矢野 燿大

やの あきひろ
矢野 燿大

肩書き
野球解説者
スポーツキャスター
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

中日ドラゴンズを経て阪神タイガースの捕手として活躍した矢野燿大氏。2010年右ひじの故障が原因で引退後、プロ野球解説や評論活動を中心に活躍。講演では『私の野球人生~挑戦は未来を切り開く~』について語る。社会貢献活動として「39矢野基金」を設立。

プロフィール

1968年大阪府生まれ。
1990年、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。
入団後は控え捕手でありながら打撃を買われ、外野手としてもスタメンに名を連ねた。
1997年オフに2対2の大型トレードで阪神タイガースに移籍。正捕手の座を勝ち取った。
1999年には初の三割を達成し、2004年には36歳で全試合出場を達成するなど、長年にわたりタイガースの司令塔として活躍。ベストナイン、ゴールデングラブの常連で球界を代表する捕手として、全国のファンからも大きな支持を得た。
また、社会貢献活動として筋ジストロフィー患者の方、児童養護施設の子どもたちの支援をする「39(サンキュー)矢野基金」を設立し、支援活動を続けるなど、その人柄は大きな評価を得る。
2010年、右ひじの故障が原因で引退を決意。現在はプロ野球解説や評論活動を中心とし、野球以外の競技にも視野を広げ様々な角度からスポーツを学んでいる。
2013年 侍ジャパントップチーム バッテリーコーチ(2013BASEBALL CHALLENGE)
2014年 侍ジャパントップチーム バッテリーコーチ(2014日米野球)
その他の活動として、講演会やトークショー、ファン交流イベントも積極的に行い、長年応援してもらったファンへの恩返しと共に、野球で学んだことスポーツの良さを全国に広げている。

<主な成績>
【通算成績】1546試合出場 1347安打 112本塁打 570打点 終身打率.274 守備率.996
【タイトル】 ベストナイン 3回(2003年、2005年、2006年)・ゴールデングラブ賞 2回(2003年、2005年)
【オールスター出場】7回(1999年、2002~2006年、2008年)
【日本シリーズ出場】2回(2003年、2005年) *日本シリーズ敢闘賞(2005年)

主な講演のテーマ

『私の野球人生』~挑戦は未来を切り開く~

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『左手の記憶 20年間受け止めた「投手の決め球」と「男の気持ち」』

    出版社: 竹書房
  • 『捕手目線のリーダー論 ~六つの要~』

    出版社: 講談社
  • 『阪神の女房』

    出版社: 朝日新聞出版

あなたにオススメの講師

Page Top