大畠 崇央

おおはた たかお
大畠 崇央

肩書き
「ディズニー流感動を生む企画の秘密」 著者
元ウォルト・ディズニー シニアプロデューサー
上級マーケティング解析士
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

元ウォルト・ディズニー シニアプロデューサーの大畠崇央さん。
ディズニーが多くの感動を生むその企画力。「2つの言葉」をキーワードに、企画を立てるディズニーメソッド。講演では、「発想法」「企画書作成法」「ブレスト方法」「PDCAサイクル」など、あらゆるビジネスに通じるテクニックをウォルト・ディズニー・ジャパン 元シニア・プロデューサーが徹底解説します。「アイデアが浮かばない」「企画書がうまく書けない」「なかなかヒットしない」……企画で陥りがちな悩みも、ディズニー流で即解決します!

プロフィール

早稲田大学教育学部卒業。
株式会社ナムコ入社。テーマパーク事業部での新人教育を担当。ホスピタリティや顧客満足(CS)、人前での話し方、立ち振る舞い方、演出の仕方などを教える。また、テーマパークの企画部にて、アトラクション企画・製作、施設企画などを行う。
2001年 米国ディズニーの日本支社、ウォルト・ディズニー・ジャパン入社。 インタラクティブメディアグループのシニア・プロデューサーとして、ディズニーの企画部隊を統括。社内外に向けた企画勉強会ディズ ニーユニバーシティの講師も行い、700人の卒業生を抱える。デジタルコンテンツサービス、ディズニーモバイル、モバイルアトラクションなどの企画・制作プロデュース。オンラインバンキング事業の新規事業立ち上げなども行った。
2011年 カルチュア・コンビニエンスクラブ株式会社へ入社。TSUTAYAのネット事業でリニューアル戦略やマーケティングなどを担当し、アクセス解析やビッグデータからの顧客行動解析などを統括。事業コンサルティングやUX改善、AI研究開発等を総轄している。上級マーケティング解析士。
2016年 個人活動として、著書『ディズニー流感動を生む企画の秘密』を出版。

<講演実績>
宣伝会議/ITメディアエグゼクティブ/インプレス/アナリティクスアソシエーション(A2i)/国立研究開発法人新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)/日本データマネージメントコンソーシアム(JDMC)/日本マーケティングリテラシー協会(JMLA)/ブレインパッド/HR Japan Summit/Panasonic/Photoron/TSUTAYA/愛知県私立滝中学・高等学校/千葉商科大学/社会情報大学院大学/浜松青年会議所/浜松市/浜松市教育委員会/島根県美郷町教育委員会/島根県美郷町社会福祉協議会/中国日本研修/旅行業者/TV局/神奈川県/Manufacturing Japan Summit/リゾート運営企業/食品製造業 他多数

主な講演のテーマ

1. ディズニー流 感動を生む企画の秘密~ホスピタリティ視点で考える企画、集客、マーケティング術~
ディズニーのテーマパークでは接客やホスピタリティーで高い評価をいただいていますが、そのベースとなる企画自体が良くなければゲスト(お客様)には満足していただけません。
感動を生む企画を作るための、イノベーション起こす発想の仕方、職場作りやスタッフの育成、マーケティング・ブランディングの考え方などをお話しながら、ホスピタリティを企画でも表現できるようにしていく方法を語っていきます。夢と魔法を生み出すための考え方とは、人を集めるための手法とは。ディズニー社内と関係会社700人以上に向けて企画勉強会の講師を行ってきた経験を生かして、体験談や様々な事業で活用できるヒントを語ります。

2. 働き方改革~チームで導く顧客戦略の魔法~
企業において必要なのは、社員が一丸となって戦えるチーム力。
一方で、働き方改革が叫ばれ、どのようにチームを成長させるかが、企業を成功への重要な課題となっています。ディズニーでの企画チームを統括してきた経験から、「チームを活かすために必要なこと」「成功を生み出すチームづくりにおける顧客戦略とは」を語り、働き方改革のヒントとなる体験談をお話します。 マネージメントとしてどう考え、職場をどう作っていくのか、ディズニーにてシニア・プロデューサーとして活動してきた経験を生かして、体験談や様々なチームで今日から活用できる働き方のヒントをディズニー講演会で語ります。 (※アルバイトメンバーのまとめ方の話ではありません)

3. UX戦略 ビッグデータから考える~お客様にすべきホスピタリティとは何か~
今注目を集めているビッグデータ戦略。注目のAIやIoTなどでの活用も進み、お客様の行動予測をすることで、ホスピタリティを高め、顧客価値を高めることができます。 一方で、お客様の行動やデータをどうつなぎ、どう分析して、企画につなげるべきか。そのための組織の構築をどうするべきか、そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。 今回は、ウォルトディズニーやナムコで多岐にわたる企画・マーケティングを携わった経験などをもとに文系でも分かる「ビッグデータ時代に考える、お客様にすべきホスピタリティ」についてお話します。

4. 夢を叶える3つの魔法 ~キャリアデザインを考える~
学生や保護者向け。将来の夢は何ですか。沢山の夢を持っている人もいれば、見つからないで悩んでいる人もいるかもしれません。高校生時代に文化祭で人を集めようと川越ディズニーランドを作りたいとディズニー社と交渉し失敗した経験を持つ講師。その後ウォルトディズニー社で企画担当になるという夢を叶えました。夢を考え、自ら行動する力。好奇心や行動力などをテーマに、ディズニーに何を学び、自分でどう実践してきているか。将来の夢を叶えるために実践すべきこと、どんな業界に進んでも必要な「3つの魔法」を語ります。進路やキャリアデザインをテーマにした講演会で一緒に将来の夢を考える時間にしていきます。自分の進みたい道に自信を持ったり、ブラッシュアップすべき要素が見つかったり、またはこれから見つける人にとって自分のやりたいことを前向きに考えるきっかけになる内容です。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『ディズニー流 感動を生む企画の秘密』

    出版社: すばる舎

あなたにオススメの講師

Page Top