遙 洋子

はるか ようこ
遙 洋子

肩書き
タレント/作家
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

自分の生き方、あり方についての考えには、誰にも負けないパワーと説得力があり、持ち前の大阪弁を生かした喋りでおなじみのタレント、作家の遙洋子さん。自らの父親の介護に携わった経験からキャリアウーマンが抱える現実、高齢者介護への新たな視点などを講演。

>遙 洋子さん講演レポートはこちら

プロフィール

大阪府出身・武庫川女子大学短期大学部国文科卒業
1986年、読売テレビ「ときめきタイムリー」で上岡龍太郎氏と共に司会を務め、本格的なタレント活動を開始。以降「11PM」で藤本義一氏のアシスタントなど、活動の幅を広める。そのかたわら、1997年から3年間、東京大学・上野千鶴子教授のもとでフェミニズム社会学を師事。その集大成として著した『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』がベストセラーに。また、自らの父親の介護に携わった経験から著した『介護と恋愛』では、キャリアウーマンが抱える現実を浮き彫りにし、高齢者介護への新たな視点も築く。その他、シングル女性の生き方を描いた『結婚しません。』は、日本図書館協会選定図書に選ばれる。また、15年間のタイガース番組の出演から著した『野球は阪神 私は独身』など。自分の生き方、あり方についての考えには、誰にも負けないパワーと説得力があり、持ち前の大阪弁を生かした喋りでおなじみのタレント、そして作家。
2006年秋には、自作『介護と恋愛』の脚本を手がけ、NHKでドラマ化。芸術祭参加ドラマに選ばれる。『日経ビジネス』(日経BP社)でコラム“働く女性の眼”を4年間連載後、日経ビジネスオンラインで、『遙なるコンシェルジュ』も含め、2019年まで20年間の連載コラムを執筆。働く男女に熱いエールを送り続けてきた。母親の看取りから描いた『死にゆく者の礼儀』、女性の職場進出に戸惑う管理職に向けた『気難しい女性との上手な接し方』。近著に『私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ』がある。

 主な著書 
<筑摩書房> 『私はこうしてストーカーに殺されずに済んだ』
       『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』『介護と恋愛』『美女の不幸』
       『主婦たちのオーレ!』『死にゆく者の礼儀』
<講談社>  『結婚しません。』『ハイブリッド・ウーマン』
<朝日新聞社>『働く女は敵ばかり』『働く女は腕次第』『気難しい女性との上手な接し方』
<青春出版社>『野球は阪神 私は独身』
<日経BP社>『女の敵』
<法研>   『女ともだち』

主な講演のテーマ

<男女共同参画>
1. 今より少し自由に生きられるための秘訣
2. 皆が輝いて生きるために
タレントから作家まで、それらの職業から見る独自の人生観を語る。女性学の視点も取り入れながら、男女共にどうしたら自由に輝く人生を送ることができるかを提言。自分らしく働くということや、自分らしい人生の選択について、その秘訣をお届けします。

<仕事・人材育成>
1. さらにもっと力いっぱい、女子力UP
2. 好かれる上司になりませんか?
『日経ビジネス』のコラム連載をベースに、著者が経験した男性上司の下で働く女性ならではの視点を通じ、これからの時代、企業力UPには女子力がかかせず、そのためには、上司の度量が問われるという話をいくつもの例を紹介しつつ、提言していく。

<福祉・人権>
1. 「愛だけでは介護できない」~あなたと私の笑顔のために~
認知症を患った高齢の父と、寝たきりが長かった母の介護体験から、現代の介護の抱える問題を提起。家族とはなにか。夫婦とは。介護に正解があるとしたら? 実は、介護に抱く神話からの脱出にこそ、その答えがあった。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『私はこうしてストーカーに殺されずにすんだ』

    出版社: 筑摩書房
  • 『気難しい女性との上手な接し方 仕事がスムーズにいく24のルール』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』

    出版社: 筑摩書房

あなたにオススメの講師

Page Top