松岡 園子

まつおか そのこ
松岡 園子

肩書き
元ヤングケアラー当事者
出身・ゆかりの地
北海道

プロフィール

兵庫県出身。統合失調症を患う母と2人暮らしになった12歳から現在までです(これまで約30年間)。現在もケアは継続中です。
当時、苦痛に感じていたことは、12歳の時に母の様子がおかしいと思い始めた頃から、それを周囲の人に話しても、母の病気に関することを何も教えてもらえなかったことです。私は訳がわからないまま母と向き合うことになりました。母から病名を聞いたのは、19歳の時です。
また、母のことが心配で中学校の部活に所属できず、遅刻や欠席が多くなってしまい、修学旅行も行くことができませんでしたが、学校の先生からは、みんなと一緒の行動を求められることが、しんどいと感じていました。
母がずっと独り言を話し、家事も何もできなくなってしまったことに対して周囲の人が心配し、私と母を分離させるような措置がなされたこと(その後、関係者との話し合いの末、無理矢理母と一緒に暮らす道を選択しました)に対しても、きちんとした説明や私の意見を聞き入れてくれる場などがなく恐怖を感じました。

現在、10代(1990年代)から経験してきた統合失調症の母との暮らしを語る活動、執筆活動を行っている。講演活動では、ケアをしながらどのようなことに困っていたのか、またどのような周囲の助けや理解があり、助かったと感じているかなどを自分の経験をもとに語っている。
近年、ヤングケアラーに関する社会の関心が高まってきたことから、地域に住むヤングケアラーを支援するために、どのような支援が必要なのか、地域、学校、児童福祉の観点から自分の経験をもとに考察を重ねている。

主な講演のテーマ

『ヤングケアラー~私の経験~』
『ヤングケアラーを体験して~周りの人と一緒に~』
『ヤングケアラーについて知ろう~SOSに気づくために~』

家族は大事。でもケアするあなた自身も大事にしてほしい。
ケアラーが前向きに自分の人生と向き合えるように…
家族の世話や介護をする「ヤングケアラー」について、元ヤングケアラーの体験談を聞いて理解を深め、一緒に考えてみませんか。

※ヤングケアラーとは、家族の看護・介護・幼いきょうだいの世話・家事全般など、大人が担うようなケアを大人の代わりに行う18歳未満の子どものことです。

カテゴリー

人権啓発
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療

あなたにオススメの講師

Page Top