玉城 ちはる

たまき ちはる
玉城 ちはる

肩書き
シンガーソングライター
ホストマザー
出身・ゆかりの地
広島県

この講師のここがおすすめ

シンガーソングライター・玉城ちはるさんは、「自身にできる社会貢献」としてアジア地域の留学生支援活動「ホストマザー」を10年間継続。2014年にこの活動が認められ、公益財団法人日本ユースリーダー協会第5回「若者力大賞ユースリーダー賞」を受賞されました。現在、ホストマザーの経験を生かし、全国で「命の参観日」という講演を多数実施しています。
講演では、命の大切さ、生きることの喜び、違いを認め合ってうことの大切さを、トークと歌を交えて楽しくお伝えします。誰もが笑顔になって生きていきやすい社会をつくっていくためのきっかけとなること間違いなしの内容です!

プロフィール

1980年生まれ。広島県出身。大学進学時に父が自殺で他界し、進学を断念。
このことがその後の人生に大きな影響をもたらす。19歳で上京、音楽や芸能活動を始める。24歳の時偶然の出会いから中国人留学生の面倒をみることになる。その後「自身に出来る社会貢献」としてアジア地域の留学生支援活動「ホストマザー」を10年間継続、36名の留学生を送り出し、その模がNTV系「24時間テレビ」やNHKなどで取り上げられる。20141月この10年間の「ホストマザー」の活動が認められ、公益財団法人日本ユースリーダー協会第5回「若者力大賞~ユースリーダー賞~」を受賞。現在、ホストマザーの経験を生かし全国の小中学校・高校・大学にて「命の参観日」という講演を多数行っている。
また、広島出身という事もあり平和活動への意識が高く、2009年自らが理事を務める「一般社団法人Each」」を設立。広島・長崎を中心に平和イベントやボランティア活動を行っている。さらに「自殺防止」「異文化コミュニケーション」「世界平和」をテーマに人権講演に呼ばれることも多い。2011年から広島安田女子大学にて非常勤講師(人間論)を担当している。
執筆活動にも積極的で、2012年には自身初となる『エッセー集~風になれば~』(本分社刊)を発売。
2015年8月には、自他ともに認める無類の餃子好きという事で、女性目線による餃子愛の詰った餃子店ガイドブック+α『餃子女子』(ラトルズ刊)を発売。ベストセラーになる。読むと餃子が食べたくなる!と話題になりAmazonランキング(8/26付)レストランガイド1位を獲得。2014924日初のフルアルバム『私は生きてる』にてテイチクエンタテインメントタクミノートよりメジャーデビュー。20184月初のBEST盤『笑って泣いて、またわらう』リリース。
2016年から始めた学校での講演「命の参観日」は2年強で30校を超えた!口コミだけで全国に広がり、玉城のライフワークとなっている。

 主なメディア出演 
日本テレビ「ヒルナンデス!」、フジテレビ「ノンストップ」、TBS「王様のブランチ」、リクルート メシ通、日経MJ、東京カレンダー 他多数

主な講演のテーマ

『命の参観日』

これまでに36名の留学生のホストマザーを務め、国境を越えた心の交流、さらに自死遺児である自分と向き合い、同じようにさまざまな境遇や問題を抱えた若者たちと生きてきた体験を交え、かけがえのない「いのち」について皆さんとともに考えます

カテゴリー

人権啓発
教育・学校・PTA
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top