北原 照久

きたはら てるひさ
北原 照久

肩書き
ブリキのおもちゃ博物館館長
株式会社トーイズ代表取締役
箱根北原ミュージアム館長
河口湖北原ミュージアム館長
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として世界的に知られる北原照久氏は、大学時代にスキー留学したヨーロッパで、ものを大切にする人たちの文化に触れ、古い時計や生活骨董等の収集を始めたのがきっかけで、おもちゃに魅せられ、博物館館長にまでなる。

プロフィール

1948年東京生まれ。
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として世界的に知られている。
大学時代にスキー留学したヨーロッパで、ものを大切にする人たちの文化に触れ、古い時計や生活骨董、ポスター等の収集を始める。
その後、知り合いのデザイナーの家で、インテリアとして飾られていたブリキのおもちゃに出会い、 興味を持ち収集を始める。地方の玩具店などに眠っていたブリキのおもちゃを精力的に収集し、マスコミにも知られるようになる。イベントがきっかけで、 「多くの人にコレクションを見て楽しんでもらいたい」という思いで、1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。
平成15年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made inJapan」のイベントを開催。
現在、全国7ヶ所でコレクションを常設展示。テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演。また、CM、各地での講演会、トークショー等でも活躍中。
2008年、2009年度 よこはま教師塾(横浜市教育委員会)塾長を務める。

<主な受賞>
第24回「2007年ベストジーニスト」受賞
2007年度「横浜文化賞」受賞

<主な著書>
「横浜ゴールドラッシュ」一季出版、「夢はかなう きっとかなう」一季出版
「勉強がキライな子どもたちへ 勉強がキライだった大人たちへ」ネコ・パブリッシング
「珠玉の日本語・辞世の句」PHP研究所、「昭和アンソロジー」ネコ・パブリッシング
「夢の実現 ツキの10カ条」トイズプランニング、「ちょっといい漢字」評言社
「20世紀広告博覧会 PART1・2」グラフィック社、「出会い」フーガブックス
「みんなおもちゃが好きだった」扶桑社

主な講演のテーマ

1. 夢と情熱
2. 言葉のチカラ
3. 北原主義の愉しみ
4. 私の経営法
5. おもちゃに魅せられた人生
6. 21世紀は心の時代
7. すべては感動から始まった
8. 北原流ミュージアムビジネス
9. 好きだから一生懸命
10. 北原照久-元気の出る話

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『1ランク上のステージに行く「つながり力」』

    出版社: 桜雲社
  • 『たった一言が人生を動かす 88の名言』

    出版社: 桜雲社
  • 『夢の実現―ツキの10カ条 』

    出版社: アーティストハウスパブリッシャーズ

あなたにオススメの講師

Page Top