朝原 宣治

あさはら のぶはる
朝原 宣治

肩書き
北京五輪の陸上男子四百メートルリレー銅メダリスト
大阪ガス株式会社所属
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

北京オリンピック400mリレーで銅メダルを獲得した朝原宣治さん。選手生活の厳しさ(故障克服、練習方法など)やオリンピックの裏話など、「あきらめなければ夢は叶う」ことを実践してこられた本人だからこそ語ることのできるお話しをたっぷりとしてくださいます。

プロフィール

1972年 生まれ、兵庫県(神戸市)出身
夢野台高校、同志社大学卒業後、大阪ガス株式会社 勤務(現在近畿圏部に在籍)陸上部コーチ。

高校時代から陸上競技に本格的に取り組む。走り幅跳び選手として高校3年時にインターハイ優勝。大学3年生の国体100mで10秒19の日本記録樹立。その加速力から「和製カール・ルイス」と呼ばれた。

大阪ガス株式会社に入社、ドイツへ陸上留学し、ヨーロッパ競技会を転戦。アトランタオリンピック(’96)初出場し、100mで準決勝に28年ぶりに進出した。その後練習拠点をアメリカ、日本へ移して、コーチをつけずに練習。
オリンピックには4回連続出場。世界陸上には6回出場。
100mの日本記録を3度更新。自己記録は10秒02の日本歴代2位
2008年には自身4度目となる北京オリンピックに出場し、4×100mリレーでは、悲願の銅メダル獲得。同年9月競技生活引退(36才)。

2010年4月に、スポーツを通した子供達の健全な成長と次世代を担うトップアスリートの育成を目的として陸上競技クラブ「NOBY TRACK&FIELD CLUB」を設立、これは大阪ガスグループの地域貢献活動の一環でもある。また、同年3月、柳本晶一氏(元日本女子バレー五輪代表監督)らとアスリートネットワークを設立し、引退後も自身のキャリアを社会に生かそうとチャレンジを続けている。
妻は、元シンクロナイズドスイミング選手でバルセロナオリンピック銅メダリストの奥野史子さん。三児の父親。

主な講演のテーマ

1. 諦めなければ、夢は叶う
2. 夢をおいかけて
3. 二人三脚でつかんだ栄光のメダル
4. 健全な心は、健康から

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top