大崎 麻子

おおさき あさこ
大崎 麻子

肩書き
開発政策・ジェンダー専門家
元国連開発計画(UNDP)職員
関西学院大学総合政策学部客員教授
聖心女子大学 非常勤講師
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

開発政策・ジェンダー専門家の大崎麻子さんは、これからの時代の子育てと教育を考えるネットワークを立ち上げ、同じマインドを持つママやパパと一緒に活動中。“女性も男性も同じように、持って生まれた可能性を開花させられる国・社会づくり、教育”がライフワーク。

プロフィール

神奈川県鎌倉市出身。
1994年 上智大学比較文化学部卒業
1997年 米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修了
(国際関係修士号 人権・人道問題専攻)
1997年-2004年 国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部開発政策局プログラム・マネージャー
2006年-2007年 ほっとけない世界のまずしさ政策アドバイザー
2007年-2010年 国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所政策アドボカシー専門家

<主な活動>
国連開発計画(UNDP)で途上国の女性支援やジェンダー平等の推進を担当。
カンボジア、グアテマラ、エチオピアなど、世界各地でプロジェクトを手掛けると同時に、多国間の政策協議や国連会議にも多数出席した。
現在は、フリーの開発政策・ジェンダー専門家として国連PKO(平和維持活動)派遣要員へのジェンダー研修をはじめ、外務省、JICA、内閣府、国際機関、NGO等向けに、政策提言・評価、講演、社会貢献活動のアドバイジングなど幅広く活動している。
世界の開発・人道支援を牽引しているゲイツ財団「グローバル・アドボカシー戦略ミーティング」に、日本のNGOネットワークを代表して参加するなど、活動は世界中である。
日本国内でも、ジェンダーの視点から、東日本大震災復興のための女性支援に尽力している。

<メディア出演>
TBS「サンデーモーニング」

<主な著書・共著>
『女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方』
『ミレニアム開発目標 世界から貧しさをなくす8つの方法』

主な講演のテーマ

1. ジェンダーギャップ指数 世界98位の衝撃 グローバルスタンダードから見た日本
2. 女性・安全・平和~国連PKOとジェンダー~
3. 途上国に進出する企業が知っておきたいジェンダーの話
4. ~人権のはなし~New Yorkからカンボジアまで 世界で見たこと、考えたこと
5. でこぼこ3人組が世界を行く!地球をまわってみつけた、子育てと教育の意味
6. 思春期の親はつらいよ~子育ての卒業試験、巣立ちに向けた仮免許~
7. すべては子育てから始まった

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top