佐野 有美

さの あみ
佐野 有美

肩書き
車いすのアーティスト
女優
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

先天性四肢欠損症として生まれ、短い左足の3本の指と右足の1本の指で生活のすべてをこなす佐野有美さん。高校在学中は、チアリーディング部に所属し、”車イスのチアリーダー”として話題となりました。
生まれつき手足の欠損というハンディがあるからこそ語れる『あきらめない心』『感謝の気持ち』『チャレンジ精神』など、さまざまな想い-彼女だからこそ感じられる人々のやさしさや愛情、勇気、希望を講演でお話します。

>講演レポートはこちら

プロフィール

1990年4月6日生まれ。愛知県豊川市出身。
先天性四肢欠損症で生まれ、あるのは短い左足に3本の指のみ。
中学校は両親や地域の方々、周りの支えによって通常学級で過ごす。高校はエレベーターなどの設備の整った私立高校に入学。愛知県私学弁論大会に出場し、優勝する。またチアリーディング部に所属し、その活動が地元で報道されて話題となる。高校卒業後は、声を使った仕事に就きたいという夢からボイストレーニングを受け、ラジオのパーソナリティーのアシスタントなどを経験。また事務員としての就職を経た後、本格的に講演活動をスタートする。現在、テレビや雑誌などメディアの取材、多方面からの講演依頼を受け、唯一ある声を使って多くの人にメッセージを届けたいと積極的に活動中。

 講師からのメッセージ 
私は手足がなくても笑っていられます。それは目標をもって毎日を楽しく過ごしているから。人にはそれぞれ役割があってこの世に生まれてきます。この体で生まれてきた私だからこそ感じられる人々のやさしさや愛情、勇気や希望など、笑顔を通してみなさまに届けたいと思っています。

 CD 
シングル『キミがいてボクがいる』『歩き続けよう』
アルバム『ドリーム』『あきらめないで』

主な講演のテーマ

1. あきらめなければ道は開ける ~努力する方法~
2. 感謝して生きる心からのありがとう
3. 挑戦は成長の種 ~失敗を恐れない~
4. 夢を叶える3つの力 ~行動力努力持続力~
5. 手足がなくても前向きに生きる理由 ~笑顔は最高のおしゃれ
6. 支え合いの大切さ家族の存在と心の絆
7. 障がいを持った体に生まれて ~差別偏見のない社会へ~
※その他ご希望に応じます。ご相談ください。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『歩き続けよう』

    出版社: 飛鳥新社
  • 『あきらめないで』

    出版社: 主婦と生活社
  • 『手足のないチアリーダー』

    出版社: 主婦と生活社

聴講者の声

  • 登壇されて早々、笑顔がかわいらしくて元気をもらいました。そして、胸がいっぱいになり、今悩んでいることへの希望となりました。
  • 人として大切なことを学びました。正直に申し上げると「障害者はどこか自分と違うもの」と線を引いていました。しかし、佐野さんのお話を聞いて、「みんな違ってみんないい」とはじめて心から思えました。
  • 心から感動しました。美しい心、美しい声、美しい笑顔に涙しました。人はこんなに強く、明るく、立派に生きられるのかと、自分を反省しました。私は88歳。残り少ない人生ですが、最後まで明るく、強く生きようと思わせていただきました。
  • 自分がやってみたいと思ったら、諦めないで頑張る。こんな頑張り屋さんにお会いしたことがありません。素晴らしい人がいるものだなと感心しました。
  • どうしてだろう。話を聞いていると、パワーをもらえて、ハッピーな気持ちになっている。笑顔と明るさがこのパワーの源ですね!
  • 明るく笑顔が素敵な方で、挑戦する気持ち、あきらめない気持ちを持ち続けることを教えて頂きました。話がとてもお上手で引き込まれました。障害という、暗くなりがちな内容を、前向きに、楽しく話してもらえてとても良い講演会でした。
  • 佐野さんが「助けられるだけの存在から、自分でも誰かの助けになれるはず!」と、自分のできることを探して奮闘されたお話にとても感動しました。私は私のできることをしっかりやっていこうと思えました。
  • あきらめずに生きててよかったとおっしゃる有美さんの姿に涙しました。

あなたにオススメの講師

Page Top