大崎 麻子

おおさき あさこ
大崎 麻子

肩書き
開発政策・ジェンダー専門家
元国連開発計画(UNDP)職員
関西学院大学総合政策学部客員教授
聖心女子大学 非常勤講師
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

開発政策・ジェンダー専門家の大崎麻子さんは、これからの時代の子育てと教育を考えるネットワークを立ち上げ、同じマインドを持つママやパパと一緒に活動中。“女性も男性も同じように、持って生まれた可能性を開花させられる国・社会づくり、教育”がライフワーク。

プロフィール

神奈川県鎌倉市出身。
1994年 上智大学比較文化学部卒業
1997年 米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修了
            (国際関係修士号 人権・人道問題専攻)
1997年-2004年 国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部開発政策局プログラム・マネージャー
2006年-2007年 ほっとけない世界のまずしさ政策アドバイザー
2007年-2010年 国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所政策アドボカシー専門家

<主な活動>
国連開発計画(UNDP)で途上国の女性支援やジェンダー平等の推進を担当。
カンボジア、グアテマラ、エチオピアなど、世界各地でプロジェクトを手掛けると同時に、多国間の政策協議や国連会議にも多数出席した。
現在は、フリーの開発政策・ジェンダー専門家として国連PKO(平和維持活動)派遣要員へのジェンダー研修をはじめ、外務省、JICA、内閣府、国際機関、NGO等向けに、政策提言・評価、講演、社会貢献活動のアドバイジングなど幅広く活動している。
世界の開発・人道支援を牽引しているゲイツ財団「グローバル・アドボカシー戦略ミーティング」に、日本のNGOネットワークを代表して参加するなど、活動は世界中である。
日本国内でも、ジェンダーの視点から、東日本大震災復興のための女性支援に尽力している。

<メディア出演>
TBS「サンデーモーニング」

<主な著書・共著>
『女の子の幸福論 もっと輝く、明日からの生き方』
『ミレニアム開発目標 世界から貧しさをなくす8つの方法』

主な講演のテーマ

1. グローバルスタンダードから見た日本 ~ジェンダー・ギャップをどう解釈するか~
1999年に基本法が策定されてから、日本国内で男女共同参画に関するあらゆる取組みが行われています。しかし、世界的な指標から見ると、日本のジェンダー平等の状況は134カ国中94位。先進国では最下位です。
日本の男女共同参画の現状や問題点を「グローバルな視点」からわかりやすく解説します。
男女共同参画社会の実現が、一人一人の人生の豊かさだけではなく、活気のある社会・持続的な経済の礎になることを、北欧・ヨーロッパ・北米・アフリカ等の国々の実例を交えて解説します。

2. 世界の女性は今
途上国や紛争国には、女性・女の子であるがゆえにとても厳しい環境に置かれている人たちがたくさんいます。教育、貧困、保健医療など、国際社会があらゆる取組みを行っているにもかかわらず、識字率や就学率等の統計を見ると男女格差が明らかです。
「誰もが持って生まれた可能性を開花させ、自分で自分の人生を選択していけるような環境を創ることが『開発の真の目的』である」という考え方が国際社会の主流理念です。実現するために、貧困削減、教育、保健医療など、あらゆる開発支援が行われてきましたが、未だに報告される男女格差。その背景にある問題、女性や女の子が「エンパワメント」されることでもたらされる波及効果、具体的な取組み事例や成功例を豊富な経験をもとにわかりやすくお話します。

3.  東日本大震災と女性
東日本大震災で、女性や妊産婦はどのような経験をしたのでしょうか?彼女たちの声、女性や子どもに特化した支援を行った団体・専門家によるフィードバックから見えてきた、日本の防災システムの現状・課題をわかりやすく報告します。また、東日本大震災で得られた教訓や成功事例から、今後の地域防災のあり方や各家庭・個人でできる備えは何かを考えます。

4. すべては子育てから始まった
日本では、日々の「子育て」の負担は母親に集中しがち。出産・子育て経験を女性のキャリアの「ブランク」ではなく、「チャンス」ととらえてみませんか?子どもを持ったことで世界観が変わり、母親であることを「セールスポイント」にして国連に就職。子育てをしながら、世界中で女性や女の子の支援に携わってきた経験についてお話します。出産・子育てによって得られる経験や視点を味方につければ、新しい自分像・未来図を描くことができるはずです

5. 思春期の子どもとのつき合い方
子どもの急な変化にとまどい、コミュニケーションがうまくとれず、「思春期の心と身体のメカニズム」を予備知識として教えてくれる人がいない・場所が無いという現状があります。思春期は、突然嵐のようにやってきます。乳幼児期からの延長線上にある「成長のプロセス」です。思春期とは、親にとっては「子育ての卒業試験」、子どもにとっては「自立に向けた仮免許」。幼少期の子育ては「反復問題」だらけでしたが、思春期は「応用問題」の連続です。思春期を広い視野からとらえ直し、子育ての最終章として乗り切るための知恵を紹介します。

6. 男女共同参画・男もつらいよ 〜誰もが生きやすい社会へ〜
7. もっと自分らしく 〜自分らしく生きるためのヒント〜

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top