國森 康弘

くにもり やすひろ
國森 康弘

肩書き
写真家
ジャーナリスト
出身・ゆかりの地
滋賀県

この講師のここがおすすめ

写真家 國森康弘さんの講演では、東日本大震災の被災地から世界各地の紛争地、国内外各地での在宅医療現場でのあたたかな看取り、みなが安心して生き切ることのできるインクルーシブな地域づくりなど、数百枚の写真スライドで命の有限性と継承性について語ります。

プロフィール

1974 年生まれ。京都大経済学研究科修士号、英カーディフ大ジャーナリズム学部修士号。新聞記者を経てイラク戦争を機に独立。イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ブルキナファソ、ケニア、カンボジアなどの紛争地や経済困窮地域を回り、国内では、戦争体験者や野宿労働者、東日本大震災被災者たちの取材を重ねてきた。命の有限性と継承性がテーマ。近年では滋賀県東近江市永源寺地域をはじめ滋賀や東北被災地、東京などで看取り、在宅医療、地域包括ケアの撮影に力を入れている。

永源寺地域の写真絵本シリーズ『いのちつぐ「みとりびと」第1集』(農文協、4巻)で2012年度けんぶち絵本の里大賞、また国際児童図書評議会(IBBY)の2017年版「IBBY障害児図書資料センター推薦図書」選出。その他、2011 年度上野彦馬賞グランプリ、コニカミノルタ・フォトプレミオ2010、ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009 日本版優秀賞など受賞。

他の著書に、東京を舞台にした『いのちつぐ「みとりびと」第3集』(4巻、2017年3月)、東北被災地の『いのちつぐ「みとりびと」第2集』(4巻)や『ご飯が食べられなくなったらどうしますか? ~ 永源寺の地域まるごとケア』(農文協、花戸貴司医師との共著、2017年生協総研賞受賞)、『アンネのバラ~40年間つないできた平和のバトン』(講談社)、『家族を看取る』(平凡社)、『証言 沖縄戦の日本兵』(岩波書店)、『3・11 メルトダウン』(凱風社、共著)、『TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集』(第三書館、共著)、『子ども・平和・未来 21 世紀の紛争』(岩崎書店、共著全5巻)などがある。

NHKの「おはよう日本」「ハートネットTV」「ラジオ深夜便」、TBS「Nスタ」などに出演。

 主な受賞歴 
2012年度けんぶち絵本の里 大賞受賞
滋賀・永源寺地域を舞台にした写真絵本シリーズ
『いのちつぐ「みとりびと」第1集』(農山漁村文化協会)
2011年度上野彦馬賞グランプリ、コニカミノルタ・フォトプレミオ2010
ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009 日本版優秀賞 他

 主な著書 
著書
いのちつぐ「みとりびと」第2集(農山漁村文化協会)
アンネのバラ~40年間つないできた平和のバトン(講談社)
家族を看取る(平凡社)
証言 沖縄戦の日本兵(岩波書店)

共著
ご飯が食べられなくなったらどうしますか?~ 永源寺の地域まるごとケア(農山漁村文化協会)
3・11 メルトダウン(凱風社)
TSUNAMI3・11: 東日本大震災記録写真集(第三書館)
子ども・平和・未来 21 世紀の紛争(岩崎書店) 他多数

主な講演のテーマ

1. 写真が語る、いのちのバトンリレー 〜 地域で看取りを考える
2. 写真講演 いのちをつなぐということ 〜 被災地、紛争地、在宅看取りの現場に想う

東日本大震災の被災地から世界各地の紛争地、そして国内外各地での在宅医療現場でのあたたかな看取り、みなが安心して生き切ることのできるインクルーシブな地域づくりなど、数百枚の写真スライドで、命の有限性と継承性について写真と言葉で語る講演です。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『いのちつぐ「みとりびと」(全4巻)』

    出版社: 農山漁村文化協会
  • 『ご飯が食べられなくなったらどうしますか?』

    出版社: 農山漁村文化協会
  • 『アンネのバラ 40年間つないできた平和のバトン』

    出版社: 講談社

あなたにオススメの講師

Page Top