鈴木 尚広

すずき たかひろ
鈴木 尚広

肩書き
元プロ野球選手
スポーツコメンテーター
出身・ゆかりの地
福島県

この講師のここがおすすめ

元巨人軍「走塁の神様」こと鈴木尚広氏。
講演では、与えられた立場で力を発揮するために大切な「継続する事の重要性」「モチベーションの維持」「自分の軸の持ち方」等、具体的なエピソードを織り交ぜてお話させていただきます。「弱いからこそ考える。弱いからこそ成長できる。」こう豪語する講演は、野球ファンのみならず、悩めるビジネスマン必聴の講演会です。

プロフィール

福島県相馬市出身。幼少期から野球をはじめ、福島県立相馬高等学校卒業後、1996年ドラフト4位で読売ジャイアンツに入団。

2003年から1軍に定着し、主に守備固めや代走の切り札として起用され、11年目の2007年の開幕戦で初の開幕スタメン出場。2008年にはゴールデングラブ賞を受賞し、日本シリーズでは日本シリーズ優秀選手賞を受賞。「代走のスペシャリスト」としてチームやファンから信頼されていた。2016年に38歳で引退するまでの盗塁成功率82.9%で日本プロ野球歴代最高を記録し「世界の盗塁王」と言われた福本豊氏を上回る。代走という失敗の許されない重要な場面での起用が多いだけに、この記録の持つ意味は大きい。現在は野球のみならず、スポーツの素晴らしさを伝えるためにメディア、イベント等で活動中。

 主な著書 
Be Ready ~準備は自分を裏切らない~ (扶桑社新書)
失敗する事は考えない(実業之日本社)

主な講演のテーマ

1. エリートだらけの中で輝くために ~己を知り、己を磨く~
2. 勝負を分けるたった一瞬のために ~継続する大切さ、準備をする大切さ~
3. 100%の準備ができていれば「結果」を問わず自分を受け止めることができる

常勝軍団・読売巨人軍に入団。周りはエリートだらけだった。この中で自分はどう生き残って行くのか?こんな自分がどうやったらチームに貢献できるのか?
常勝軍団で20年間、いつ出番が来るか分からない役割、しかしながら試合を左右する場面で勝負師としてどう準備してきたのか?
自分が組織の中で何が求められているのか?その中でどう貢献できるのか?
あくなき探求心、いつ来るか分からない勝負を左右する一瞬のために準備を怠らない姿勢、気持ちの持ち方をお話します。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『失敗することは考えない』

    出版社: 実業之日本社
  • 『Be Ready ~準備は自分を裏切らない~』

    出版社: 扶桑社
  • 『一瞬に賭ける生き方: 覚悟を決めれば道は拓ける』

    出版社: 河出書房新社

あなたにオススメの講師

Page Top