滝村 雅晴

たきむら まさはる
滝村 雅晴

肩書き
パパ料理研究家
株式会社ビストロパパ代表取締役
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

滝村雅晴さんは、「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中作りに奮闘する料理研究家。親が子供を殺したり、子供が親を殺したり、たくさんの悩める家族や子供たちがいる現代において、お父さんの家庭での存在について、お話して頂けます。

プロフィール

1970年生まれ、 京都府出身。立命館大学産業社会学部卒業。
2009年 4月、株式会社ビストロパパを設立。

              日本で唯一の「パパ料理研究家」として、自らセルフブランディングを行い、
              起業後1カ月以内に新聞/ ラジオ等各種メディアでの連載、講演等行う。

2010年 3月には、NHK教育テレビに「パパ料理研究家」として番組出演。
現在、パパ料理研究家の活動以外に、広報PRコンサルタントとして企業や個人に、広報PRの指導やサポートを行っている。ブログ「ビストロパパ ~パパ料理のススメ~」は4年以上毎日連続更新中。妻と2人姉妹のパパ。

 メッセージ 
私は、唯一の「パパ料理研究家」として、世の中を豊かにしていくための活動および事業を展開しています。昨今、親が子供を殺したり、子供が親を殺したり、たくさんの悩める家族や子供たちがいます。その背景に、「父親」という姿がどうしても見えません。家族が幸せになるかどうかは、とても父親の役割が大きいと思います。
今、日本のお父さんたちが、不況で仕事が大変なことも重なり、とても元気がないのではないでしょうか。21
世紀、100年に1度の不況といわれる世の中を、元気にするのは、「笑っている父親」だと思っています。元気なお父さんが、家族を盛り上げ、家事、育児を母親と同じように共同で行い、母親が社会で再び活動することになり、男女ともに自らの夢をかなえられる世の中こそ「元気な日本」ではないでしょうか。笑顔で、夢をもった、お父さん、お母さんがいてこそ、その背中を見て、大人になることを夢見る子供たちが育ちます。そんな、元気で「笑っている」父親をたくさん増やすための方法を、私は「料理」を通じて行っていきます。たくさんのお父さんが、家族の笑顔を見たくて、料理をする、気がつけば、食卓は笑い声であふれている、そうなれば、どんな不況でも、どんなに仕事が大変でも、毎日の人生を楽しむ、豊かな家族と社会になっていくのではと思っています。「おふくろの味」ならぬ「おやじの味」を文化として残していきます。本当に、パパ料理を通して世の中を豊かにしようと思っています。 「すべてはたった一人の本気からはじまります」

 主な著書 
家族と食べたい パパごはん(マガジンハウス)より出版
パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け(赤ちゃんとママ社)

主な講演のテーマ

1. お父さんから始まるワークライフバランス
2. パパの料理を通して家庭の幸せを創造する
3. 体調が悪い時の食事、作ってもらえますか?
4. 今までに考えていたもの「カタチ」にしませんか!
5. おやじの味を文化に

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル

あなたにオススメの講師

Page Top