河瀨 直美

かわせ なおみ
河瀨 直美

肩書き
映画作家
出身・ゆかりの地
奈良県

この講師のここがおすすめ

映画作家の河瀨直美さんは、大阪写真(現ビジュアルアーツ)専門学校映画科卒業後、劇場映画デビュー作「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭新人監督賞を史上最年少受賞。講演では、「大切なのは人の愛」とし世界と繋がる映画表現と制作への想いを語られます。

“ブログ”「京都府内にて映画作家・河瀨 直美さんの講演会を開催!」講演レポートはこちら

プロフィール

生まれ育った奈良で映画を創り続ける。
1997年劇場映画デビュー作「萌の朱雀(もえのすざく)」で、カンヌ国際映画祭カメラド−ル(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年『殯の森(もがりのもり)』で、審査員特別大賞グランプリを受賞。
2009年には、カンヌ国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を受賞し、2013年には日本人監督として初めて審査員を務めた。
2015年1月、フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を叙勲。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続け、「なら国際映画祭」ではエグゼクティブディレクターとして奔走中。

映画『あん』は大ヒットを記録。

<主なメディア出演>
「αステーションFM京都」(DJとして、奈良と河瀬監督の情報発信)
「UNDER THE TREES」
Nippon Archives 「美しき日本」シリーズ

主な講演のテーマ

1. 世界と繋がる映画表現と制作への想い -大切なことは人の愛―
2. 映画に生きる美しき日本 -連綿とつづいてきた営みと現代に託された想い-
3. 足元から世界へ -映画表現を通して今、想うこと-
4. 現代(いま)を生き抜く女性像、男性像を語る

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『萌の朱雀 [DVD]』

    販売元: バンダイビジュアル
  • 『殯の森 [DVD]』

    販売元: NHKエンタープライズ

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top