鳥越 俊太郎

とりごえ しゅんたろう
鳥越 俊太郎

肩書き
ニュースの職人
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

鳥越俊太郎さんは、ステージ4の大腸がん発覚、肺や肝臓への転移を経て4度の手術を行った後、スポーツジムに加え、ホノルルマラソン完走を果たすなど健康なライフスタイルを貫き、現在もさまざまなメディアで「ニュースの職人」として活躍する講演は、大好評です。

プロフィール

1940年3月13日生まれ。福岡県吉井町(現うきは市)出身。
京都大学文学部卒業後、毎日新聞社に入社。新潟支局、大阪社会部、東京社会部、「サンデー毎日」編集部に所属し、外信部(テヘラン特派員)を経て1988年4月より「サンデー毎日」編集長。
1989年に退職して以降、テレビ朝日系列「ザ・スクープ」「サンデージャングル」でキャスターを務めるなど、テレビメディアに活動の場を移した。
2005年、ステージ4の大腸がんが発覚、肺や肝臓への転移を経て4度の手術を行った。2010年から始めたスポーツジムに加え2012年にはホノルルマラソン完走を果たすなど健康なライフスタイルを貫いている。現在もさまざまなメディアで「ニュースの職人」として活躍中。

<主な受賞>
2001年4月 「日本記者クラブ賞」(ザ・スクープの桶川女子大生ストーカー事件報道に対し)
2004年5月 「日本ギャラクシー賞報道活動部門大賞」(ザ・スクープスペシャルの警察裏金報道に対し)

<主なメディア出演>
テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル」キャスター
BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」司会
KBC九州朝日放送「KBCニュースピア 鳥説」
KBC九州朝日放送「アサデス。KBC」
TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド 世間ニュース」
ポッドキャスト「ニュースの職人チャンネル」

<主な著書>
『異見—鳥越俊太郎のジャーナリズム日誌』(現代人分社)
『桶川女子大生ストーカー殺人事件』(メディアファクトリー)
『ニュースの職人』(PHP研究所)
『人間力の磨き方』(講談社新書)
『鳥越俊太郎のエンディングノート』(アーススター)
『細野豪志の証言』(講談社)

主な講演のテーマ

1. 人間力の磨き方
2. 報道と人権 ~「真実」をどう伝えるか~
3. “ガン”と向き合って

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『がん患者』

    出版社: 講談社
  • 『食べて よく寝て 鍛えなさい』

    出版社: 内外出版社
  • 『祖父の流儀』

    出版社: 徳間書店

あなたにオススメの講師

Page Top