佐野 有美

さの あみ
佐野 有美

肩書き
車いすのアーティスト
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

車椅子のアーティストの佐野有美さんは、生まれつき手足の欠損というハンディがあるからこそ語れる『あきらめない心』『感謝の気持ち』『チャレンジ精神』など、さまざまな想い-彼女だからこそ感じられる人々のやさしさや愛情、勇気、希望を講演でお話します。

私が『あきらめない心』を語るなら ~マイナスをプラスにして努力する~」佐野有美さん 講演レポートはこちら

プロフィール

生まれつき手足の欠損というハンディがあるからこそ語れる『あきらめない心』『感謝の気持ち』『チャレンジ精神』など、さまざまな想いを講演やメディアを通じ精力的に発信中。

1990年生まれ。愛知県出身。先天性四肢欠損症で生まれ、あるのは短い左足と3本の指のみ。
高校在学中、チアリーディング部に所属し、地元マスコミで話題となる。高校卒業後、事務職を経験したのち、本格的に講演活動を開始。その後、声をいかしアーティストとしても脚光を浴びる。
2011年6月、自らの詩集『あきらめないで』から選ばれた詩が曲になり、㈱テイチクエンタテインメントからCDを発売。アルバム「あきらめないで」は2011年、第53回、輝く!日本レコード大賞の「企画賞」を受賞。リリースした曲はすべて自身の作詞によるもので、多くの人に歌で気持ちを伝えたい、と意欲を見せる。
現在、テレビ・新聞・雑誌などメディアの取材や多方面から歌や講演依頼を受ける。
2015年には、東京コレクションでモデルとして起用され、NHKドラマのヒロインとして抜擢され演技でも高評価を受ける(Eテレバリバラ特集ドラマ)

☆メッセージ☆
私は手足がなくても笑っていられます。それは目標をもって毎日を楽しく過ごしているから。人にはそれぞれ役割があってこの世に生まれてきます。この体で生まれてきた私だからこそ感じられる人々のやさしさや愛情、勇気や希望など、笑顔を通してみなさまに届けたいと思っています。

<CD>
シングル『キミがいてボクがいる』『歩き続けよう』
アルバム『ドリーム』『あきらめないで』

主な講演のテーマ

<特別じゃない、ふつうの女の子”として歩んできたこれまでを語る>
1. 私が「夢」を語るなら ~どんな状況でも夢をもつ大切さについて~
2. 私が「出会い」を語るなら ~出会いの素晴らしさと支え合いについて~
3. 私が「ありがとう」を語るなら ~心の底から感謝の気持ちをもつには~
4. 私が「母」「家族」を語るなら ~家族の大切さ、母の存在とは~
5. 私が「障害について」を語るなら ~差別・偏見のない社会にむけて~
6. 私が「あきらめない心」を語るなら ~マイナスをプラスにして努力する~
7. 私が「出会った先生・医療者」を語るなら ~教師・医療者の役割とは~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『歩き続けよう』

