上田 博司

うえだ ひろし
上田 博司

肩書き
シニアアクセス代表
ジェントロジスト
シニアビジネスシンクロナイザー
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

高齢化の進む日本。介護・医療現場などシニア向けの事業には、顧客獲得・質の高いサービス提供と人材育成・商品開発など様々な課題があります。シネアビジネスの専門家・上田博司さんの講演は、こうした課題に対して、ジェントロジー(老年学)の視点から高齢者や高齢社会を多面的・包括的に捉えることを提起して、シニアビジネスのサポートを促します。また、シニアを元気もたらす生き生きした生活を過ごすための考え方を伝え、明るく活力のあるシニア社会の実現を目指します。

プロフィール

日本の国公立大学、米国の大学ならびに大学院への留学を通じて、日本人初となるジェロントロジー博士号(南カリフォルニア大学:USC)を取得。その後、国連機関である世界保健機関(WHO)や大学教育機関などで勤務し、高齢社会における諸問題に長年取り組む。現在はジェロントロジストと呼ばれる専門家として、一般、ビジネス分野において幅広い知識を提供中。

 メッセージ 
人口の半数近くが既に50歳以上の年齢層となった日本のシニア社会では、様々な課題が絶え間なく、時には変化を伴って出てきています。消費性向の高い活発なシニアから介護などのサービスを必要とするシニアに至るまで、シニア人口は年々増加するとともに多様化してきており、それゆえビジネスチャンスも広がってきています。また、企業内においても、ジェロントロジーを通じた知識向上は、企業にとって適切なビジネスチャンスに繋がったり、従業員個人の知識向上や将来の生活像を描くことを支援するうえでプラスとなります。
ジェロントロジーという分野のアプローチによって、シニア社会においてより適切かつ精度の高い商品やサービスを提供することが出来る手助けを行います。より満足度の高い、明るく活力のあるシニア社会の実現と発展を目指します。

※ジェントロジーとは
人間の老化現象を生物学、医学、社会科学、心理学など多面的、総合的に研究する学問。日本では研究の歴史が比較的浅いため、老人学・加齢学・老年学など様々な訳語が充てられている。高齢化を前向きに受け入れることを基本とする。

主な講演のテーマ

1.「高齢者虐待」防止に役立つジェロントロジーのアプローチ
高齢社会がますます進んでいくなか、介護の重要性と期待が高まっています。一方、介護者が抱える介護ストレスにはいろいろな原因が考えられます。介護施設や介護サービスなどの現場で働く職員は、専門家としてのプライドから介護ストレスなどはあってはならないものという考えが浸透しており、日常業務を通じての様々な要因によって介護ストレスが溜まるにも関わらず、表に出すことをタブー化し、ついには虐待につながってしまう可能性がでてきます。高齢者に関する知識が低い介護職員は、高い介護職員と比較すると、高齢者に対する処遇に関して気疲れやイライラを募らせたり、エイジズムにつながる否定的な情緒的反応を持つことが指摘されています。
高齢社会の様々な課題に取り組めるよう時代のニーズに合わせて生まれたジェロントロジーは、その学際的かつ包括的アプローチによって様々な課題を解決できる人材の育成を支援する学問です。
ジェロントロジーを通じた知識の獲得によって、高齢者や高齢社会を多面的・包括的に捉えることができるようになります。それによって、現在の専門業務に付加価値を与えながら、介護職員の意識改革を促し、介護サービスの質の向上やストレス軽減につなげます。

2. シニア社会におけるジェロンテクノロジーの活用
日本の高齢化はますます進んでいくことが予想されます。毎年の平均寿命の延びとシニア人口の増加にあわせて、幅広い分野でシニア層への様々な商品開発やサービスなどが望まれてきています。このようななか、ジェロンテクノロジーが注目を集めています。ジェロンテクノロジーはジェロントロジー(老年学)とテクノロジーが組み合わさった造語です。テクノロジー先進国である日本の技術に学際的・多面的・包括的学問として高齢者や高齢社会を捉えるジェロントロジーの知識を加えることにより、より適切かつ質の高い商品やサービスをシニアに提供することが出来ます。既にAI(人工知能)I o T(モノのインターネット)、ロボット分野における開発が進んでいますが、将来の高齢化を見据えてこのジェロンテクノロジーの分野の更なる発展が期待されています。

