金澤 泰子

かなざわ やすこ
金澤 泰子

肩書き
書家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

「ダウン症の子どもを育てて学んだこと~天使がこの世に降り立てば~」で講演では、希望に満ちた出産がダウン症の子・翔子さんを授かった絶望から始まり、今掴まれた翔子さんとの幸せに至るまでの心の軌跡と二人を取りまく人々との出会いと葛藤を話されます。

“ブログ”「金澤泰子さん・金澤翔子さんイベント 訪問レポート!」はこちら
“ブログ”「ダウン症の子どもを育てて学んだこと ~天使がこの世に降り立てば~」主催者様の感想はこちら
“ブログ”「神戸市内で人権講演会が開催」金澤泰子さん・金澤翔子さん講演レポートはこちら

プロフィール

金澤泰子
金澤翔子の母。
1943年生まれ、明治大学卒業。書家の柳田泰雲・泰山に師事。
1990年東京・大田区に書道教室を開設。久が原書道教室主宰。東京芸術大学評議員。日本福祉大学客員教授。

金澤翔子
書家。
1985年東京都目黒区に生まれる。5歳から母の師事で書を始める。
2005年銀座書廊で個展。2009年から鎌倉建長寺、京都建仁寺で毎年個展。
2011年奈良東大寺で奉納・個展。福島に「金澤翔子美術館」を開設。
2012年NHK大河ドラマ「平清盛」揮毫。2013年銀座に「銀座金澤翔子美術館」を開設。
平泉中尊寺で奉納・個展。熊野大社、厳島神社で奉納の揮毫。国体の開会式で揮毫。
天皇の御製を揮毫。
2015年国連本部でスピーチ。ニューヨーク・チェコなどで個展。
京都に「シナリー金澤翔子美術館」開設。愛媛県美術館、福岡県立美術館で個展。
三輪明神大神神社で奉納の揮毫。太宰府天満宮、比叡山延暦寺で奉納・揮毫。伊勢神宮に奉納。日本福祉大学準教授。

<主な著書>
『愛にはじまる』(ビジネス社)、『天使の正体』『天使がこの世に降り立てば』(かまくら春秋社)、
『翔子の書』(大和書房)、『涙の般若心経』(世界文化社)『魂の書』、『空から』(清流出版)、

『金澤翔子の世界』 別冊太陽(平凡社)、『翔子』(角川マガジンズ)、『空から』(清流出版)、
『ひたすらに書きます』(芸術生活社)、 『お母様大好き』(いきいき株式会社)ほか多数

主な講演のテーマ

1. ダウン症の子どもを育てて学んだこと~天使がこの世に降り立てば~
2. 生きてさえいれば、絶望はない

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『金澤翔子の世界 別冊』

    出版社: 平凡社
  • 『お母様 大好き』

    出版社: いきいき
  • 『ひたすらに書きます』

    出版社: 芸術生活社

聴講者の声

  • 信じる心を学びました。我が子信じてまかせる。絶望しても必ず希望が出る。
  • ココロのあり方、見習いたい。ありがとうございました。
  • お話を聞き、とても優しい気持ちになりました。
  • 翔子さんは本当に天使ですね。
  • 全てに感動しました。純粋な愛をお母様から翔子様から感じ、世界中の人々が皆、同じような気持ちになれたら、きっと平和な世界になるだろうと思いました。
  • 貴重な時間を与えていただきました。差別のつもりのない手助けも偏見によるものだったのかと自身のこれまでを振り返り考えさせられました。
  • 金澤さまへ 本当に本日の講演、拝聴することができて幸せに思います。私も14歳のダウン症の娘がおります。勇気を持て、家族と共に生きていたいと思います。ありがとうございました。

あなたにオススメの講師

Page Top