    出版社: 飛鳥新社
  • 『あきらめないで』

    出版社: 主婦と生活社
  • 『手足のないチアリーダー』

    出版社: 主婦と生活社

ギャラリー

聴講者の声

  • とても前向きで、笑顔のステキな佐野さんのお話に元気な気持ちをもらいました。ご本人のお力とともに、今まで佐野さんを支えてこられた方の力を大きく感じました。人を本当に支えられる教師でありたいと思いました。ありがとうございました。
  • 登場された時から、思った以上の元気な声に驚きました。苦労したことやつらかったことをお話しされるのかなと思っていましたが、何度も出てきた言葉が、「できるようになった」ということ。びっくりしました。字を書いたり服を着替えたりお化粧したり。なんでも前向きに楽しんでチャレンジする姿に私自身元気をいただきました。逃げない気持ち、あきらめない気持ち、笑顔、感謝、私が心がけるとともに、子どもたちにも伝えていきたいです。
  • とても明るく元気でいらっしゃる講師先生を知り、元気をいただきました。今日のお話の中で、「私には声があるんだ」と顧問の先生からの言葉で気づかされたという点が印象に残っています。できないことを見つめることも大切ですが、自分ができることをどのように自分のため、周囲のために生かすのかということが大切だと実感しました。また、自分ができること、できないことを自分から発信することも大切だと思いました。教師2年目で経験が浅く、他の先生よりもできないこと、不安なことが多いです。それらを嘆くのではなく、どうすればできるようになるのか自分が努力し、できることは確実にし、どんどん経験を積んでいきたいと思いました。
  • 同世代のこんなにも素敵な方からお話を聞くことができ、私も明日からまた明るく頑張ろうと思いました。
  • 今日は笑顔いっぱい、パワーいっぱいの講演、ありがとうございました。「出会った先生」 特別扱いをしなかった先生ということで、とても印象に残りました。特別支援の子どもが増えている今、特別扱いではなく個性として一緒に成長していきたいと思います。「笑顔」「健康」これからも有美さんがますますご活躍されますように。ありがとうございました。
  • とても素敵な笑顔での講演、ありがとうございました。「ありがとう」「笑顔」「支え合い」「絆」 自分自身も大切にしながら子どもたちにも伝えていきたいです。有美さんのような前向きな生き方を見習い、夢を実現できるよう頑張ります。
  • 同じくらいの歳の娘を持つ親として、「なんて立派な人として育っておられるのだろう」という思いでいっぱいになりました。ご両親はもちろん、「人との出会い」の大切さも思いました。出会いによって人生が変わっていく怖さも感じます。教師という仕事の重さを思う中で、一人一人に「出会ってよかった」と思ってもらえるような人であれるよう、自分の心に問いかけていきたいと思います。
  • チャレンジすることに失敗はないと思ってやれば、失敗を恐れずチャレンジする勇気が湧いてくるんだということがとても印象に残りました。今日伝えていただいたものを、2学期から子どもたちに伝えていけるように、気持ちを新たにしました。
  • ご自身が経験され感じたことを、プラスのこともマイナスのことも正直に語ってくださったことによって、はっと考えさせられることがたくさんありました。「ありがとう」「笑顔」「支え合い」「絆」すべてがつながっている。学校、学級の子どもたち、そして母として、私もこの4つの言葉を大事にしていきたいと思います。
  • 素敵なお話をありがとうございました。有美さんが大切にされている4つの言葉、普段忘れてしまいがちですが、私たちはともに支え合いながら生かされているんですね。何かを伝えるために生まれてきたって、心底感じることができれば、力強く生きていけそうな気がします。失敗を恐れず、あるがままですね。自分のクラスの子にとって有美さんのような存在でありたいと思います。今日はありがとうございました。
  • 自分の可能性を信じてひたむきに人生を歩んでおられる姿にとても感動しました。日々いろいろなことがあると前向きに生きることが難しくなる時があり、適当になったり途中であきらめてしまいがちになったりしていました。でも、それではもったいないな、一生懸命生きていかなくちゃと、今日の講演を聞いて勇気をいただいた気がします。ありがとうございました。
  • 有美さんが言われた、「ありがとう」「笑顔」「支え合い」「絆」。この4つは学級づくりで大切にしていきたいと思いました。2学期からも子ども一人一人の小さな一歩の成長をしっかりとらえ、褒め、認めていき、子どもとともに楽しく過ごしていこうと思いました。生まれてきた大切な命をあずかり、ありのままを受け止められる教師でありたいです。
  • お声が元気で、はきはきとした話しぶりに加え、生活スタイルや経験談も聞くことができて引き込まれてしまいました。チアリーディング部の先生とのやり取りを聞いて、先生の一言って大切だなと実感しました。教師の役割、私自身、もう一度考えてみようと思います。ありがとうございました。
  • 佐野先生の生き方、考え方から、自分はなんていい加減で努力もせず生きているんだろうと落ち込み反省する一方、私ももっと子どもたちに「やればできる」という体験をさせてやりたいし、笑顔で過ごせるクラスづくりをしていきたいと思いました。そのためには、もっと教師である私の生き方、考え方、、、変えていかなきゃと思います。
  • 「あはは」の笑い声がとても素敵で、あっという間の2時間でした。「できるかできないかではなく、やるかやらないかだ」が心に響きました。どうしても結果にとらわれがちの毎日ですが、その過程、気持ちが大事なんだと改めて気づかせていただきました。
  • 体のハンディがあるにもかかわらず、明るく講演されている有美さんを見て、そういう娘さんに育てられた素晴らしいご両親にたいして、尊敬の念を持ちました。子育てに悩まれている保護者と接する機会が大変多い環境なので。笑顔あふれる有美さんのような子供たちが増えるよう、教師として子どもたちに接していきたいと改めて感じました。何より力強い有美さんご本人に勇気づけられました。
  • 佐野先生のお話を聴かせていただいて、生徒を「理解する」ことの大切さを改めて感じました。そのためにまず、相手を「認める」こと。そして、その子も気づいていないようなその子の可能性に気づける教師になりたいと、ひしひしと感じました。
  • 体や声、全体から明るさや元気があふれていて、お話を聴いただけでこちらが元気をいただけたように思います。音楽科の教員ですので、レーナ・マリアさんのことを授業で取り上げています。佐野さんのお話も取り上げられたらと思います。そして最近、「笑顔」が減ってきたなあと反省しました。今日はありがとうございました。
  • 2階席の一番端から見ていました。佐野さんが文字を書かれる姿、腕のある人が手で文字を書く姿と何ら変わりがなかったです。明るくお話しされている様子を見ているうちに、最初持っていた「四肢がない」という違和感がなくなっていきました。私は水泳部の顧問をしており、障害のある生徒も教えています。特別扱いせず厳しく接してきた自分のあり方に不安も抱えていましたが、これからは自信をもって接していこうと思います。
  • 今日の講演をお聞きして、誰にでも輝ける場所があること、どんなことにもチャレンジする気持ちが大切なのだと改めて感じました。教師は、生徒を引っ張る役目だけではなく、生徒と一緒に頑張る役目もできることを幸せだなと思いました。子どもたちにも聞かせてあげたいお話でした。
  • 今日はご講演ありがとうございました。佐野さんのご両親の想いを聞いて、今の自分の状況と重なりました。クラスに車イスを使う生徒が在籍しており、修学旅行にも行きたいと言っております。海外に行くので、正直とても不安で、行かせてあげたいけどもし何かあったらどうしよう、という思いがとても強かったです。しかし今日佐野さんのお話を聞いて、彼らのたった1回しかない高校の修学旅行を実現させてあげたいと思いました。特別扱いせず、皆と同じように平等に接していこうと思います。ありがとうございました。

あなたにオススメの講師

Page Top