3. シニア社会におけるジェロントロジーを通じた知識獲得の勧め
    ~介護・看護・医療現場で、高齢者と接する方々へ~

日本における人口の高齢化はますます進んでいくことが予想されます。平均寿命の毎年の延びにあわせて、介護・看護・医療現場においても高齢者に接する機会がさらに増え、多様化した質の高いサービスが望まれる一方、学際的・多面的・包括的学問として高齢者や高齢社会を捉えるジェロントロジー(老年学)の知識が不足しているのが現状です。各々の専門分野の知識や経験にジェロントロジーという分野を加えることによって、より適切かつ質の高いサービスを高齢者に提供することが出来ます。また、介護・看護・医療の現場においては、虚弱な高齢者に関わる機会が多くなるため、固定観念や偏見をもったままルーチンワークを行うという危険性を伴います。一度、現在の高齢者ならびに高齢社会の全体像を今の専門分野に限定せずに見つめることによって、日々の専門業務への付加価値が得られる手助けをします。

4. 企業におけるジェロントロジーの活用について
シニア社会の出現にともなう時代のニーズに合わせ、ジェロントロジーが細分化されてきたものを包括的かつ多面的に捉えることができるよう生まれました。企業にとっては、ジェロントロジーを加え同期や調整を行うことにより、シニア社会におけるビジネスアプローチを的確に行っていくことに繋がります。また、ジェロントロジーを通じた知識向上は、新人研修や社内研修等を通じ、個々の従業員にとっても、職場におけるストレス軽減や将来像を描くことを支援するうえでプラスとなります。

5. シニアへのビジネスアプローチ
人口の半数近くが既に50歳以上の年齢層となった日本では、シニアを語らずにビジネスを語ることができないほどになってきました。シニア人口は年々増加していくなか、消費性向の高い活発なシニアから介護サービスなどを必要とするシニアに至るまで、そのニーズは多様化してきており、それゆえビジネスチャンスも広がってきています。ジェロントロジーという分野のアプローチを加えることによって、シニア社会においてより適切かつ質の高い商品やサービスを提供することが出来るお手伝いをします。

6. シニア層とのコミュニケーションの取り方:顧客満足度上げるために
日本の人口の4分の1以上は65歳以上の高齢者で占められ、50歳以上のシニアとなると、既に半数近くを占め、その数と割合は引き続き増加していくことが予想されます。シニアに様々な商品やサービスを提供する側も、シニア顧客のニーズにあわせたきめ細かい適切な対応がさらに求められてきています。より満足度の高い評価がシニアの顧客から継続して得られるよう、ジェロントロジーの視点から話させていただきます。

7. 幸福な人生を送るために~ジェロントロジー(老年学)という学問を学ぶ~
人口の高齢化は、ここ数十年にわたり群を抜くスピードで進んできました。我々の身近な社会のなかで、活発な消費者や健康で元気なシニアとして生活される方々が多くいる一方、高齢者が医療介護や社会福祉の対象者や詐欺被害者のような弱者としてとらえられがちであることも事実です。このようななか、高齢期における生活を個人としてどのように過ごしていくかが重要になってきます。生き生きした生活、充実した生活を過ごすためにどのようなことを考えていくべきかについて、ジェロントロジー(老年学)の視点から話させていただきます。

8. シニア社会における行政アプローチの勧め
人口の高齢化は日本各地でみられますが、高齢者数や高齢化率は一様ではありません。高齢化のスピードも地域によって異なります。財政の適切な分配、しいては健全化に向けた取り組みが喫緊の課題となっている現在、高齢者の自立ならびに生活の質の維持がこれからも重んじられてきます。地域における人口動態や社会資源を理解し、それぞれの特性を生かしていくことを念頭に入れながら、高齢社会に直接また間接的に関わる部署、それらと連携しうる地域の支援団体等の強いネットワークの構築と維持・調整が非常に大きな役割をもってきます。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top