河内家 菊水丸

かわちや きくすいまる
河内家 菊水丸

肩書き
伝統河内音頭継承者
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

1963年河内音頭の故郷・大阪府八尾市に生まれるた河内家菊水丸さんは、明治時代に流行し、戦後に滅んだ「新聞詠み」を復活させ、世相・事件を題材にした作品を200作以上発表。2009年からは、継承者の高齢化が進む古調の河内音頭の保存伝承に専念される。

プロフィール

1963年2月14日、河内音頭の故郷・大阪府八尾市に生まれる。
9歳で父河内家菊水に入門し、東大阪市弥刀東の盆踊りにて初櫓。
高校在学中、吉本興業に所属。1980年8月、旧なんば花月劇場にて初舞台。
1984年、明治時代に流行し、戦後に滅んだ「新聞詠み」を復活させ、世相・事件を題材にした作品を200作以上発表。
2007年8月、北御堂盆踊りにて前人未到の9000櫓を達成。
2008年、大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科客員教授(日本文化史)に就任。
2009年秋からは、新聞詠み河内音頭家元を返上し、継承者の高齢化が進む古調の河内音頭の保存伝承に専念。
2010年7月、上海万国博覧会で河内音頭を披露する。

<主な著書>
「音頭ボーイ」(ヨシモトブックス)

「河内家菊水丸の新聞詠み河内音頭・唄う爆弾30連発」(集英社)他

主な講演のテーマ

『河内屋菊水丸の新聞詠み』
〜講演&河内音頭(太鼓・ギター伴奏有り)〜

カテゴリー

文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『河内家菊水丸 河内音頭秘蔵コレクション9』

    レーベル: 日本コロムビア
  • 『河内家菊水丸 河内音頭秘蔵コレクション』

    レーベル: 日本コロムビア

あなたにオススメの講師

Page Top