山本 佳子

やまもと よしこ
山本 佳子

肩書き
ジョグ&ウォークアドバイザー
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

ジョグ&ウォークアドバイザーの山本佳子さん。
ダイエー陸上部に所属していた陸上競技生活中に阪神・淡路大震災に遭う。
1998年大阪国際女子マラソンの完走を最後に、27歳の若さで現役引退。
現在は、講演・レース解説・ゲストランナーなどで活動中。

プロフィール

初マラソンは1989年に高校生で出場した大阪国際女子マラソン。
9位という成績であったが、日本人では2位でゴール。この年より新設されたフレッシャーズランナーズカップ賞を受賞した。ゴールタイムの2時間38分賞。ゴールタイムの2時間38分10秒は高校生としては増田明美に次ぐ歴代2位の記録であった。(現在は同マラソン大会で高校生の出場は不可)。
1992年の大阪国際女子マラソンから1993年のアムステルダムまで、連続5レースで2時間30分の壁を突破。これはロザ・モタ(スペイン)、クリスチャンセン(ノルウェー)につぐ3人目の快挙であった。’92年のボストンマラソンで記録した2時間26分26秒は、当時日本女子最高記録。
1995年の阪神・淡路大震災は、神戸を本拠地とするダイエー陸上部に所属していた彼女の陸上競技生活に、大きな影響を及ぼした。そして足底筋膜炎にも悩まされ、1996年のアトランタオリンピックの選考レースへも出場出来ず、結局念願のオリンピック代表入りは果たせなかった。そして1998年の大阪国際女子マラソンの完走を最後に、27歳の若さで現役引退となり、現在は、講演・レース解説・ゲストランナーなどで活動中。

<主な記録>
1990年 パリマラソン        優勝
1992年 大阪国際女子マラソン    4位
1992年 ボストンマラソン      2位
1992年 ニューヨークシティマラソン 3位
1993年 アムステルダムマラソン   優勝
1997年 シカゴマラソン       5位

<主なメディア出演>
フジテレビ系   大阪国際女子マラソンリポーター
毎日放送ラジオ  福間運動通信社・和泉修のスポーツシャッフル
関西テレビ    昼上がりどまんなか ジョギングアドバイザー
東海ラジオ    名古屋国際女子マラソン 解説

主な講演のテーマ

1. 健康と安全は日々のウォーミングアップから~仕事につなげる7UP健康法~
2. 自分でつくろう心とカラダ~今日から始める7UP健康法~
3. 私のマラソン人生
4. ランニング教室~より安全に、早く美しく走るための実技指導~(スポーツ教室)

カテゴリー

健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top