樋口 恵子

ひぐち けいこ
樋口 恵子

肩書き
「高齢社会をよくする女性の会」理事長
東京家政大学名誉教授
評論家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

高齢社会をよくする女性の会理事長・樋口恵子さん。1989年の流行語大賞受賞「濡れ落ち葉」を紹介。講演では、「人生百年時代 すべての人に居場所と出番」などを歯切れ良く言葉巧みに話す。観客を爆笑の渦に巻き込み元気をもらえる講演は、好評を博す内容だ。

プロフィール

1932年、東京生まれ。1956年3月、東京大学文学部美学美術史学科卒業・東京大学新聞研究所本科修了。その後、時事通信社・学習研究社・キヤノン株式会社を経て、評論活動に入る。
2003年3月まで東京家政大学教授・「女性と仕事の未来館」初代館長を務める。現在、評論家・NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長、東京家政大学名誉教授・同大学女性未来研究所長・「高齢社会NGO連携協議会」代表(複数代表制)として活動する。

新聞記事

<主な役職>
地方分権推進委員会委員、総理府男女共同参画審議会委員、内閣府男女共同参画会議議員、「仕事と子育て両立支援専門調査会」会長、厚生労働省社会保障審議会委員、「社会保障国民会議」メンバーなどを歴任。現在、社会保障審議会医療保険部会委員、消費者庁参与

<主な著書>
『人生100年時代への船出』(ミネルヴァ書房)『大介護時代を生きる』(中央法規)最新刊
『おひとりシニアのよろず人性相談』(主婦の友社)『女の子の育て方』(文化出版局)
『老い方の上手な人下手な人』『女の人生関係学』『女の人生七転び八起き』『こんなふうに老いたい』
『生き上手は老い上手』『樋口恵子の元気が出る老い方』『女 一生の働き方』(海竜社)
『私の老い構え』『ローバは一日にして成らず』『働きながら老人介護』
『過ぎてしまえば短い一生』『五十代、女ざかりと男の自立』『午後咲く花』(文化出版局)
『育児は育自、教育は共育』『他人が見える教育』(明治図書)、『女と男の老友学』(労働旬報社)
『共働きの子育て』(フレーベル館)『高齢化社会へのパスポート』(草土文化)
『女の人生何時でもスタートライン』(有斐閣)、『サザエさんからいじわるばあさんへ』(ドメス出版)
『私は13歳だった』(筑摩書房) ※第43回全国高校生感想文コンクール課題図書
『盛年』~老いてますます~(学陽書房)、『ワガママなバアサンになって楽しく生きる』(大和書房)
『チャレンジ』~70歳の熱き挑戦~ ※都知事選蛮勇の記(グラフ社)
『祖母力』~祖母力が日本の未来を救う!?~(新水社)
『対談 家族探究 -樋口恵子と考える日本の幸福―』(中央法規)
『女はなぜ子どもを産まないのか』(労働旬報社)、『花婿学校』、翻訳本『沈黙の季節』ゲイル・シーヒー著(三省堂)、『70代三人娘、元気の秘密』(講談社) その他多数

主な講演のテーマ

1.人生百年時代 すべての人に居場所と出番
2.無縁社会は怖くない みんなで創る新たなご縁
3.人生100年時代への船出 無縁社会から有援社会へ
4.人生百年 生き上手は老い上手
5.女性の新しい生き方
6.これからの女と男のよい関係
7.これからの社会をになうシニア世代の生き方について
8.樋口恵子の元気が出る老い方
9.美しい老い方教えます
10.高齢社会と女性
11.今、何が求められているか ~幸せな生き方一緒に考えてみませんか~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『サザエさんからいじわるばあさんへ 女・子どもの生活史』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『なりたい自分になろう! 人生を切りひらいた女性たち2経済・教育・社会編』

    出版社: 教育画劇
  • 『介護 老いと向き合って:大切な人のいのちに寄り添う26編』

    出版社: ミネルヴァ書房

あなたにオススメの講師

Page Top