芹 洋子

せり ようこ
芹 洋子

肩書き
歌手
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

「四季の歌」や「おもいでのアルバム」など、多くの国民的愛唱歌を歌い続け、幅広い年代から支持されている歌手・芹洋子さん。トーク&コンサートでは、温もりが胸に伝わる芹洋子さんの歌声とともに、洒脱なトークもお楽しみください。子供の頃や青春時代、誰もが一度ならず口ずさんだはずの、共有した時代の情景を一気に運んでくる、あの記憶に刻まれた歌で、豊かなひとときをお過ごいただけます。

プロフィール

1970年 NHKテレビ『歌はともだち』のレギュラー出演を機に音楽界入り。
1972年 『牧歌~その夏~』 でレコードデビュー、同年ブルガリアで開催された第8回『ゴールデンオルフェ国際音楽祭』に出場、世界第3位入賞、併せてヨーロッパテレビ・ラジオ大賞受賞。
『四季の歌』のミリオンセラーをはじめ、山男のロマンを情感豊かに歌い上げた『坊がつる讃歌』のヒットにより第28回NHK紅白歌合戦に出場。その後も『おもいでのアルバム』『旅立ちの日に』『赤い花白い花』『山は心のふるさと』等自然と人間の豊な連帯を大衆のなかに愛唱歌として位置づけ 清楚で透明感あふれるのびやかな歌唱は幅広い世代に支持され、抒情歌謡のジャンルに於けるゆるぎない地位を確立。

1981年 日中国交正常化後初の日本人歌手として日中文化交流音楽大使を拝命し北京公演を行う以後18回に及ぶ中国公演を行い『四季の歌』は中国に於いても日本の代表曲として広く愛唱されている。
2015年 在中国日本国大使館による日中文化交流事業の音楽部門を代表し11月11日~14日の期間北京に於いてコンサート開催。2 0 07年以来8年ぶりの訪中となる。

2016年7月20日 日中友好親善の促進に音楽を通し貢献してきた功績に対し、岸田外務大臣(当
時)から外務大臣賞を授与。
2017年 『芹洋子と歌おう!青春のうたごえ喫茶』を開催。
2018年 それまでのファッションスタイルにスチームパンクを取り入れる。

ライフワークとして取り組むステンドグラスの作品は、ユニークな着想とともに繊細で美的感性豊かな美術・工芸品として注目され「ステンドグラス制作」及び「ガラスエ芸創作」の講師として指導も行っている。

主な講演のテーマ

1. トーク&コンサート 出逢い ふれあい 歌いあい
2. トーク&コンサート 人生に歌あり

曲目
四季の歌、坊がつる讃歌、おもいでのアルバム

カテゴリー

芸能人・文化人

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top