり、感謝します。
  • 知識として理解しておくべき重要なお話でした。
  • 制度のしくみが良く解った。
  • 皆さんからの質問に合わせ、回答する方法はよかった。中澤先生が、アドリブ(?)で質問をふり、話がふくらみいろいろ勉強になった。
  • 具体的な話がきけて、今後の仕事に生かしていけそうに感じた。
  • 実際のイメージが把握できました。
  • 言葉として「成年後見制度」は知っていたが、講演を聞いて内容や手続の仕方等がよくわかった。
  • 言葉としては知っていた「成年後見人」制度について、学習することができて良かった。
  • 判断能力がある内に将来の事について考え、安心して話せる人を決めておく事必要であると分った。
  • 実際に自分が成年後見人になる事の難しさを感じた。鼎談の中で更に具体的な話がでて更に理解を深められた。
  • 実際に後見人をされている方々のお話なので、具体的でわかりやすかった。どちらの先生のお話も‟ぶっちゃけ”が多く、親しみやすい内容だった。
  • 中澤先生のしきりはお上手で、お2人の回答、説明も明確にまとまっていて聞きやすかった。
  • 近所を見てもひとりぐらしの老人が多い中、成年後見制度についてしっかり理解し、アドバイスできるようになりたい。
  • 各地区の民児協単位にも学習会を開く必要を感じた。
  • 身寄りのない人、身寄りがあっても家族と音信不通の人などが増え続けている現在、後見制度、後見人は、なくてはならないものだが、当然のことながら、後見人になるまでの手続きがはんざつで、利用するにはハードルが高いなー(めんどうくさい)と思いました。
  • 内容の濃い実のある講演会でした。
  • 自分自身も急な病気(意識不明)などにそなえ、希望する医療を明示しておく、保険等連絡先をまとめておくなど、周囲の人をできるだけ困らせないような心がまえや準備をしておく必要があると思った。
  • 私が、日々生活している中で、被後見人に関して感じることは、地域づくりの大切さです。

あなたにオススメの講師

Page Top